ペレの学校 麻布と麻糸の刺しゅうボタン

リネンの刺しゅうのボタン

(麻布と麻糸の刺繍ボタン)

報告せずじまいの、ペレの学校(羊毛の通信講座)の課題。
羊毛を紡ぐところで挫折。
スピンドルの使い方がYou tubeなどでチェックしても分からない。
そこから、やる気ダウン。↓
忙しさも言い訳に手つかず・・・・。

いけないよね、これじゃあ・・・。
紡ぐのをとばして他のことで出来ることはないかしら??

ということで、テキストぺらぺら、めくって目に入りましたのが、麻布を使った刺しゅうのボタン作り
今はくるみボタンのキットが¥100ショップでも気軽に購入できますが、丸い木のリングを使った、ちょっと贅沢なボタン。

ボタンの材料

材料です。
木のリングは大きいサイズもあるのですが、こちらの画像では小さいサイズだけ。
糸は白い麻糸を使います。

麻糸は普通の刺しゅう糸と違って太さが途中であれこれ変わります。それに糸を通ることでしごかれて、途中で切れてしまうようなこともあります。なので、そういった特性が手作り感いっぱいの風合いある出来映えになります。
刺しゅうデザインは自由です。

直径3センチと2センチのボタンの中にデザインするのはなかなか難しいと思いましたが、やりだしたら楽しいですね。

ボタン裏側


ボタンの裏側はこんな感じです。
飾りボタンとして使ってもいいかな~。