春の神苑ぼたん庭園

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

 

ピンクのぼたん

写真についてコメントを頂き、ありがとうございます。
カメラの性能が良くなったことが(過去記事→写真をセンスよく撮りたい!)多少なりとも写真をよく見せれるようになったかと思います。CanonのPowershot G7を使っています。また記事内の写真を大きく載せるようになって、よりきれいにみえるようになったのかな?とも思います。

さて話は本題に戻ります。
短い桜の開花期間にどこで花見をするか、これが結構頭を悩ませることだったりします。
今年は鎌倉に行くことに決め、鎌倉の中でも鶴岡八幡宮の源氏池の(→過去記事鎌倉・鶴岡八幡宮でお花見)にターゲットを絞ったのにはわけがありました。

ひとつは源氏池の記事の方で書きましたが、子どもたちが鎌倉を歩くのは初めてなので、鎌倉のシンボルである鶴岡八幡宮にはまず連れて行くべきだろうと思ったこと、もうひとつは鶴岡八幡宮内の神苑ぼたん庭園が見頃なのではないかと考えたからです。

詳しい情報は事前情報を集める時間がなかったのですが、春のぼたんの花期は4月中旬~5月上旬ということなので、今年は早まっているだろうと予測しました。
源氏池のほとりを少し歩きますと神苑ぼたん庭園の入り口。
こちらは廻遊式の日本庭園で、昭和55年(1980年)に鶴岡八幡宮の創建800年を記念して開園しました。

源氏池の南東側を囲むように広がっていて、桜を眺めるにもこちらからだと混雑を避けることができ、のんびりとぼたんと桜の花を楽しむことができます。

さくらとぼたん

春ぼたんにはが掛けられています。
こちらのぼたん庭園では正月ぼたん(花期 元日~2月下旬)も楽しむことができ、その時期にはわらの屋根で囲われています。冬ぼたんの方が株数が多いようです。
春ぼたんは500株ほどと聞いています。併せて2500株。実際のところの詳しい株数は?
春ぼたんでも充分楽しめたのですが、冬ぼたんが2000株なのだとしたらこれは圧巻だと思います。是非見てみたいですね。

 

白いぼたん

アンの顔よりず~っと大きな大輪のぼたん。

ちりちりなピンクのぼたん

 

(芍薬のような花びらのぼたん)

 

黄色のぼたん

 (珍しい黄色のぼたん)

 

傘さしぼたんの情景

 

 

お土産

なぜか神苑ぼたん園でしか買えないという「柚子柿」
試食販売をしていました。
柚子風味の干し柿で、干し柿の甘ったるさが好きでない方にも美味しいと思えるようなさわやかな甘み。ここでしか、買えない!!と連呼していたけど、本当かしら。
どうも、鎌倉ではここでしか買えないということだったらしいです。

この柚子柿の購入方法等についてはこちらの方のブログが参考になります。↓
http://www5.pf-x.net/~blue/hato/?p=338

また、商品名を変えて・・ですが、渓月堂さんでも購入できるようです。
こちらでの商品名は
豊の菓集 (とよのかし)と言うそうです。(上の方のブログの説明によると・・なんですが。参照させて頂きました。)

神苑ぼたん庭園(鶴岡八幡宮内)
開園時間 9:00~16:30
開花時期には無休
入園料 大人¥500(時期により異なる)

鶴岡八幡宮
http://www.hachimangu.or.jp/index2.html