簡単な凧作り・ほねなしカイト

お正月遊びを何かしようということで、我が家は凧作り→凧揚げをしてきました。

これは身近な素材で簡単に作れ、そして良くあがる凧です。
その名もほねなしカイト!!

(因みに2010年はまた違った凧を作りました。こちらもなかなかです。>>記事こちら

ほねなしカイト、凧揚げ

ほねなしカイトを凧揚げします。
製作時間10分未満。

このほねなしカイト、作るのに必要なものは

・スーパーの手つきビニール袋(レジ袋)
・たこ糸
・セロテープ
(できればポリプロピレンテープの方がよいです。)


左:ダイヤハロー 右:クリアテープ

セロテープを使うと時間が経つにつれてシワが入ってくるので、こちら↑のテープを使われた方がきれいです。

・はさみ
・定規

くらいです。本にはカッターも必要ということになっていますが、はさみで大丈夫です。
たこ糸を買うくらいの準備ですぐ作れちゃいます。

この凧は、私が幼稚園に勤めている時に正月明け、クラスの子ども達と作って遊んだ凧でした。
年長・年中さんならビニール袋をカットするところ、絵を描くところなどは参加できるでしょう。糸をつけたり、定規で線を引くのは数十人分になるので、教師の方でやりました。
家庭でマンツーで製作するなら、手助けをすれば子どもでも作ることができる凧です。

1クラス30人以上のこの凧を用意した私です。
よく揚がることは保証します。

子どもがまだいない時にもひとりで作って揚げていたくらい、お気に入りの凧です。

簡単なのに、やたら良く揚がるんです。
おまけにホネがないので、畳んでポケットにもしまえちゃうんです。

作り方をご紹介したいんですが、こちらは特許か何かとられているものなので、こちらではご紹介できません。是非こちらの本で作ってみて下さい。↓

ちなみに今回はアンが絵を描きました。

ほねなしカイト

着物を着ている女の子だそうです。油性ペンが充分になかったので、揃えておけば良かったと反省する私でした。

レオもお手伝い

レオもお手伝いです。

凧揚げ

左側の上空に浮かぶ点が凧です。
よく揚がるでしょう?

お正月だけに私たち以外にも凧揚げをしに来ている方が何組かいらっしゃいました。

初島ネタ以外をこうやって織り交ぜて記事にしていきたいのですが、なかなか記事を書くのに苦戦しています。(家事が溜まりすぎて・・・。)

コメント

  1. 麻菜美 より:

    いい幼児の遊び道具ありませんか

  2. ★麻菜美さん より:

    初めまして!コメントありがとうございます。
    幼児の遊び道具ということですけど、おもちゃということでしょうか?
    対象年齢や室内、屋外など、もう少し具体的に質問して頂けたら、少しはお答えできることもあるかと思います。
    ブログの中でも関係のあるような内容も書いていると思いますので、少々探し出すのが大変かと思いますが、子育て系のカテゴリーを読んで頂けたらそちらにもヒントがあるかと思います。

  3. かのん より:

    はじめまして。。。
    以前から読ませて頂いていたのですが、はじめてコメントします(遅くなりました)。
    我が家は3歳になる息子がいるのですが、とにかく色々参考になることばかり!!神奈川に住んでいるのでお出かけ出来る場所も多くて嬉しいです。
    今年のお正月に昔ながらの凧を購入したのですが、3歳の息子には少々難しいみたいで、こちらを近いうちに作ってみようと思います。
    本当に色々な情報をありがとうございます。
    これからも楽しみにしています。

  4. あおい より:

    ★かのんさん
    初めまして!初コメ、ありがとうございます!!
    読んでいただいて、少しでもお持ち帰り出来る部分があると言っていただけたら、それが一番嬉しいです。
    うちの息子も3歳です。
    凧揚げは難しいかもしれませんが、ご両親があげてくれる凧をみるのも、それはそれできっと心に残ると思いますよー。
    我が家は今年、長い凧糸を購入しましたが、去年はお料理用の凧糸を¥100ショップで買いました。
    こちらで紹介した凧は私が在職中、年長児と作っていたものです。それまでも毎年いろんな凧を作っていたのですが、これほどよく揚がる凧は他になくて、この凧を作り出したらこればかりになりました。
    スーパーの袋の無地のところに油性ペンで絵を描いていました。
    マンツーで手伝いながら作業すれば年長さんでも作れるような簡単な凧です。ぜひ、チャレンジしてみた下さい。図書館にも本があるかもしれません。

  5. ゆき より:

    こんにちは。初めまして。
    ほねなし凧を作りたくて、こちらのページを見つけました。
    また、
    http://www.stv.ne.jp/radio/momokuri/box/kite/kite.html
    のページを見ながら子どもと作ったのですが、
    どうもうまく揚がりません・・・
    コツは何でしょうか。
    やっぱり三角に切るところや、糸の長さなど、
    正確に測らないとうまく揚がらないのでしょうか。
    お写真、すごくよく揚がっていますね。
    高く揚がると楽しいですよね~ ^^

  6. あおい より:

    ★ゆきさん
    リンク先を拝見しました。しばらく骨なしカイトを作っていないので、正確なヒントにはならないかもしれませんが、はっきり分かるのはこのリンク先の作り方はかなり大雑把な紹介のされ方をしているということです。
    まず、カイトのボーンになる、マチの部分が少ないようなビニール袋だと凧があがらないことがありました。それから、一番の違いはこの三角形の部分です。この図でみると三角の頂点の感じから二等辺三角形のような感じに見えますが直角三角形のような・・三角の頂点がもっと上から1/3くらいのところにきていたような記憶があります。
    カイトの両端を結ぶ糸の長さにもカイトの大きさに対して決まりがあったと思います。
    手元に今資料がないので、正確なお答えが出来ずにすみません。
    本の方には正確に作り方が紹介されていて、それをみれば小学生ならひとりでも作れるような手順なのですが、できるなら図書館などで本をみることができると良いのですが。。。
    昔の和紙や竹ひごを使っていたものに比べるとよく揚がる凧がいろいろと研究されているので、私も良書を見つけたらまた紹介しますね。

  7. ゆき より:

    ご丁寧にありがとうございました。
    なるほど、作り方に色々と決まりがありそうですね。
    なかなか図書館に出向くことがなくて・・・
    でも、やっぱりちゃんと見て作った方がよさそうです。
    探してみます。 ^^ゞ
    よく見たら、3年前の記事でいらしたのですね!
    すっかり最近のものかと思ってコメントしてしまいました。
    ごめんなさい。
    でも、本当にありがとうございました!感謝します。

  8. あおい より:

    ★ゆきさん
    わざわざ、再コメントありがとうございました。過去記事でも読んでいただけて嬉しいです。ぜひ、お子さんとこれからもいろんな製作を楽しんで下さい。