初島散策・初島港周辺(静岡県熱海市)

初島は小さな島。
今回初めて訪れた場所なので、散策してきました。

初島港から富士山をのぞむ

初島港から富士山を臨む・・・。

この初島には釣り目当てで見える方も大勢いるそうです。
私も次回ここを訪れることがあったら、是非やりたいのが釣り。

貸し竿もあります。
定期船乗り場のすぐ傍にある漁協蓄養所にレンタル竿や餌があります。(水曜定休)
2時間単位で~だったと思いますが、忘れてしまいました。
持ってこられるなら持ってきた方が良いかも・・・。

そして出来るならばやってみたいのがスキューバダイビング
出来るらしいです。
ただし、ショップツアーのみの受付だそうです。情報収集はこちらをどうぞ!↓

初島スキューバダイビング情報リンク集
http://www.hatsushima.net/div-link.htm

私も主人もPADIのスキューバダイビングのライセンス(但し初心者のオープンウォーターライセンスですけど)を持っているので、機会があったら是非潜ってみたいです。(昔のウエットスーツも入るかどうか・・・。ちなみに主人と潜ったこと一度もないです。)
この釣り場だって、足元を覗くと透明度が高く、魚が泳いでいるのが見えるのです。
岩場についているイソギンチャクなどもきれいに見えて、沖合10㎞近くとなるとここまで海が違う物なのかなんて感心してしまいました。

富士山

あちらは熱海なのね~!なんて眺めることが出来るのが不思議な感覚の初島。
富士山も見え、思わず「東宝」「松竹」という文字が浮かび上がってくるような幻想を抱くのでした。

散策中

散策中です。

サザエ

こんな風に見える範囲にサザエがあったりします。
密漁は禁止。
すぐ手に届くようなところにあるのに・・・!
ううう~~。
うっかり手を伸ばしたら、ビデオカメラが回っていて御用!!になるんでしょうか?
とりあえず、大きなサザエにびっくり。

密漁禁止

誘惑に負けてはいけません。

お店のサザエ

こちらは店先にあったサザエです。私のこぶしより大きなサイズのサザエがゴロゴロ・・・。
びっくりしました。
食べてみたかったんですが、今回はその機会なし!
お値段ですが、1㎏あたり(このビッグさざえが2~3個)¥2,300でした。
季節によるお値段の差があるかどうかは未チェックです。

店先で・・

店先で干物を干しているのをみました。
私が指さしているのは「金目鯛」。右側は「いか」を干していました。

私もこのネット持ってる・・・。

でも我が家では干し椎茸くらいしか作ったことがありません。

金目鯛の干物

金目鯛の干物を作っています。

おみやげ屋さん

食堂のお店が並ぶ1軒目は食堂ではなくて、お土産物やさんです。
こちらでは干物やところてん、岩わかめ、自家製の塩辛などが売られています。

干物セット

干物セット。
オトクの様な気もしますが、結局鰺の干物を4尾買っただけで済ませてしまいました。
とても美味しそうでした。

店内にはところてんやいかの塩辛など試食があります。

猫を撫でる子ども達

それにしても、この島、猫が多い。
やたら多い。

特に定期船乗り場の周辺は餌をやる人が多いのか、釣り人のおこぼれを待っているのか、猫がたくさんいます。こんな場所だけに人にも慣れちゃっていますし・・。

ひなたぼっこする猫ちゃん

昼寝する猫たち。

危険な猫

落ちたら海にぽっちゃん!
心配です。

歩く猫


至る所で猫・・・。
猫同士の付き合いが複雑そうです。

初島ネタが続いていますが、まだネタがあるので、他の記事と織り交ぜながらご報告していきたいと思います。

PICK UP!

楽天カード会員なら1月中も毎週金曜日はポイント3倍
私も金曜日に何を買おう!と楽しみにしています。


コメント

  1. 金目鯛の干物、美味しそう♪
    さざえも、いいな♪
    ”密漁禁止”の看板、対岸でもたくさん目にします。
    てことは、獲物(?)がたくさんいる証拠ですね…。
    猫の多さは、こういう島の特徴なんでしょうかね。
    あの三浦半島の先の城ヶ島も、猫であふれてました。
    見た感じでは、血統書付きかと思われるのもいて、捨てられたのもいるのかなって…。
    島の中で繁殖して、餌に不自由しなくて、島外に出られないからなのでしょうか。
    城ヶ島大橋を渡る猫なんて想像できないですし…。

  2. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    金目買いたかったんですけど、今回あきらめちゃいました。
    お魚大好きなんですけど、焼けたらまず子ども達に骨をとってやるのに時間がかかり、焼きたてが食べられないんですよね。
    今回鰺を買って、アンには丸のまま与えてみました。まだ少し手助けがいるんですね。
    ただふたりとも骨があったら上手に出すようになったので、取り忘れが多少あっても大丈夫になりました。
    魚はしっかりパックされていて、保冷剤と一緒に保冷包みにして貰ったので、家に帰るまで問題なし!でした。勿論発送もして貰えます。
    小さな島って猫が多いですよね。
    「餌を与えないで下さい」って看板があっても食べるものはある程度あるんでしょうね。
    定期船では犬猫も乗ることができるから捨てられている可能性もありますよね。
    うちの子達、動物が大好きなんですけど、主人が猫アレルギー(猫自体は嫌いじゃないんですけどね。)だし、上の子はアレルギーがいろいろあるので、家でペットはあきらめています。カタツムリだけ飼っています。