ガレット・デ・ロワを作りました

おはようございます~!

昨日のパイ生地記事の続報を書こうと思ったら、ブログの編集画面にトラブルが発生・・・・。午前中は一時ブログ自体も見られない時間ができてしまっていたんですけど、う~ん。
なんとかリカバリーできたようです。
そのため、続報が遅くなりました・・・・。続報を待っていて下さった方・・なんていらっしゃいますか??

っていうか、コメントや反応がなくてかな~り寂しい&テンション下がるんですが
まぁ、ブログ関係で年賀状やメッセージいただきましたので、頑張って元気出して過ごしていきたいと思います。
本当はアメブロのアメンバー機能みたいなの、使いたいな・・・。(ため息。)

年賀状頂いた方はプライベートの年賀状を返信させて頂きました。初めまして!なモザイクなしでびっくりされた方もいらっしゃるかと。イメージ違っていたらごめんなさい。
来年はブログ関係向きに人物登場なしの年賀状も用意すべきかなぁ・・・・。

王様ケーキ ガレット・デ・ロワ


(ソファの上が散らかっているのは、子どもの着物です・・・)


パイが焼き上がりました。
このパイは『ガレット・デ・ロウ』という名前のパイで、フランスの新年を祝うケーキです。本来は1月6日に頂くものなのですが、夫の仕事が始まって一緒に食べることができなくなるので、早めですが頂くことにしました。
このパイは別名『王様ケーキ』と呼びます。
このパイの中には陶器の人形(フェーブ)が仕込まれていて、その人形が当たった人がその日の王様になれるのです。(その昔は空豆を入れていたそうです。)

カロリーヌとおうさまケーキ (カロリーヌとゆかいな8ひき)

カロリーヌとおうさまケーキ (カロリーヌとゆかいな8ひき)

我が家にはこの王様ケーキにまつわる絵本があるので、一度子どもたちにも王様ケーキごっこをさせてあげたいな~、と思っていたんです。でも私自身が正式なガレット・デ・ロワを食べたことがないので、お店で買ってきたものを出そうかと思ったのですが・・・・。

調べると高い。
クール宅急便ではなく、常温保存するものなのですが送料を入れると一番安くても¥3,000を軽く超えます。

少し前に知り合いのパン屋さん、リクエストしようと思ってガレット・デ・ロワについてふったのですが
「私はあまりおいしいと思わないのよね。わざわざ食べたいものじゃない。」
ってはっきり言われていたんです。

なので自分で作ることにしました。
美味しくないかもしれないけど挑戦です。

材料はバターとアーモンドプードルがたっぷりで、この二つが材料代をちょっと上げますが、他はポピュラーな材料で小麦粉、砂糖、たまごくらいです。

パイ生地は何度か寝かさなくてはならないので、時間が掛かりますがまぁ、なんとか仕上がりました。

ガレット・デ・ロワ


パイって前回のキッシュがデビューだったくらいなので、超下手っぴですが、ご容赦を。
レシピで作る中身がパイ生地に対してとても多いんですね。なのでこんなに入れるの?と思っていたら、サイドから焼いている間に溢れてきてしまいました。パイ自体は壊れませんでしたが、サイドもっときっちり留めとかないとダメだったんですね。
流れ出た中身のクリームはオーブンの中で焦げて、家が焦げ臭く・・・。

失礼しました。

4等分に切り分け、子どもたちに選ばせます。
一斉に食べようね、
「いっただきまーす!!」

とそれぞれ取り分けたケーキを食べ出して・・・


お人形のフェーブ


あった~~!!

さて、誰に当たったのでしょうか??

本当はパイの上に王冠を乗せるのですが、王冠まで手作りなので間に合いませんでした。
パイを焼いている間に一生懸命作っていました。
が、間に合わなかったので、王様が決まってからも作り続け・・・。
カメラのデーターも一部欠損してしまったので、更に続報で王冠をお見せするとすることにしますね。

ちなみにこのフェーブは以前、自由が丘のこちらのお店で買ったものです。
ユーモラスで気に入っています。