新洗濯機 日立のビートウォッシュBW-D10XTV購入

IMG_0535

我が家の洗濯機は同じ日立の10年選手だったのですが、私がフランスに行っている間に、脱水をサボるようになってきまして、脱水の度に一度は止まり、やり直すことが増えていました。
たぶん、洗濯物のバランスを量るような機能に問題が生じたんだと思います。
去年も脱水機能の問題でおよそ1万円かけて修理をしたんですが、約1年で同じ不具合が出たわけです。
脱水時の洗濯物の偏りにかなり過敏な感じで、イライラしていましたので日立製品は見送ろうかと思っていたのですが、またも日立を選んでしまいました。

ドラム式と縦型式。
ドラム式の方が見た目がカッコいい感じがするのですが、ドラム式は乾燥は得意で使う水量は少ないのですが縦型より洗浄能力が若干ですが劣るので、乾燥機能をあまり使うことがない我が家では縦型の方がふさわしいと思いました。
それにドラム式ってやたら高いんですよね。10kgのドラム式なんていったら20万コースですよ。

縦型の中で選んだ基準ですが、

  • 使う水量の少なさ。
  • 洗濯物が多いので、9kg以上の洗濯機が欲しかった。
  • 見た目。すっきりしたガラスパネル。

ということでビートウォッシュを選びました。
ガラスパネルのこちらはビートウォッシュの中でも一番の高機能機種です。
9kgとかでも出してくれたらいいのにね・・・。
それに水量もこちらの型番のものでないとここまで節水ではないみたいですし。

実際に使ってみないと本当のところはわかりませんが。
今試運転中です。

良いところばかりではありません。
レビューなんかを調べると、洗濯後の埃が目立つ。黒い衣類なんか特に・・・。
今、そんなわけで黒いフリースも入れて洗濯しています。
あとですね、やはり脱水時の時に、以前のように止まってばかりいるのが改善されるかどうか。
10年選手の機種はおかしくなる前から、洗濯物偏りに以上に敏感でした。
その洗濯機、義理の姉のところでも使っていて、同じことを言っていたので、そこが気がかりでした。

もし日立出なかったとしたら、パナソニックが良さそうでした。
家電ではパナソニックはアフターサービスも良くていい印象があります。
ですが日立のガラストップの美しさにかなりやられてしまったのかも。

IMG_0534

ビートウォッシュBW-D10XTV、実は2カラーあります。
我が家は洗面台の側面の色に合わせて、シャンパンカラーを選びましたが、シルバーもあります。
生活感が少し薄れて満足です。