タイのイエローカレー

タイのイエローカレーを作ってみました。
本当は鶏肉は塊のものを使うのですが、苦手なので鶏挽肉を使っちゃいました。
その他に入っているものは、じゃがいも、タマネギくらい。
挽肉を使うってことがかなり暴走している気がしたので、他はいろいろ入れたいところをできるだけレシピ通りに作りました。

見た目はまるでキーマカレーのようですが、味は別物。
ココナッツミルクがベースのカレーは家でもエスニックカレーといって良く作るのですが、それとは別。
今日はもっと本格的に『タイカレー』なのです。

だって、タイカレーのペーストを使いましたもの。
左がイエローカレーのペースト。
右がカレーペーストに加えるココナッツミルクを粉末にしたもの。

この2つ以外に、タイ料理に使われるふたつの調味料が加えられています。
ナンプラーとパームシュガー。

ナンプラーはタイの魚醤でそのまま臭いを嗅ぐとくさいってほどでもないけれど、これがどんな味につながるの?と思います。
が、ナンプラーは日本のお醤油の用に気軽に使ってしまって良いのですよー。
例えば、混ぜ寿司なんかにも気軽に使うと風味が変わりますし、ビギナーさんにはゆで卵を食べるのに使って貰っても構わないです。
うちではナンプラーは大きなボトルで買います。スーパーで買う小瓶じゃすぐなくなっちゃいますから。

パームシュガーは砂糖椰子からとれる汁を煮詰めて作ったものだそうです。
甘みが上品で、しつこくないのでエスニック料理やエスニック菓子にこだわらずに使えそうです。

ペーストをココナッツミルク(パウダーを湯で溶いたもの)でのばしていき、肉を炒め、ナンプラーを入れる。、更にココナッツミルクとペーストを加えて、パームシュガーとタマネギ追加。予め茹でておいたジャガイモ投入。

って感じでしょうか。
肉、タマネギ、ジャガイモだけでは到底出せないような、深みがあるタイカレーが30分くらいでできてしまいました。

タイカレーはイエローカレーの他、グリーン、レッドカレーがありますが、イエローカレーはマイルドな味で、うちの子達ならなんとか食べられるんじゃないかと思います。

ルーが非常に良かったのか、ちょっとはまりそうなくらい、気に入りました。
タイ料理、大好きなんですけど、どこかで習うことができないかしら・・・・?

ちなみにタイの調味料はナンプラー以外は入手が大変ですので、私はこちら↓で購入しました。

タイ料理のメコンフーズ
http://www.mekonfoods.jp/

— iPhoneから送信