冷蔵庫購入(機種決定、値切り交渉)

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

この冷蔵庫を購入します!

(この冷蔵庫に決定!!)

 

先日の記事の続きです。

冷蔵庫の買い換えを検討した我が家。
壊れていないモノを買い換えるって勇気が必要です。でも今回なぜ買い換えを検討したのか、と考えると買い換えたことによってかなりのquarity of life が向上すると考えたから。対価に見合う生活が手に入れられるかで悩みました。だって、1,2万円の物と違って、10万以上する物だから。
そして、

普段の生活はあんまり節約していない我が家ですが、こういう大きくお金がかかるところでは節約。

というお買い物スタイルが身についている我が家ですから。

頭の中では、今より容量の大きな冷蔵庫を手に入れて、コストコの会員にカムバックして~、とお花畑状態。
それでもできるだけ安く手に入れなくては・・ね。

話は前回の記事の続きになりますが、冷蔵庫の機種はMITSUBISHIPansonicの間で揺れました。
MITSUBISHIはすごく主婦の声に耳を傾けている感じの、気配りを感じますし、
Panasonicはコンプレッサーを使いにくい冷蔵庫最上部の奥に持ってきたことで、冷凍室の底のカーブなどを取り除きました。そしてがが~っ、と開く野菜室、冷凍室が魅力・・・。

機能やレイアウト、冷蔵室や野菜室、冷凍室のサイズはほぼ同じなので、後はもう微妙なところで好みの問題。

吉瀬美智子さん

このふたつの間で悩んで、夫が家庭的なかわいい系の菊池桃子さんより、アーバンな雰囲気のある、吉瀬美智子さんの方がで好みだからというので、Panasonicに軍配が・・・・。
・・というのは嘘うそ。夫が言っていたことは本当ですけども。

いえ、最終的に真四角に近い野菜室と冷凍室が100%ががが~~~っ、と開くところや、製氷器の部分の構造が気に入りまして、Panasonicに。
よくよく考えると食洗機のアフターサービス、Panasonicは滅茶苦茶よかったんですよ。そして食洗機も期待していたより性能がよくて感動した覚えが。イメージがよかったのが大きなキメテ。

私の説明ではわかりにくいでしょうからパンフレットをご覧下さい。↓
 

コンプレッサーの位置

MITSUBISHIの冷蔵庫のコンプレッサーの位置。

 

製氷室

製氷室の説明。

 

100%開く
 

100%引き出せる野菜室(冷凍室も)。

もっと詳しく知りたい方は、
Panasonicの冷蔵庫
http://panasonic.jp/reizo/

夫の実家でも先日冷蔵庫を買い換えたのですが、やはり同じ食洗機を使っていて非常にイメージがよかったらしく、最初からPanasonicの冷蔵庫を希望。価格調査もその買い物のお手伝い時に十分に調査済み。

こうまで決まったら、後はいかに安く購入するか・・・。ですよ。

何度か商品を実際に見るために電機屋さんに行きました。
そして値段をチェック。近隣の他ショップにも行ってみる。こういう事は毎度繰り返しています。主に夫担当。
まぁまぁ妥当だと思われる値段はチェック。そしてポイントや保障内容もメモ。

店員さんと価格交渉をするときには電機屋さんのお店の方と話をする~。
メーカーの方が店頭にいることも多いのが電機屋さん。よく名札をみてみると「HITACHI」とか「Panasonic」とか頭書きがついていたりしま す。そういう方にはそのメーカーのウリ部分を聞くときには大変有効ですけど、価格交渉の時には電機屋さんの店員さんの方が良いかもしれません。
機種の選択の時にはどうしても自社メーカー中心の話になってしまうのが、メーカーの方。それは仕方ない。その方に合った話を振って、商品の情報を仕入れます。
幸い夫は家電メーカーの人間ではありませんが、理系で家電・AVなどの知識に明るい。
夫が値切り交渉。夫がこれでいい?といえば、妻が渋り。妻がいいんじゃない?といえば、夫がもう一声と叫ぶような交渉は多少有効ですが、昔ほどはうまくいかなくなってきました。

今回はあることに気付いたのです。

山口と私たちの地元神奈川では、神奈川の方が遥かに安い。
神奈川や都下と比べると都内の方がもっと安い。

これは周辺にいかに競合店があるかどうか、ということなのです。夫の職場は六本木なので、ふらり~と周辺の電機屋さんの値段をチェック。
そして気付いたんですよ。いろんな商品が都内の方が明らかに安い。

今回他のお店の価格やポイントなどのバランスを考えて、購入先を検討したのがヤマ○電機。
このヤマ○電機でも神奈川と都内では値段が違うんです。

夫がみてきた新橋店と神奈川県央のヤマ○では値段が違う。夫は先にメモしてきた、新橋店の金額を見せます。
店員さんびっくり。本部にまで問い合わせます。

「すいません、これが仕入れ値くらいなので~、この金額はとても出せません。申し訳ありません。」
「え、でも同じヤマ○電機でしょ。」
「それが系列が違うんですよ。」

ヤマ○電機は系列の違う店舗がいくつかあるんです。
秋葉原、池袋、品川、新橋、渋谷等に・・・。
そしてその辺りは電機屋さんの競合店がい~っぱいなのです。そこで他店舗とは違う経路で仕入れをしているのだそうです。

今回購入することになった、Panasonicの550L(NR-553T)は、

¥164,800の更にポイントを15%。(店頭価格)

と表示されていました。そこに夫が出向き、店員さんと話をし、更にポイントを多くして貰いましたが、詳しいことをお話しするとお店に迷惑を掛けるかもしれませんから、具体的なことは内緒にしておこうと思います。

それからエコポイントが¥10,000。今までの冷蔵庫の廃棄を同時に頼むことで廃棄エコポイントが¥5,000つきます。(でも廃棄代が現金で¥5,355かかります。)
これらを考慮すると実質的に先に交渉した地元のヤマ○電機より¥30,000も安く購入できたのです。(ってことは他の近隣のお店よりもいくら安く買えたのかしら???)
夫のバイト代??

価格以外には
・配送料無料
・10年保証

もついています。

今回の購入でヤマ○電機のポイントが3万円、そして以前テレビなどを購入したときの○ドバシのポイントが同じく3万貯まっています。

このポイントを使って、次回は
夫が欲しい「防水ハイビジョンカメラ」
と、
私が買い換えたい「オーブンレンジ」を狙います。
しばら