子どもの陶芸作品焼き上がり

先日の記事の後日談です。

お友だちの家で初めての陶芸を体験することになった、アンとレオ。
その後、先生が焼いて下さって作品が手元に戻ってきました。

一部、お友だちの家にまだ居候中のものもあるのだそうですが、こんな感じに出来てきました。
子ども達、びっくり!!

あの粘土がこんな風になるなんて、感激!!

アンの作品

アンの作品。
陶芸体験教室の時、色を付ける時間は無かったのですが、先生の方で色を付けてくれました。
アンの作品はまだ受け取っていないものあり、です。

白いのが箸置き。
クローバーのはスプーンレスト。
お皿は・・・、何に使いましょう?

レオの作品

レオの作品。

クッキーの型抜きで抜いた箸置き。
ホンモノの葉っぱで葉脈の痕をつけて、針の先で粘土を切り出した葉っぱは、スプーンレスト。確かアンも作ったはずなのでまだ、お友だちのところみたいで す。
器はホンモノのボウルの上にガーゼを被せ粘土を置き、指でいじったものです。着色は先生がして下さいました。(時間があれば子どもにもできる作業です。)

またやりた~い♪
と、子ども達。

オーブン粘土 ホットホビー カラーセット HS-30S 30g

【送料激安】オーブン粘土 手びねり400g 炭黒 陶芸窯やろくろがなくても楽しめる、オーブンで…

さすがに窯まで用意できないので、気軽に楽しむならオーブン粘土かな?