神代植物公園 梅編

前回の京王百草園(過去記事→梅の名所 百草園)では梅がまだ七分咲きといった感じでしたので、今回は都立神代植物公園を観に行くことにしました。

入口近くの看板

  (早春のイベント情報の看板)

今日は押し花展お琴のアンサンブル演奏会があるようです。こちらの公園は広いので梅のある場所までもよいお散歩コースです。


サンシュユの木


サンシュユ

 梅園の手前にサンシュユという木があり、これも梅の花が咲く頃に黄色い花を付ける木です。

梅ロード

梅の木がこ~んなにたくさん!!

梅林

梅園の中は芝。ここを散策していると、今日は梅の香りを堪能することができました。写真を撮る人、くつろぐ人。お昼を食べる人。楽しみ方も人それぞれです。
園内は舗装もよく、ベビーカーや車椅子での移動もしやすいので、小さな子をつれた家族も多いです。

梅園の中は満開を少し過ぎて、胸を張りすぎの花が多い気がしました。それでも梅の木の多さ!!圧巻!

これだけ梅が多いので、梅の香りが存分に楽しめるのです。
暖かいし、梅も香るし、いい気分です。

 いろんな種類の梅がありますが、その一部をご紹介です。 


薄ピンク色の梅

ふんわり梅

白梅

白梅2

白梅3

そして、梅園にあつらえた舞台でのお琴の演奏。
1日に何回も演奏があり、古今東西のいろんな曲を演奏を聴かせてくれました。

筝曲の生演奏

東京都神代植物公園公式ホームページ
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/jindai/

入園料大人¥500 65歳以上¥250 中学生¥200(都内在住・在学生は無料)
20名以上の団体は2割引
その他、年間パスポートあり

無料日4月29日みどりの日、10月1日都民の日は入園料は無料

観覧時間9:30~17:00(入園は16:00まで)

休園日月曜日、ただし月曜日が祝日の場合はその翌日、年末年始(12・29~1・1)

電話番号042-483-2300

アクセス
(電車・バス利用の場合)
・京王線調布駅             北口ロータリーパルコ前
小田急バス 13番乗り場 吉祥寺行、三鷹行
京王バス   14番乗り場 深大寺行
・ 京王線つつじヶ丘駅          北口
京王バス 深大寺行
・ 中央線三鷹駅             南口
小田急バス 5番乗り場 調布行
小田急バス 4番乗り場 深大寺行
・ 中央線、京王井の頭線吉祥寺駅  南口丸井デパート前
小田急バス 4番乗り場 調布行
小田急バス 6番乗り場 深大寺行

* いずれも「神代植物公園前」下車。バスの乗車時間は約20分から25分程です。

(車で来園の場合)
中央高速の調布インターから、新宿方面へ甲州街道に降ります。「下石原交番前」を左折し武蔵境通りを北上します。「神代植物公園北」の信号を右折すると左側に神代植物公園駐車場あり。普通車最初の1時間¥300、以降30分毎に¥100。混雑していなければ調布インターから5分程度です。


コメント

  1. もね より:

    昨日はお花見日和でしたね。お弁当もってお出かけするには
    最高の場所ですね。ケンケンさんの花粉症は大丈夫でしたか?
    昨日は義妹一家と妹の家の薪割りに専念してました。お花見したいです。

  2. ★もねさん より:

    ケンケンは花粉症、結構大変みたいです。この日はマスクなしで出掛けていたけれど、マスクした方がいいようですよね。
    家の中にも花粉が来ている・・と言って、換気フィルターにもマスクがかかっています・・・。
    そしてこの時期「梅雨だったらいいのに・・」と呟いています。それは私が困る・・。
    薪割りも天気の良い日にしないとならないですものね。結構大変な仕事ですが、もねさんところは普段、もねさんが頑張っているのですか?
    神代は植物公園というだけあって、いろんな植物が楽しめます。1日中楽しめるし広いし、整備されて子連れにも優しいので、近かったらもっと頻繁に行きたいところです。
    今回水生植物園にもいけなかったし、蕎麦も食べていないので、また出掛けたいなぁ。