ていぱーく 逓信総合博物館(東京都千代田区大手町)①

ていぱーく 逓信総合博物館 建物

雨の中、出掛けた先。

ていぱーく逓信総合博物館です。
こちらでは郵便、貯金、情報通信、放送にまつわる資料や、興味を深められるような展示を集めています。

年賀郵便のポスター

お年玉年賀郵便のポスター。
その当時の憧れの商品が分かる気がします。

特等:高級ミシン 1等:純毛洋服生地。

時代を感じます。年賀ハガキ1枚が¥3だった頃・・・・。

年賀はがきの始まりは昭和24年。
戦後の尋ね人の消息を求めていた時代に年賀状が復活し、それにくじを付け、更に寄付金をつければ、夢もあり、社会福祉にもなると考案されたのだそうです。

2010年には年賀はがきの歴史も60年になります!

年賀切手原画

こちらはお年玉年賀はがきの当選切手の原画
生きていれば、106歳になる祖父が切手を収集していたので、私の手元にはここにあるようなお年玉切手シートがいくつもあります。
殆ど本棚の肥やし状態ですが、とても美しい絵だな、としみじみ思います。

色合い、カラー、絵柄全て日本らしく美しいと思います。
切手というのは小さな額絵のようで、それが楽しくて子どもの頃は切手コレクターでした。
しかし、あまりにいろんな切手が次々出てくるので、もうとても集められない・・・・、とリタイヤ。

それでもお手紙が届くと、切手の部分をカットするクセが抜けず、定期的に水を貼った洗面器で台紙をとって→乾かし→保管しております。

年賀切手原画

この辺りは昭和40~50年代のお年玉切手の原画です。
干支に因んだ物が多いのが分かりますよね。

レオ

このお年玉切手が意外にも子ども達に好評で。
アンもレオも見入っておりました。

継飛脚

2階は、主に郵便事業の歴史に関する展示です。

公共郵便の始まり・・といえば、幕府の御用を伝える継飛脚。
ふたり一組で走り、途中途中、他の組と引き継ぎながら走りました。夜間でも関所と通ることを許されたそうです。江戸~京都間を片道70時間ほどで行き来したと言われています!

昔の郵便局

郵便局の始まり。音声が流れます♪

昔の郵便局

この2階には郵便に関する展示以外にもNTT事業に関する展示。NHK公共放送に関する展示がありますが、写真撮影には許可が必要な部分があります。許可を取るのが面倒なので写真はとりませんでした。

面白かったのはNTTのところで、懐かしの黒電話を使うことが出来たこと。
いくつかの黒電話が並んでいて、どこかの黒電話の番号をダイヤルすると、出た相手と話をすることができるのです。私たちは懐かしく、子ども達は新鮮だったみたいです。

いろんなテレフォンカードが並んでいたり、昔から今の電話が並んでいたり、変わった形の電話があったり・・・。なかなか面白かったです。

長くなりそうなので続きは②でご紹介します。 

ていぱーく逓信総合博物館
http://www.teipark.jp/index.html

東京都千代田区大手町2-3-1
電話番号 03-3244-6811

開館時間 9:00~16:30(最終入場は16:00)

定休日 月曜日(祝日・振替休日の時は翌火曜日が休館)、年末年始(12月29日~1月3日)

入館料 個人 : 大人 110円、小・中・高校生 50円
(小・中・高校生は日曜、祝・休日無料)
 団体 : 大人 50円、小・中・高校生 25円
(小・中・高校生は日曜、祝・休日無料)

※団体は20名以上となっております。
身体障害者手帳等ご提示されますと、ご本人様と付き添いの方2名様まで無料となります

アクセス 地下鉄:大手町駅下車 A4・A5出口すぐ
都営三田線
東京メトロ半蔵門線
東京メトロ東西線
東京メトロ千代田線
東京メトロ丸ノ内線

JR:東京駅下車 丸の内北口より神田方面へ徒歩10分

コメント

  1. neko より:

    あっ、ていぱーくですね。
    ここでやっている? 年賀展に出展しましたよ。
    見にはいけてないんだけどー。
    あおいさんが行った時には開催していたかな?
    近しい知り合い(友人とか)が、
    二人も勤めているんですよ~。
    私も行ってこようかなぁ…。

  2. あおい より:

    ★nekoさん
    年賀展、ありましたよ!!力作揃いで見応えがありました。午後入場して16:30までなのでゆっくり見られなかったのですが、その場でハガキのコラージュなども出来たりして、1階のコーナーもなかなか楽しかったです。
    古いけど広々した建物。さすがは公共施設です。

  3. yottyan より:

    いいですね。切手。こういう博物館大好きです。
    夢がありますね。
    むかし切手を集めていたので
    郵便局はなつかしい。
    私はおじいちゃん子だったので
    おじいちゃんを思いだします。
    うちのような田舎は記念切手とか
    数枚しか発行されず、朝起きれない私に代わり
    おじいちゃんが朝早くから2キロ離れている
    郵便局まで行き、朝早くから2時間ぐらい並んで
    切手を買ってくれた思い出があります。
    その時は慣れでおじいちゃんが行ってくれるのは
    なかば当たり前のようになってしまって
    今考えれば悪いことをしたなあと、
    申し訳ない気持ちでいっぱいです。
    切手を見るとそういう気持ちになり、
    懐かしいです。
    今では、海外にも簡単に出せる郵便。
    考えると日本もすごいですね。
    郵便局には頭が下がります。
    もうすぐ年賀状ですね。

  4. あおい より:

    ★yottyanさん
    なかなか、味わいのある昔ながらの博物館という感じで良かったですよ~。孫の為に記念切手を買いに出掛けるおじいちゃん・・・、とても素敵な思い出ですね。
    私も父が末っ子長男なので、祖父とは曾祖父くらいの年の差があったのですが、切手コレクションは祖父から父、そして私にと受け継がれて、懐かしい昔を思い出します。
    父は日本のコインのコレクションをしています。弟は・・・、特別切手にも関心がなかったみたいですね。私はとにかくドールハウスの絵のような、小さくて繊細な切手の絵がとても好きでした。
    子どもの頃、眺めていた切手のことを思い出します。(とはいえ、今も手元にあるわけですが・・・。)