SL山口号

先日汽車に乗りに出掛けました。
アンは電車が大好きで日頃から電車の本を開いてはあれに乗りたいこれに乗りたいとねだります。
公園などで展示しているSLは乗ったことがあっても、走るSLは今回が初めて。

新山口駅ホーム

貴婦人との異名を持つ、SL山口号に乗ってきました。 

このSLは新山口駅(旧小郡駅・おごおりえき)から、島根県の津和野まで走りますが、今回私たちは2駅先の山口駅で降りることにしました。

3歳のアンには乗車賃がかからないので、私ひとり分の運賃で乗車券と指定券を合わせて、¥740。
乗車時間は約20分です。

津和野まで行っていたなら、丸2時間。
津和野も素敵な場所なので観光したかったのですが暑いので小さい子にはきついと判断。

今回は山口にお昼を食べに行くことにした(私の記事→東京庵のそば寿司)のです。乗客はほとんど親子連れ。マニアな大人がいるかと思ったんですが見当たらなかったです。鉄道マニアは景色の良いところでカメラを構えてスタンバイしているのかしら。

駅員さんが、制帽を子ども達に貸してくれて、出発前に写真タイムしてから乗り込みました。
パパはレオ(0歳児)と車で移動し山口駅で待ちます。着いたのは私たちの方が早かったですけどね。

SL山口号正面

汽車は5客車あり、それぞれに趣が異なります。
客車はエアコンがあります。
・1号車(展望車風)赤系の豪華な車内。展望デッキに出ることができます。他の車両の利用者でも展望デッキに自由に出ることができます。
・2号車(欧風)オリエンタル急行をモデルにしたという豪華な装飾でブルーを貴重にしています。予約するなら、1・2号車がなんとも優雅な気分に浸れ、お奨めです。
・3号車(昭和風)
・4号車(明治風)
・5号車(大正風)こちらにも展望デッキがついています。

SL山口号展望デッキ

こちらの写真の展望デッキは1号車です。 

機関士さん

本当に石炭入れてる!!考えてみると石炭が採れるところが近いので調達しやすいのですね。ところどころで汽笛を聞かせてくれました。

SL山口号


乗車した記念に降りた駅でSL山口号のピンバッチを貰いました。

運行日については要確認です。土日・祝日、お盆などは走らせているようです。当日だと乗車は厳しいようです。前もっての予約をお奨めします。1日に1本が新山口と津和野間で往復します。

私たちは購入しませんでしたが、出発ホームではSL山口号の駅弁(¥750くらいだった)や、SL山口号のぷらレール(¥2000)、SL山口号のちょろQ(¥1000)等が売られていました。

JRおでかけネット
http://www.jr-odekake.net/train/sl-yamaguchi/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする