七草粥

七草

昨日の七草粥
我が家では昨年と同様、パルシステムで予め七草のセットをお願いしていました。
健康を願う行事ですし、青い野菜(草)は特に安心なものを入手したいと思ってのことです。
(過去記事には七草の謂われ等書いてあります。良かったらご覧下さいね。)

そうして届いた七草がどんなものなのかを、改めて子ども達に見せるためにお盆にのせてみました。
このお盆、秋田杉の曲げわっぱなんですが幼稚園のバザーでなんと¥300で入手したものです。

大量に作ってしまったお節&お餅が続き、ちょっとひと休みさせたい胃にはちょうど良かったです。もともとそういう意味があって始めたものだったんでしょうし。
そうそう、古くは平安時代から、一般には江戸時代から広まったこの風習。実家では食べたことはあったっけ?

私の実家では父方の親戚一同が集まって、臼と杵で普通にお餅を付いていました。
私の父は5人姉弟だったものですから、伯父伯母と子ども、祖父母が揃うとかなりの人数。
そしてのし板のようにしたお餅を大量に持ち帰ったし、鏡餅も作ったし。鏡餅って作るのにコツがいるんですよね~。
記憶ではお節は作らず、買ったものが多かったな。
で、ひたすら大量のお餅を食べていた記憶があります。

七草でお腹を休ませるべきだった、と私は思っています。

七草は少し塩を多めにして茹で刻んで、炊いたお粥にトッピング。
お粥の方は子どもの習い事の関係で、炊きたてを食べることができなくて、

七草粥

ちょっと、こんな感じになってしまいましたが、昆布と一緒に炊いたので、出汁が効いて美味しかったです。(時間を置いて、再度鍋で温めたため見栄えが悪くなっちゃいました。)

子ども達にはお粥だし、七草という野菜しかのっていないのでどうかな~、と思いましたが、「おいしい!」と。塩がそこそこ効いたようです。いつもどうしても味がしっかりしたものを夕食に持ってきがちなので、味覚をリセットした気分です。

これに山口から送られてきたイカのみりん漬け?と、田作りなどを頂きました。
この日、七草を食べると1年健康で過ごせるんだって・・・・、と話しをしながら。
行事の大好きな我が家。今年もいろんな季節行事を楽しんでいきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. yottyan より:

    今年、我が家ではお正月が無かったので
    (近親に不幸がありすぎて)
    お節に七草、見させていただいてます。
    このような本当にあっさりした
    おかゆ、たまに食べるといいですね。
    昆布だしなんで、おいしそうです。
    風邪も治りそう。
    今日は部落のおじさんが
    どんど焼きで焼いた団子を
    おすそ分けしてもらいました。
    あおいさんちでお正月を体験させていただいてます。
    今年も宜しくお願いいたします。
    せりなずな
     ごきょうはこべら
      ほとけのざ
       
    すずなすずしろ
     はるのななくさ。

  2. あおい より:

    ★yottyanさん
    年は変わってもお正月としてスタートされなかったんですね・・・。今年はよい年になるとよいですね!お節ってすごく砂糖を使うんですよ。私は普段精製されていないお砂糖を使いますが、途中で切れてしまって買いに行くのが面倒だったので家にあった白砂糖を使って続きを作りました。なんだか罪悪感が。。。従ってお粥で胃や心を一息つけたのは本当によかったと思います。飽食の時代なので時に食事量を減らして胃を休めてあげるような事も時に身体の為になるなと感じています。
    私、どんど焼きはしたことがないんですよ!!毎年参加したいと思いながら機会が無くて。行事が大好きでも全てやることは出来ないものですね。どんど焼きのあの風景はすごく絵になって魅力的です。こちらこそ、今年もよろしくお願い致します!!