小麦粉粘土 レオの作品

とてつもない、風と雨に脅されながら、家でひとり過ごしております。
夫と子どもたち、この雨の中、ある練習の為に出掛けていきました。

予告しました通り、小麦粉粘土のイースタークラフト、子どもたちの作品をご紹介します。


レオのおんどり

この春、1年生になりましたレオの作品です。

これ、おんどりです。
彼の今回の作品の中では、一番私が気に入っている作品です。
カラーリングが彼らしいですよ。

・・自由学園幼児生活団でも、そういえば、動物園に行った後、自分が気に入った動物をひとつ選んで描くんですが、こういう色彩の絵を描いていた子がいたのを覚えています。


苺


こちらは、私の作っていた作品をまねて作ったらしいです。
いちご畑とニワトリなのですが、ニワトリが少々、夕闇に?隠れてしまっている感じですね。


イースターバニー

いわゆるイースターバニーですね。

これも私が作っていた作品をまねて作っていました。
うさぎのイメージはピンクだと言ってましたね。

ま、そもそも、その私の作品自体がデザイン、本から頂いちゃっていますから~~。
そのうち、自分らしい作品にもチャレンジして欲しいです。

レオの作品群

彼はたくさんのたまごも作りました。
そのカラーリングはオーロラカラーというか、自由ですね~。

折角絵の具を使うんだから、好き勝手色で楽しんだらいいと思うんです。
大人になると作品に規則性ができてしまうので、
子どもの自由な感覚やアンバランスな感じというのかな、
それが逆に羨ましい感じですね。

楽しかったです。
学校の勉強。習い事、子どもたちはこれから頑張らなきゃいけないことがたくさん出てきますが、私はこうやって子どもたちと物を作る楽しさを分かち合っていきたいです。

子どもの頃、お絵かきも工作も大好きでした。
小学生時代は、まぁまぁ上手だと褒めて貰える方。
でも、もっと上手でセンスがいい人はたくさんいるんですよね。
いつしか、他にやること。やるべきことに埋もれてしまって、絵を描くことも工作もずっと遠いところに消えてしまっていました。

子どもたちと何か作っていると、作ってどうするの?
それをどうするつもりなの?
なんて余計なことを考えずに、ただ作るのが楽しくて手を動かすことが出来ます。
無心で何か作るの、とっても楽しいんですよね。
こういう感覚を思い出せて本当に嬉しいです。

春休み、案外忙しく過ごしていますが充実しています。
もうすぐ、レオも入学式です。

さぁ、たまごちゃん達、どうやって飾りましょうか・・・・?