初島の食堂「みやした」

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

熱海沖、初島ネタでお送りしています記事の3つめです。
初島は熱海から沖合に浮かぶ小さな島です。

食堂街

初島豆知識(wikipediaより)

  • 面積 0.437平方キロメートル
  • 周囲 約4キロメートル
  • 最高地点 51メートル
  • 熱海市本土から南東に約10キロメートルの位置
  • 人口 243人(2006年9月30日現在・住民基本台帳)

古くは縄文時代から人が住んでいたと考えられていますが、現在住んでいる方達は江戸時代から41戸が絶えず、この戸数が現在でも続いています。
勿論、島から出ていく人もいたのですが、跡取りを残し、41戸と一定の人口を維持する慣習があったそうです。

バブル期にリゾート開発され、経営母体が変わることはありましたが、今もリゾートアイランドとして親しまれています。

島内の方は漁業と観光業を兼業されているようです。
島では定期船乗り場のすぐ傍が島内の唯一の漁協スーパー食堂とお店が並ぶ場所になります。
あちらこちら行かなくても良いので楽なんですけど、どのお店に入るのかも比べようも情報もなく、今回はお店の人に声を掛けられたタイミングで選ぶという感じで入ったお店なのですがご紹介です。

食堂「みやした」

同じ場所に並んでいる中の1軒「みやした」に入ってみました。
かつて島内での漁獲や耕作地は等分に分けられていたというスタイルを引き継いでいるのか、この食堂、建物がみな同じなんです。

お店で扱っているのも磯料理がメイン。
ほんと、どこを選んでいいのやら~。ホテルにチェックインできるのが15時だったので、(荷物はその前から預かって貰えます。)
なんとなく、一度落ち着きたくて一度ホテルに入ってから出直しました。

なんと島内の夜は早く、この食堂街も17時には完全に閉店しているとか。
予約をしないと閉めてしまうと言うので、16時に来店する約束を日中取り付けて再訪問しました。

正直、どこのお店も観光地値段です。
お店が少ないだけに仕方がないのかも。それに島内で手に入る物以外はどうしても船で運ぶ必要がありますものね~。輸送費がかかるからしょうがないのかな。

でも周囲はきれいな透明度の高い海。
磯料理は期待できそう・・・。

磯のりラーメン

岩のりラーメン。¥800だったかな。
磯のりの香りがぷ~んとイイ感じ。

わかめラーメン

わかめラーメン。これも¥800だったと思います。
ラーメンは子ども達が食べました。
いかが入っているところがちょっとリッチなラーメンです。

岩のり丼

これが岩のり丼。¥1000。
タレはかかっているので、混ぜ混ぜして食べるのです。
これがすごく美味しかったです。一番美味しかったかも。
お新香も美味しかったです。

刺身定食

刺身定食。¥2000。
えっと・・・、写真にはお新香が2つ写ってしまっていますが・・・。
お芋はたぶん八頭。ほのかな甘みでとても美味しくて、子どもにも好評でした。

刺身

刺身は海老が特に甘みが強くてぷるぷるでした。手前はハマチかな?ワカシ?それに姿作りの鰺。
イカ。添えてある葉はなんでしょう?明日葉が有名みたいなんですけど、明日葉だったりするのでしょうか?(これは未確認。)

ところてんは地物のようです。お土産でもありましたが、澄んだ味でした。コシもしっかり量もたっぷりでした。

味噌汁

味噌汁は普通のお味噌汁と思っていたら磯汁でした。
身が食べられるほどあるわけではないけれど、ダシとしてカニ足がたくさん。
このカニ、この辺りで捕れる地物らしいです。

嬉しかったのはこちら殆どがこたつのお席なんです。
いくら温暖な気候とはいえ、やはり冬ですからぬくぬくとしながらゆっくりお食事をしたのが嬉しかったです。
というわけで磯の味を楽しんだのでした~~。
でも16時半くらいに食べ終わる夕食って・・・。夜、だいぶ持参したお菓子を頂いちゃいましたよ~。
後になって調べたらこちら、結構評判のお店のようでした。ほっ。

みやした
営業時間 11:00~17:00
不定休
電話番号0557-67-1466