日本三大桜 山高神代桜(山梨県北杜市武川町)

国指定天然記念物日本三大桜・山高神代桜(やまたかじんだいざくら)を紹介したいと思いつつ、なかなか身頃の季節に出掛けられずにいます。
今年こそは・・・、と思いつつ出掛けました。

山高神代桜

北杜市、3ヶ月ほど出掛けていませんでした。
だって寒いので子どものお世話どころではなく、自分の世話さえ困難になるからなのです。
ようやく、春めいてきて、東京・神奈川では桜が満開だというのに、こちら、北杜市はといえば、クロッカスのつぼみが少し出てきた程度。北杜市も場所によって標高が違いますから差がありますが、どこもかしこもまだ春の香りは感じません。
3月29日にこの山高の神代桜の開花宣言があったということですが、実際のところはどうなのか見て参りました。

碑「山高神代桜」

天然記念物山高神代桜の碑。
神代桜は北杜市武川町の実相寺にあります。
この神代桜は樹齢約2000年と言われている日本一古い桜といわれています。

山高神代桜の幹

立派な幹。
でもどうやったらこんな形状になるのか、私には不思議でならないです。

エドヒガンザクラ咲きだし

ようやく目を細めてみれば、花が咲き出していなくもない・・という状態。
ただ、山高神代桜は同じエドヒガンザクラでも花が小さめのように感じます。
やはり樹齢2000年、樹勢も衰えてきており、昭和59年より神代桜には櫓(やぐら)を掛けたり、土を入れ替えたりのサポートをするようになっていました。

櫓のあった頃の神代桜

(2004.04.04 櫓のあった頃の満開の神代桜)

5年前や3年前に満開の時に来たことがあるのですが、その時には櫓があった筈。
あれ、今年は櫓がない。
写真的には櫓がない方が美しいのですが、これはどういうことなんでしょう?

山高神代桜について
1922年(大正11年)に桜では初の国指定の天然記念物に指定されましたが、近年は樹勢が衰えています。
2001年~2006年には神代桜の根や病気の調査、養分や有用な土壌微生物を含んだ土に入れ替え、主幹から新たな発根を促すため、櫓の取り払い作業などを行いました。

 1922年(大正11年)  2006年(平成18年)
高さ   13.6m  10.3m
 根元幹周  13.5m  11.8m
 枝張り(東西)  27.0m  17.3m
 枝張り(南北)  30.6m  13.0m

エドヒガンザクラについて
本州、四国、九州から朝鮮半島にかけて分布する比較的長寿の桜です。
葉や花序部に軟毛があり萼筒が壷形になります。シダレザクラはこのエドヒガンザクラの変種だと思われます。


神代桜の駐車場などを案内して下さった方達の目利きによると、今年の見頃は4/5頃になりそうとのことです。
今度の週末は混雑するかも・・・?
櫓が無くなってからの満開の神代桜がみたいです。

神代桜を観に来た人たち

神代桜を観に来た人たち。
満開時にはもっと大勢の人たちが観に来ます。

実相寺より見える水仙畑

実相寺からみえる水仙畑もきれいです。
神代桜以外の桜も咲きますよ。

山高神代桜(実相寺のホームページより)
http://park8.wakwak.com/~matsunaga/

山梨県北杜市武川町山高2763 日蓮宗 大津山 実相寺

神代桜の開花シーズンは駐車場1日¥500


コメント

  1. 夜桜・・・・・大岡川プロムナードにて 2008.03.29

    こちら三浦半島も桜が満開に近づきました!
    土日が一番見ごろになるでしょう。。。。。。

  2. 山高神代桜・・・樹齢が約2000年ということで、びっくりしました。
    この立派な幹を見ると、2000年の長き時を感じます!
    でも、毎年美しい桜を咲かせるんでしょうね(^-^)
    立派な桜です!
    私も、今日は桜を見に出掛ける予定でしたが、
    天気が雨予報でしたのでやめました。(予報通りに午後は雨・・・)
    今度の土日にでもお花見に行こうかな~って思います。

  3. おおがみ より:

    日本三大桜というものがあるのですね。
    迫力、というか、存在感がすごいです。
    神様が宿るほどの長寿の樹、一度は観ておこうと考えています。

  4. ★はじめないっぽ...。さん より:

    まさに老木です。
    幹をみているだけでどんな風に育ってきたんだろうとか、この2000年何を観てきたんだろうと想像をかき立てられます。
    ただ、立派な幹に反して伸びる枝や花は弱々しく、助けをもとめているような気さえするんです。
    北杜市周辺の花見シーズンはこれからです。春夏は良いシーズンですし、名木もあるので良かったら立ち寄って下さい。

  5. ★おおがみさん より:

    日本三大~はよく聞きますが、この神代桜は一番の古木だったと思います。こんな幹をもつ桜は私も他にしりません。
    此木はもう、きっと意志があるんじゃないかって思えるんです。
    櫓が取り払われたらより神様に近い感じ。
    私に絵心があったらこの神代桜の心の内を描くような絵を描きたいと思うでしょう。
    実際に有名な画家が神代桜の絵を描いていらっしゃいます。
    2000年の間に何を観てきたんでしょうね・・・。

  6. あっ、この桜、ず~~っと気になっていたんです~!!
    ウチは小淵沢からの帰りには国道20号を韮崎インターまで走ることが多いので、途中でいつも気になっていたんです。
    やっと巡りあえた感じです♪
    それにしても、すごい古木ですね~!!
    ここまでになると、なんか「畏敬の念」という言葉がぴったりかもです。

  7. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    櫓が取り払われたら、いよいよ神木らしい姿が蘇ったようです。
    風格があって幹に触ったら御利益がありそうですが、周囲には柵があり、保護されているので近づけません。
    今週末には見頃になると思います。私も惜しかったです・・・!
    この時期になると土日は忙しくてこの週末には行かれそうにない・・・。
    舞鶴松とセットで観に行く方が多かったのですが、舞鶴松は先日マツクイムシの被害が拡大し、枯れてしまったので伐採されました。その報告記事もアップしています。
    私は今回、舞鶴松をみた後で、こちらを観に行きました。記事は後先ですけど・・・。
    神代桜には頑張って欲しいです。