シー・アクアリウムという選択で良かったか?

IMG_5378.sJPG

シンガポールのセントーサ島での私たちに与えられた時間はごく僅かでした。
無駄なくいろんな場所に連れていってくれるのはツアーの良さでしたが、ひとつひとつに時間を割くことができないのが、またツアーの難点でもあります。

同行者の意向もありまして私たちはシー・アクアリウムへ。
日本以上に暑い、シンガポールの夏。涼むことができる場所を選択しました。
マリンライフ・パークの中には水族館エリアと遊園地エリアがあるらしいのですが、この水族館エリアがシー・アクアリウムと呼ばれています。

立派な水族館です。
私、アダルト1枚。S$32(¥2800位)。

トップ画像の中央部分、ライオンのヘッドマークは、マーライオンなのでしょうね。
実は船。

屋内に大きな船が飾られています。
エントランスホールにはこの船と、季節展示、それから時間の関係で素っ飛ばす感じで通り過ぎたどうも、シンガポールの航海と海洋交易の歴史が分かる展示があるようでした。

IMG_5421
船はあまりに大きくて、全体像を写すのは難しかったです。
このフロアにミュージアムショップもあります。

IMG_5417

季節展示では、いろんな素材を使って子どもたちが作った海洋生物の展示がありました。
それがとっても素敵でした。

その後アクアリウムの展示ゾーンへ。

IMG_5416

まず水槽のトンネルを通るあたりは日本の水族館も最近よくあるスタイルですね。
珍しくはなくなりましたが、海の底を歩いて頭上に魚を仰ぐような景色を望めてかなり好きです。できれば、ソファか何かあって横になって上を見上げられたら最高なんですけど。

IMG_5397

全長36m、高さが8.3mもある大きな水槽。

IMG_5387

新しい水族館なので施設全体も水槽もきれいです。

IMG_5388

美しくて癒されますね。
800種10万匹の展示ということでした。

IMG_5395

これは光る系の展示だったかな。

水族館大好きな私としては、美しく満足の行く展示だけれど、目新しさはないかなと思いました。

日本でみたことがない展示スタイルとか、驚きのようなものはなくて、展示だけをみていたら日本にいると思ってしまいそうな感じ。
ただ、説明書きが英語ですからやっぱり外国なんだな、と再確認するわけなんです。

IMG_5401
くらげの展示も大好きです。

IMG_5403

このゆったりペースを観ていると我を忘れてしまうのですが、水族館の展示を観て回るのにどの位時間がかかるのか見当がつきません。
時間までにマーライオン広場に戻らなくてはならないので、急ぎ足で展示を移動していました。

IMG_5408
小・中型の魚の魚の群れがキラキラしながら泳いでいる様は、いくら見ていても見飽きません。

IMG_5412

展示は見ごたえもあったけれど、ショーなどはないのでそう考えると入場料が高いかな。
ただ、涼しいので体力的にはキツくないと思いました。

IMG_5420

ミュージアムショップのうちのひとつを遠くから撮影しました。

IMG_5422
これはミュージアムショップといっても、誰でも通るようなところに置かれていた商品で、パチらせて頂きました。

ご覧いただいてわかるかな?カチューシャになっています。
サメに食べられて下さい。

お土産物も全体的に高くて、私は何も買わずじまいでした。

コメント

  1. 沖縄アラカキ より:

    お元気そうですね