初トウシューズ

※こちらのサイトとは別に、アメーバブログも開設しました。 そちらは殆どアメンバー限定記事になります。宜しければぜひ、アメンバー申請お願いします。 アメンバー申請につきましては・・・こちらをご参照下さいませ。

アビニョン

(Avignion アビニョン)


バレエ歴4年の娘は、現在週3でレッスンを受けています。

先生からようやくトゥーシューズの許可が下りて、ファーストトゥシューズ(ポワントシューズ)を買いに下北沢までやってきました。

下北の駅からは徒歩2分。
細々としたお店の間をぬぐっていくと、モスバーガーの近くの2階にお店がありました。

アビニヨン


バレエ用品の中でもトウシューズには特に定評があります。
なぜなら、ここの名物おじさん?は丁寧にフィッティングを見て下さるから・・・・。
お客さんが前にいると、長く待つことになりますが、ファーストトウシューズはこちらへ、と勧められる先生も多いそうです。

サイズ別に並べられたトウシューズ・・・・。
アンィークカラーに見えるピンクと淡いピンクが主流ですが、オーダーで別注カラーもできるそうです。

足の形


娘の足です。

トウシューズに向くに足の形は、5本の指の長さが揃っているスクエア型。
でもスクエア型って滅多にいないそうです。

一方、娘は親指から小指に向かって、小指の位置が低く、カーブになっているエジプト型と呼ばれる足の形。扇形のような形状です。
そこでトゥシューズの中で指が宙ぶらりんにならないようにパッドを入れる必要があります。画像の指の間に挿しているソレがパッドです。
更に足先にキャップのようなトゥパッドを履かせてからシューズを履きます。

アビニョンのおじさんが言うには、指先の方は幅広だけれど、かかとに向かって細くなっていくので、フィット感が悪ければトゥシューズのリボンの位置を調整して(自分で縫い直して)たぷたぷになりがちな足の真ん中あたりをホールドする必要があります。

トゥシューズ

おじさんが合うシューズを選んでくれます。
そして履き方から何から丁寧に優しく指導してくれます。

トウシューズはただ足を差し込めば良いのではなく、ちょっとトゥ部分(ヴァンプ)を自分の足先に垂直に向けてトゥシューズのトゥをくるっ、と回し入れる感じなので(わかりにくい表現ですみません。)コツが必要です。

それから、足首をアキレス腱の動きを妨げないようにリボンでホールドします。
甲部分の細い部分の引き紐は、バレエシューズにもある部分ですが、バレエではリボン結びをしたら、紐を全て内側にしまい込むことになっています。

リボン部分の結び方は色々あるようですが、一般的には片方のリボンをまず足首に巻いて、それからもう片方のリボンを巻いて最後に2本を結び固定するといった感じです。

本番の時はほどけたりしないように、このリボン部分を縫いつけたり、粘着テープで固定しています。サテンシューズでも同様です。(=サテンシューズはバレエ シューズのサテン版にトウシューズのようにリボンがついたキレイなシューズです。トウシューズを履く前の子どもたちが発表会などの舞台用に履きます。)


トゥシューズで立つ


トウシューズでの立ち方を教わっています。バーにつかまっています。
ジャンプするように身体を引き上げるのではなく、膝を曲げた状態からすっ、と立ち上がります。
う~む、甲が出ていませんが・・・・。

トゥシューズ(ポアント)を履く

かなーり、緊張でガチガチだった娘もやさしいおじさんのおかげで、履き方や扱い方も覚えて帰りました。まもなくトゥシューズで慣らしのレッスンが始まります。
娘の感想。
「もっと痛いものだと思ってた!思っていたよりも気持ちいい!足がぐんと伸びているみたいで!」

いつかは履いてみたいと強く願っていたトウシューズだったので、娘はとても喜んでいました。まだふらふらなのですが、きちんとレッスンを受けて立てるようになってきたら、またご報告します。

しばらくは履きつぶす前にサイズアウトすることになるだろうトウシューズですが、そのお値段は・・・・。

トウシューズ ¥6,300
トウパッド(M) ¥945
トータルで¥7,245でした。
バレエはトウシューズ代が値がはるんですよね。
プロのバレリーナは自分なりにトウシューズをカスタマイズしたり、舞台でも踊りの内容によってトウシューズを履き分けたりしています。そして・・・履きつぶす量も多いので、トウシューズ代に涙すると聞きます。

トウシューズ・パーフェクト・ブック
クララ・クロワゼ
新書館
売り上げランキング: 222997

この本、いろんなトウシューズの特長やブランドの紹介以外にも、プロのバレリーナの方のトウシューズに対する思いや、カスタマイズの仕方などたくさん情報があるので面白かったです。自分に合う1足を求めて、トウシューズとのつきあい方を知る1冊だと思いました。

丁寧に見て下さり、いろんなことを教えてくれたアビニョンのおじさんには感謝でした。

アビニョン
http://www.e-avignon.co.jp/index.shtml

東京都世田谷区北沢2-34-3 クリスタルベスル2F
03-3468-7881
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎週火曜日、および第一月曜日

※ファーストトウシューズの購入で予約は必要はありませんが、フィッティングには時間を要します。