左利きの話

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

腕

(自分の右腕は写真がとりにくい。という話から・・。)

昨日珍しく油モノをしたら、水気があったとは思わなかったんだけど、突然油が大きく跳ねて右腕にばっしゃり!!

すぐに水で冷やし、更にアイスノンを腕に固定して冷やしまくりました。
火傷ってすぐに応急処置することがすごく大事なんですって。とにかくすぐ冷やす。
洋服をかぶっていたら洋服を脱がさないで冷やす、ってご存じですか?

おふろに入るときにしみたぁ~、ヒリヒリしたぁ。
ああ、この火傷って跡になるかなぁ・・・。

でも今日は触っても痛くないし、水疱にもなっていない。
よ、よかったぁ~。これなら大丈夫そうだわ。

と、言うわけで滅多に油を使うことはないんですが、子ども達じゃなくて良かった。
私だから腕で、子どもだと顔にかかる可能性だってあるでしょ。
こわいっ。

台所は危険が一杯よね。

そうそう、私は右利きなので左手でシャッターを切るのが大変だったんです。
レオは隔世遺伝で左利き。カメラって右利き向けにできているのよね・・・。

先日たまたま、左利きの話になったのだけど、彫刻刀って右利き用に出来ているので、「切り出し」などは左利き用を揃えないとダメですって。
学校でまとめて買うのは右利き用なので、親が自分で気付いてそれ用のセットか、切り出しだけ左利き用を探してこないと・・・。

学校専用彫刻刀 アイスブルー 右利き用

 

同じ事はパレットにも言えます。パレットも左利きの子は右で持つことになりますが・・・。セットのは大体右利き用に(たまに両用のものもあるみたい。)出来ているので、考えてあげないと。

↑これは両用

私の母は左利きなのですが、昔の人ですから鉛筆や箸は右利きに直されたそうです。
でも消しゴム、ラケット、包丁、ボール投げ、かぎ針は左。
草刈りのカマまで左利き用ってあるのよね・・・。

まだ幼稚園のうちは左利き用のはさみがあれば充分だけど、定規も目盛りが逆についている方が便利だし、いろいろあるだろうなぁ・・・。

今日はバレエの発表会の衣裳係の仕事でミシンしています。
家の家事以外にも結構仕事があるのよ・・・。