インクジェットプリンタでインクや用紙を節約する方法

先日購入した、キヤノンのインクジェット複合機、MP800を前提に説明しますが、キヤノン製のプリンタはもちろん、他社のプリンタにも同様の機能があれば使える節約テクニックです。

○割付印刷1枚の用紙に複数のページをまとめて印刷する機能です。ちょっと前まではオフィス向けのレーザープリンタについていましたが、最近はインクジェットプリンタのプリンタドライバにもその機能がつくようになってきました。大量プリントする場合に、インクや用紙のコストを劇的に減らせます。
割付印刷

用紙コストは割付方法によって、1/2(2ページ印刷)、1/4、1/8 となります。インクのコストは厳密ではありませんが、背景を印刷するような原稿だとかなり節約できます。ページレイアウトの「詳細設定」をクリックした画面で割付ページを設定します。

割付印刷設定

 アプリケーションによっては(例:Word2000以降)印刷画面で同様の設定ができるようです。○両面印刷文字通り、用紙の両面に印刷する機能です。単純に用紙枚数が半分になります。割付印刷と併用するとページあたりの印刷コストがさらに下がります。
両面印刷

A4用紙にそのままのサイズで印刷するより一覧性が良いのでお勧めです。最初は思った通りに印刷するのが難しいですがすぐに慣れます。ぜひチャレンジしてみてください。 2ページ割付で片面印刷したものを半分に折って、まとめてホチキスで止めると簡単な冊子になりますよ。