バレエ・リハーサルの日のお弁当

アンのバレエ教室では、発表会のリハーサルになるとお弁当を持参してレッスンすることになります。
衣裳を着けて踊ることもあるので、細心の注意を払って荷物の管理をしています。
衣裳を着けたらもちろん飲食は禁止
リハーサルの日のお弁当にも決まりがあるんです。

一口食べきりサイズであること。おかずはなし。おにぎり、若しくはパン
というルールです。

出演する演目が多かったり、本番の日は長丁場になるので、2食用意します。
1食目。

一口おにぎり

(美しいとは言い難い見かけですが・・・。)

一口おにぎり

本番はメイクもしていますから、口紅が落ちないように(と言っても食後はメイクを直すそうですが。)本当に一口で口に入れられる大きさのおにぎりを作り、ラップ→ジップロックの袋に入れます。飽きるのでふりかけを何種かミックスです。

控え室は暖かいので、2食目は普通のおにぎりだと冬場であっても腐ってしまうそうです。

そこで酢飯にしたり、皆さん工夫します。
私は友達から智恵を貰って・・・、

もちもちパンミックス

これです!!
『もちもちパンミックス』を 使いました。

パルシステムの注文票でも見つけたことがあります!
中は2袋入っていて、牛乳と卵が必要です。混ぜて丸めて焼くだ け。
おにぎりをたくさん作るより手軽かも!

2食目。↓

もちもちパン

一口パン
おにぎりに比べると少し大き め。直径3センチくらいの大きさになりますが、大人の一口サイズくらいのパンが手軽に出来ます。

中にはチーズ、ソーセージが入って います。
生地自体にもほんのりチーズが利いていて美味しいです。
おかずがないので、1箱(2袋)全て使って作りましたが、好評でした。
ま た、リハーサルのときには利用しようと思います。

おにぎりは当日の朝の用意になりますが、一口パンは前日焼いておけるので楽でした。

バ レエ教室ではいろんなことが合理的になっていて、感心させられます。
またいろんなお話しをしていきたいと思います~。