白州水の公園べるが(山梨県北杜市白州町)

冬場に夏のネタ(正確には9月後半)でごめんなさい~。
もうすぐ冬休みに入り、送り迎え等の負担が減るので記事更新頑張りたいです。
近くブログのサーバーなんかもメンテナンスして、リニューアル予定です。見た目は変わらないかもしれないのですが、表示が速くなる予定です。まぁ、落ち着くまでは不具合があるかもしれませんが、Google先生にも気に入って貰えるかもしれません。


尾白の森キャンプ場2日目
午前中は町内に出掛け、午後はキャンプ場に隣接する、水の公園べるがで遊びました。
過去記事でも何度か取りあげているのですが、それからまた月日が経っているので、新しい画像をご覧下さい。

べるがの水遊びは大きく分けて2つになります。
最初は大きい子向けの尾白川堰堤(おじらがわえんてい)から↓

尾白川渓谷

リアルな川です。
もうひとつの遊び場、親水池に比べるとちょっと水は冷たいです。9月なら天気さえ良ければ、それほど水温は気になりません。
キャンプ場の石段の上の茂みの方。私たちのテントから徒歩5分くらい。
キャンプ場利用者はべるが(水の公園)の入場もできます。

尾白川堰堤

この滝はすごいですよね。
サイドから穴を通って、滝の裏側から出てくることができます。

堰堤の滑り台

滑り台もあります。

お次は温泉(尾白の湯)の前に広がる親水池。小さい子向けです。

親水池

浅いのでワニになって遊びます。
水の公園だけに毎日水を入れ替えているんですよ!だから水もキレイ!

親水池

緑のテントの下は木製のテーブル&チェア。
早い時間にこちらを陣取ると1日快適かも。

ターザンロープ

親水池の周りには固定遊具があるので、身体が冷えたり、休憩したくなったら池からあがって遊ぶことが出来ます。

過去記事でも尾白川堰堤親水池のことを書いています。
よかったらご参考に。

記事を書いている今はなんとこの時からまる3ヶ月経ってしまい、冬になっています。
冬はべるがでこういう遊び方をする人はいないでしょう。
でも冬場も尾白の湯(温泉)はイケル!ので北杜市へお出かけの時にはぜひ温まりに行ってみて下さい。とても良いお湯ですよ。