泉の森(神奈川県大和市)

泉の森の湿性植物園

近頃北杜市(北杜市周辺レジャーリンク集>>こちら)には遊びに行っていないけれど、プチ北杜市気分を味わえる大和市の泉の森にお出掛けしてきました。
こんなところに森が?という感じを受けるスポットです。

この画像では森の中に隠れているかのような印象を受けますが、実は国道246号のすぐ傍。
信じられますか?耳を澄ますと246号の車の走る音が聞こえるけど、それが見ている風景とミスマッチでなんとも不思議な気分にさせられます。

泉の森(面積42ヘクタール)は引地側の源である大和水源地を中心に広がる、大和市の自然の核として位置づけられている森です。かながわトラスト緑地に指
定され、神奈川県・大和市・(財)かながわトラストみどり財団の三者で豊かな自然の保全が図られています。植林地と水辺空間が特色ある生態系を形づくり、
約450種の植物や約50種の野鳥をはじめ、生き物たちが生息しやすい環境育んでいます。四季折々、生き物の自然観察に最適な場所です。

緑のかけ橋

1枚目の写真はこちらのみどりのかけ橋から撮影したものなのでした。
この泉の森のシンボルですって。
調整委家の東西を結ぶ木製の斜張橋です。

この橋の右側が先ほどの画像の湿性植物園です。

湿性植物園2


蒸留ではタコノアシやハンゲショウなどの湿性植物が観察でき、下流ではショウブ田といて、ハナショウブ(約120種)、アヤメが植栽され、5~6月に掛けて咲き乱れるそうです。

水車小屋

こちらは水車小屋
この水車は直径3.64mあるそうです。

水辺の野鳥たち

周辺で見られるのはこの野鳥たち。野鳥観察にはファンの多いスポットらしいのです。
カワセミもいるの?

ナキアヒル?

いろんな種類の鳥や、

鯉


鯉をみました。こちらの鯉は色目は地味なのばかりですが、
よく肥っていました。

木陰

夏場は木陰もあって、いいかも。

大和市自然観察センター内の水槽

建物の写真がないのですが、ここは大和市自然観察センター、しらかしのいえです。(電話番号:046-264-6633)
正面入り口を入ったところに水槽がありました。

ブラックバスの水槽

なんとなく、カメラを向けたくなりました。
ブラックバス
ご存じのように外来魚ですが、日本に持ち込まれてあっという間に各地で繁殖しました。
釣りをするには引きがあって楽しい魚なのだそうです。

ちなみに私は小学生時代に河口湖でこのバス釣りをした記憶があります。そして釣ったブラックバスを食べちゃった記憶があります。
ブラックとつくだけに焼き魚にすると皮が黒かったような。でも外側に反して身はやたら白かったような記憶があります。身は淡泊だったような。
その後食べたことがないので、これは当時の感想。

ブラックバスは他の魚を食べるので、これによって在来魚の減少
、生態系が乱れたという説もあり、現在、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律に基づき、ブラックバスを特定外来生物に指定、防除が行われているのだそうです。

どんぐりトトロのツリー

松ぼっくりツリーに、どんぐりのトトロがたくさん!あまりに可愛くてぱちり!

泉の森を突き進む

泉の森を散策。

泉の森の中

ほら、本当に森の中という感じでしょう??
時間があれば、ぼーっ、と森林浴をしたかったけど寒かったので、早足。

大和市強度民家園

懐かしいような建物がみえてきました。
こちらは大和市郷土民家園。(電話番号:046-260ー5790)
江戸時代に建てられた民家が2棟、移築されています。そのうち1棟は茅(屋根部分)を差し替え工事しているようです。

郷土民家園の小川家の中

わ~、囲炉裏がある~。
なんと、こちら靴を脱げば上がっても良いそうなのです。
寒いので遠慮しちゃいましたが・・・。

子ども達は興味深げ。
囲炉裏に火がついていたらいいのになぁ。(こちらは市の指定重要有形文化財です。私の言っていることは夢物語ですね。)

かまど

かまど。
ここでご飯を炊いたり、お料理していたのよ~、と説明しました。
レオはちょっと中の暗さに腰がひけていました。

小川家入り口

小川家でした。

菜の花

ふと辺りを見回すと春の香り。
菜の花が咲いて、白梅も咲いていました。

泉の森では様々なイベントが行われています。公式サイトでチェックしてみて下さいね。

また、12~2月の平日と年末年始は休場になっていますが、この民家園のすぐ近くに泉の森ふれあいキャンプ場もあります。(電話番号:046-260-5795)

子ども達とキャンプもしてみたいなぁ。

泉の森公園
http://www.yamato-zaidan.or.jp/institution/ync/index.html

神奈川県大和市上草柳1728
大和市自然観察センター・しらかしのいえ、と大和市郷土民家園月曜日及び、年末年始は休館です。

アクセス:相鉄線「相模大塚駅」から徒歩15分。小田急江ノ島線「鶴間駅」から徒歩25分。
無料駐車場あり


コメント

  1. どら衛門 より:

    ブラックバスを食べた事があるのですね!
    「淡白」という表現は良いですね~。
    私も食べた事があるのですが、正直「カンベン」って感じでしたよ~。
    家のカミさんは、なぜか「美味しい~」と絶賛でした。
    次はブルーギルを食べて見ませんか!!

  2. ★どら衛門さん より:

    ブルーギルですが、肥らせて上手に調理して下さる方がいるなら頂きますよ~。まだ食べてみたことはないです。
    ブラックバスは皮がまずいらしんですね。臭みがあるんだったかな。
    私は皮は食べなかったんですよね。はっきり覚えています。だから比較的美味しく感じました。
    ただ、当時小学校1年生だったので、どの程度味覚がしっかりしていたかは・・・・です。

  3. ここは、名前は知ってましたが行ったことはないですね。
    神奈川県には意外と自然がたくさんあって、良いところだと思います(^-^)
    ぽかぽか陽気になったらお弁当持って行くのもいいかも!
    キャンプも出来るんですね。
    それにしても、ブラックバスって食べられるんですか~??
    ちょっと、びっくりです(笑)
    釣を楽しむ魚だとばっかり思ってました。

  4. ウチもよく散歩しに出かけます♪
    泉の森と、ふれあいの森、これからの季節は桜から始まって、芝桜、菖蒲、バラ園と色とりどりですね。
    ミニハーブ園も好きです♪
    ここは、厚木基地の緩衝地帯として、どうしても残さざるえない所なので、おそらく開発はないでしょうね。
    飛行機を間近に見られる好位置でもあるわけです。
    東名の大和トンネルも、緩衝地帯のはずです。
    4月29日の祝日には、ミニハーブ園のとこの管理事務所で、花の苗や花そのものなど、たくさんもらえますよ♪

  5. この公園・・・良い所ですよね!
    今年の春には・・・隣の「ふれあいの森」の「芝桜」を見に行きたいと思っています
    なかなか見応えが有るそうですよ~
    寒い!寒い!と思っていても「春」は直ぐそこまで来ていますね!
    散歩が楽しい季節です・・・楽しみです (^o^)

  6. ★はじめないっぽ...。さん より:

    246沿いなのに、こんなところがあるなんて!!という穴場です。野鳥観察スポットとして有名みたいで、検索を掛けると野鳥愛好家の方のブログに多くヒットします。
    ブラックバス、食べられるんですよ~。
    皮に臭みがありますが、身の方は淡泊でクセがないんですよ~~。wikipediaでも同じような事が書かれていました。
    とはいえ、今食べるのは勇気がいるかも・・・。

  7. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    なるほど!
    厚木基地の緩衝地帯としての役割なんですね。
    外食ばかりしているので時間を見つけては寒くてもお散歩しているのですが、やはり春・夏の方がいいですよね。
    4/29の件は知りませんでした。
    花の苗や花なんて、貰えたら嬉しいです。

  8. ★FP宮崎@相模原さん より:

    芝桜!いいですね~!
    今年はどこかの芝桜を見に行きたいと思っていたんです。ここも見応えがあるんですね~。
    歩くことは好きなのですが、寒いのが苦手なので、冬は籠もっていることが多いんです。
    うちのファミリーはみな冬太りしてしまいました。
    春にはもっと活動的に出掛けられたら・・と思います。
    冬場は写真を撮っても寂しい感じになってしまうんですよね。