夜光貝の甘露煮

夜光貝


先日、沖縄の新垣さんから頂いた夜光貝
夜光貝は螺鈿細工の材料にもなるような美しい貝です。
とても大きな貝で、新垣さんは貝が飾って楽しめるように磨いて送って下さいました。
画像ではわかりにくですが、内側の柔らかな乳白の真珠色はなんともいえない美しさです。

夜光貝

実はこの貝、食べられるのです。

貝の身をきれいにして、ビニールにくるみ、また貝の中に詰めて蓋をして・・・、そんな状態で届けて下さったのです。


貝の蓋と貝の身

貝の身と貝の蓋です。
会の蓋、厚みのあるところは2センチ以上もありまして、重さもしっかりしています。
子どもたちも「ぶんちんにしたら?」なんて言っているくらい。
こんな立派な貝の蓋、確かに貴重です。

貝の身の裏側はちょっとグロテスクに思われる方もいらっしゃるかもしれないので、小さく表示しますね。↓


身の食べ方については、カラーコピーを添付して下さいました。
夜光貝の甘露煮の作り方です。
夜光貝自体、食べたことがなかったので、教えて頂いたレシピどおりに圧力鍋を使って甘露煮を作ってみることにしました。

貝の身を切る

とりあえず、縦半分に切ってみた・・・。

貝の身を切った後

貝の身。

圧力鍋に貝の身、シイタケ、だし汁、生姜

身を適当な大きさに切って、戻しシイタケと戻し汁、生姜、めんつゆで長めに圧力鍋に掛けます。


夜光貝の甘露煮出来上がり


出来た甘露煮は、山梨の名産品、煮貝のような感じです。シイタケまでも貝の味が染み込み、また煮汁も貝の風味たっぷり、とてもとても美味しい甘露煮が出来ました。
このままでもすっごく美味しいです。煮汁のぶっかけご飯でも美味しいくらいに。

夜光貝の炊き込みご飯

でも新垣さんのプリントによるとこれで炊き込みご飯を作るのもお奨めということでした。
そこで、分量は主婦の感で適当ですけれど、煮汁や甘露煮の具を使った、夜光貝の炊き込みご飯を作ってみました。

シイタケが貝に変わったくらい、しっかり味がついていましたので、このご飯のおいしさといったら素晴らしく、シイタケが少し苦手なアンも大喜びで食べていました。

とても豪華な炊き込みご飯になりました!!
しあわせ♪
新垣さん、本当に素敵な贈り物をありがとうございます。

新垣さんからは他にも送って頂いたものがあるので、また次回ご紹介します。

コメント

  1. okinawa arakaki より:

    夜光貝の煮つけ上手にできたみたいですね
    基本的にお刺身やお造りが美味しいのですが
    関東地方でノロが流行したのでレシピははずしました
    炊き込みご飯は薬膳料理です
    シイタケは免疫力アップ
    生姜は体を温め、血行を良くする冬の大切なアイテムです
    貝には豊富なタウリンとコラーゲンが含まれています
    吸収が良くないのでお米に吸わせて吸収を倍増させる秘策です
    麺つゆはイノシン酸とグルタミン酸が程良く調和しているので
    食が進みます=苦手な食材を食べさせる時の勢いづけのアイテムです
    さすが!あおいさん:夜光貝を立派に仕上げてくれてうれしいです
    もう一つのアイテムは皮を引いた中の白いところは刺身やお造りで食べるのがお勧め
    水道水で気楽に殺菌洗浄し→軽く塩もみ→深層水原液を霧吹きで1回噴霧し→数分寝かせて→キッチンペーパーで水分を絞りとり→適当な大きさにカットしてお楽しみください
    軟骨は上質のコラーゲンです。小さく切り刻んで味噌汁に入れたり、煮つけのとろみ等に利用して煮物に吸わせるとよいです
    引いた皮は軽くバター焼きしてお酒のお伴に!

  2. あおい より:

    ★新垣さん
    レスが遅くなってすみません。お刺身でいけるかなぁ?なんて思ったのですが、レシピどおりでやってみようと思いました。甘露煮、売れるんじゃないかというほどの味でびっくりしました。シイタケがびっくりするほど貝の味が染み込んで素晴らしい味になっているんです。
    他のものも記事、今からアップしていきます。とても楽しんでいます。詳しくは・・・、また記事の中で感想を書かせて頂きます。記事書きできる時間が取れなくて遅くなってしまってすみません。近々上げます。よろしくお願いします。
    身体にいいと聞いて、益々嬉しくなりました。