地方便

梅酒仕込み

夫の実家から段ボールに1箱の「そらまめ」と。
立て続けに伯父、伯母から段ボール1箱の「小梅」(約3㎏)が届きました。どちらもそれぞれの家でできたものです。

嬉しい。
嬉しいけど大忙しです。

そらまめは鞘付きのまま保存した方が美味しいそうなので、そのまま送ってくれたようなのです。
鞘から取り出して、洗って豆の黒い部分にナイフを入れて・・・、茹でて・・・・。
一度に食べられない多くのものはすぐ冷凍しました。

そらまめ

(御弁当に2,3コだけでその存在を示すとい う、ソラマメ)

でも、手っ取り早く食べられて茹でるより美味しい方法を義母に教わりました!!
そらまめは鞘付きのまま、鞘の先端を少しカットします。
トースターに使用してもよいトレイなどの上にそらまめを乗せて、トースターで13~15分くらいかな。
焼くのです。

鞘の水分でそらまめを蒸すのだそうです。
鞘がある程度焦げると思いますが、オッケーです。お好みで塩を少々。

これが一番美味しかった!!
そらまめって独特の匂いがありますが、この方法だとその匂いやえぐみが気にならないのです!

このままレオの御弁当に詰めたけど、見事に食べて帰りました。
ほ~んと、子ども達、殆ど好き嫌いがなく育ってくれて嬉しいです♪

小梅

(小梅)

小梅の方はどうしよ~~??
と焦りました。梅干しにするかそれともシロップにするか、梅酒にするか・・ってことで非常に悩みました。(今になると悩むようなことじゃないなぁ。)
冷凍庫も一杯だし・・・。
取りあえず洗ってヘタをひとつずつとって・・・、乾かしました。
今日、ホワイトリカーや瓶や氷砂糖を買ってきましたので、取りあえず2㎏分は梅酒用に。
ホワイト リカーが足りなかったので、後日足します。

残り1㎏は取りあえず、梅を一晩冷凍庫に入れて明日梅シロップ用に瓶に入れようと思います♪
こ れは子ども達の夏のドリンクになります。

今週も毎日の様に忙しいです。
レオの幼稚園が変わってから送り迎えも忙しいし、充実しているけど出て行くところも増えたので、このまま2年間頑張っていくしかないように思います。
降園後もまっすぐ家に帰られることはまずなく、お友だ ちとお約束して公園で1時間くらい遊んでから家に帰ります。
親の方も日差しを浴びてクタクタ・・・。午前中夕飯の下ごしらえが出来ていれば良いけれど、やるべき事が多いときはアップアップ。

今朝も5時半起き。
ねむ~い。でも明日も頑張ります♪ 

お休みなさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする