我が家のポニョ

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ぽ~にょ、ぽ~にょ~♪

誰かが肘の上のポニョと言った。
私はそれより膝の上のポニョ、腹の上のポニョの方がずっと気になる。
今日はそんな話・・・ではなく、
我が家のニューフェースの話。

金魚

ニュースか何かで夏祭りの様子を観た子ども達が、金魚すくいをやりたいな~、と言っていた。
何度かお祭りで金魚すくいの場面を観たことがあったけれど、飼うことができないからと言っていつも却下。
出掛けることが多い我が家だから~、と言っていたけれど、アンが小学校に上がって出掛けることもめっきり減ってしまった。(家族それぞれに予定が入り、忙しいからね・・・。)

いいんじゃないの、これなら?
って感じでカエルに、カブトムシの幼虫と仲間が増えていく我が家。
新たなニューフェースは金魚すくいでgetした金魚2尾。

そういえば・・子どもの頃、すごく好きだった金魚すくい。夏祭りの度に何度も挑戦したっけ。

私の母は○体大出身だけあって、運動能力が高い。特に反射神経。
子どもの頃、母の手から滑り落ちた皿が何度も空中でキャッチされるのを観た。(今の私は皿が手から滑り落ちることはないので、母はすごくせっかちだったのかもしれないな。)
母は金魚すくいが得意で20~30匹すくうことだってあった。決して裏技なんかはなくて。
でもそういうお店に限って、お持ち帰りは3尾までだったりする。

週末、夫と子ども達に買い物を頼んだら、お店で金魚すくいをやっているコーナーがあったらしく、まんまと子ども達の術中にはまってしまい、財布の封印を解いてしまった夫。
お持ち帰り。

ホームセンターで安売りしていた深緑のコンテナの上部のフタを外し、そこに水をはり、ホテイアオイを浮かべる。そしてベランダの日陰へ・・・。
しばらく、図書館へ行くたびにカエルの図鑑を借りてきていた子ども達だったけど、今度は金魚の飼い方の本を借りてくるんだろうな~。

黒い出目金と赤いヒブナ。どうぞよろしくね~♪

今週は1週間毎日用事があって出掛けなくてはいけない忙しい週。そして間もなく、レオは半日保育になる~~~!ひぇ~~。9月までたっぷり子ども達と関わるのだ!!
母は昼食の心配をしております。