宇部・小野田系ラーメン 愛宕六助(東京都港区)

ひさしぶりにケンケンの記事です。

愛宕六助店舗

 愛宕六助(店舗は炭鉱をイメージしているそう)

幼少期を宇部・小野田で育った人間の体の組成は一部が豚骨ラーメンであるため、定期的なスープの補充が必要です。そのため、故郷を離れて生活せざるを得なくなった者は、帰省したら先ずは地元ラーメン店を目指すことになります。

宇部・小野田系豚骨ラーメンはメジャーな博多ラーメンのようなあっさり系豚骨ラーメンとは異なり、豚骨を激しく煮立てて大量のコラーゲンを抽出したドロドロ系スープの豚骨ラーメンであり、全国的には扱う店舗が非常に少ないのが現状。

そこで、全国各地に散らばった宇部・小野田出身者は、博多ラーメンを代替食としたり、「一久お土産ラーメン」を定期的に取り寄せることで生きながらえているのです。

以上、私の体験と主観による憶測

さて、首都圏に地元有力ラーメン店「六助」で修行した若者が、暖簾わけしてもらい出店したとの情報を入手。職場に近いこともあって、先日訪れることができました。

まずは、スタンダードなラーメン(800円)を硬さ普通で注文。

愛宕六助ラーメン

ラーメン(800円)

強烈なドロドロ豚骨スープを期待してはいけない。

小野田六助よりかなり薄く感じたが、味は確かに宇部・小野田ラーメンのもの。店主はスープの濃さを場所に合わせたつもりはないと言っていましたが、前回帰省時に「三平」でもあっさり感を感じたので、これは最近のトレンドかも?ただし、この味の方がこちらでは受けるでしょう。

メニューにはおにぎり付きと書かれていましたが、今回は茶碗にご飯で出てきました。夕食時間帯と土曜日はコップビールかウーロン茶サービスとのことで、私はウーロン茶をチョイス。

ちょうど、客が私だけになったので、店主に小野田出身であることを打ち明け、話を聞いてみました。

・ 麺は宇部より木嶋製麺所の麺を取り寄せている。

・ 愛宕六助オリジナルメニューの六助丼はチャーシューの切れ端を有効利用したもの。

・ オープンして1年経ったので味の確認のため小野田六助に再修業に行きたいと考えているそう。

・ 店主は私が昨年の夏に行った小野田バイパスの「三平」立ち上げに携わった。

・ 宇部・小野田ラーメンは白濁豚骨スープの久留米ラーメンが発祥らしい。

・・・といった話をしてきました。

分布が宇部・小野田中心なのは炭鉱労働者が多かったためかもしれませんね。久留米と宇部・小野田どちらも近隣には炭鉱があったので。

私にとっては、実家に戻ったような錯覚を得られる店です。
今度地元出身の友達と会うときに連れて行こうと思っています。

おそらく、超マイナーな部類に属する宇部・小野田ラーメン、一度味わってみてはどうですか?

愛宕六助
http://atagorokusuke.jp/

近隣にコインパーキング多数あります。

コメント

  1. ポレポレとうさん より:

    趣のある店構えに美味しそうなラーメンですね!
    新橋方面なら職場からもさほど遠くないので、
    こちら方面に行く事が会ったら寄ってみます。
    ラーメン大好きなんです♪

  2. あおい より:

    ★ポレポレとうさんさん
    あおいです。夫がコメントを返したいというかもしれませんが、取りあえず私が返信させて頂きます。主人の実家の方のラーメン、豚骨ドロドロ系と思っていたのですが、山口県の三平のラーメンはドロドロでもなく、豚骨としてはわりとあっさりしていました。私は結婚するまでは豚骨ラーメン自体が馴染みが無かったのですが、イケル!
    いろんなラーメンにチャレンジ!と思われている方にはオススメしたいです。是非!!

  3. どろどろとんこつラーメン、ちょっと上品ですね!
    私もとんこつラーメン大好きなので、この記事見てのっかりました。
    失礼な記載あればごめんなさい!
    ちなみに、10代のころ1年だけ博多に住んでいたことがあって、とんこつラーメンはそこで病みつきになりました。
    その後東京に数年、そこは醤油ラーメンの世界!
    しかし新宿西口の・・横丁にはとんこつや野菜のくず煮込みのドロドロラーメンがあって、そこで一杯食べて、歌舞伎町に・・・ちょうど日本航空の逆噴射墜落事件のころ!
    ここ10年ぐらい東京は出向いていないです。
    私の祖父の家があるのですが・・・・
    京都の屋台のラーメン!天下一品あれが私の究極のとんこつどろどろラーメン!
    数年前に屋台はなくなって、駅ビルのラーメンコーナー階にあったような?なかったような?
    本物の小野田六助を賞味したいです。
    どんな味覚を醸し出すのですか?

  4. 愛宕六助@虎ノ門

    チャーシュー麺セット?1300円とら会の記事に乗って土曜のランチにこちらへ。ランチは2種類、ラーメン1000円とチャーシューめん1300円のセットしかない…

  5. ラーメン愛宕六助@新橋

    1月22日(火)の昼に西新橋のラーメン愛宕六助に行きました。こちらのお店は2008年1月10日に開店したお店で山口県の山陽小野田市で創業27年のお店の暖簾…

  6. ケンケン より:

    ★ポレポレとうさんさん。
    宇部・小野田ラーメンは豚骨ラーメンの中でもワイルドな部類と思いますが、愛宕六助は割合あっさりした味付けのスープなので、食べやすいと思いますよ。ここで永く店を続けてもらうためにも、ぜひ皆さんに訪問して欲しいと思います。よろしくお願いします。

  7. ケンケン より:

    ★沖縄海岸日記waさん。
    小野田の六助は何年も行っていないので感想を言えるほどではないのです。宇部・小野田ラーメン全般になりますが、スープの比重が非常に高くて替え玉をしなくても高い満足感が得られます。クリーミーといえるほど濃厚なスープにストレートの細麺、そして適度に味付けされた薄切りチャーシュー、わずかに香る細葱と主張しすぎないメンマによって成り立っていると思います。
    ところで、私が知っている宇部・小野田ラーメンのお店はみな男性店主が麺を茹で、奥様と思われる女性の従業員が付き添うように、どんぶりや具を用意するというパターンです。これについては何故だか知りませんが。

  8. ぼぶ より:

    ケンケンさん、あおおいさん
    TBありがとうございました。
    当該記事を拝見し、おかげさまで貴重な情報が得られました。
    愛宕六助は開店時しか行っていませんが、
    出身の方には懐かしい味なのですね。

  9. ふらわのだらだらだいあり2 より:

    コンビニサンドイッチ/ラーメン愛宕六助@虎ノ門(港区西新橋)/…

     起きたら頭が痛い、さらに身体が重い、明らかに二日酔いです。 それでも最後に旨いラーメンで〆たおかげもあってなんとか身体は動きそうです、って、今日はとても…

  10. ふらわ より:

    トラックバック、ありがとうございました。
    異境の地でふるさとの食文化に出会うのは、さぞかし嬉しかったことでしょう。
    店の作りからして東京離れしていましたが、なんとか地元に溶け込もうとしているのが分かりました。

  11. あおい より:

    ★沖縄海岸日記waさん
    夫がコメントしていますが、私も・・・。
    豚骨って嫌いな女性がいるんですよね。私は全然平気です。とんこつラーメンを食べたのは結婚してからだと思いますが、昔は関東では馴染みがなかったんです。
    夫の友達では付き合っている女性をとんこつラーメン屋に連れて行ったら「デリカシーがない!」と帰られたという話を聞いたことがあります。
    この愛宕六助さん、私はまだ行ったことがないのですが、山口の六助は去年の夏に出掛けて食べてきたので・・・、豚骨のイメージとちょっと違って味が抑えている感じなのです。どろどろ・・とかパンチの効いた味とは違う感じなのです。
    山口の「六助」についてはカテゴリー「山口グルメ」にあります。北九州からも近いので、機会があったらぜひ訪れてみて下さい。
    こちらの記事の愛宕六助は東京に用事がありましたら、ぜひ!!東京駅からそう遠くないですよ!

  12. あおい より:

    ★ぼぶさん
    あおいです。
    実はおひさしぶり~!なのですよ。
    夫には堪らない味らしく、帰省すると宇部・小野田系ラーメンを食べに時々消えます・・・・。

  13. あおい より:

    ★ふらわさん
    初めまして!あおいと言います。夫の記事にコメントありがとうございます。
    職場がこの近くでよく美味しいものを食べているようです。だから記事にして欲しいのですが、ため込むばかりでなかなか放出して貰えず・・・。ただ店主とかなり話し込んできたらしいので、それはぜひ記事にするべきだと訴えてみました。
    店の作りが東京離れしているんですね。山口の六助の方はびっくりするほど簡易な建物でプレハブです。
    だから愛宕六助の方は写真だけですけど、オシャレだな~と思ってみていました。

  14. おつきさま より:

    こんにちは。あおいさんには先にご挨拶頂いたのに、こちらからはすっかり遅くなってしまいました。
    今年もよろしくお願い致します。
    宇部・小野田系ラーメンというのは初めて聞きました。
    実は嫁さんのご両親が二人とも宇部出身なのですが、今度実家に行った時に話を聞いてみようと思います。
    虎ノ門のお店も近くに出る機会があったら、行ってみたいですね。

  15. あおい より:

    ★おつきさまさん
    こちらこそ、今年もよろしくお願いします!
    奥様のご両親、宇部の方だなんて奇遇ですね!今も宇部にいらっしゃるのならご存じかもしれませんね。宇部・小野田系ラーメンというネーミングは夫が考えたものではなく、一般的に流布している言い方だそうなので、ひとつの味として確立しています。ぜひ試してみて下さい!!

  16. どら衛門 より:

    やはり良いですね~。あおいさんのラーメン屋シリーズ。
    このシリーズを見た後は、必ず3日以内にはラーメンを食べに行っています。
    私も見つけましたよ!「山梨超~美味しくないラーメン屋の第2位」を!!ちなみに第1位は既に潰れておりますが、そこに負けないくらいのマズさ。これはこれで感動しましたが・・・。
    また取材しておきます。

  17. あおい より:

    ★どら衛門さん
    寒くて外出がイヤなんです。ラーメン屋さんなら行きたいところなのに、夫だけ行って参りました。ちょっとずる~~い!!という感じだったので、記事を書いて貰いました。困っちゃいますよね。美味しいラーメン屋さん、ってまだまだたくさんあるんですよね。
    あら、どら衛門さん、まずいラーメンやの第1位は大○水峠のとこでしょうか?「日本一まずいラーメンや」とありましたけど。あそこ潰れちゃいましたよね。私はそのお店に入る勇気がなかったのを今は後悔してみたり・・・。
    山梨の美味しいラーメンやさん、ぜひご紹介を!

  18. 地元ラーメンって、いいもんでしょうね?
    僕にとっては家系ラーメンがどんぴしゃなのですが、こちらの記事のラーメンと見た目が似ている白濁豚骨の佐賀ラーメンにもはまってました♪
    山口県のお隣、広島の尾道ラーメンは別格で大好きです♪
    宇部・小野田に炭鉱労働者がいらしたという事は知りませんでした。
    宇部も小野田もセメントというくらいの知識しかなくて…。
    ラーメンひとつとっても、背景とかあるんでしょうね。
    ちょっと、食欲をそそられてます♪
    それと、大○水峠の「日本一まずいラーメン」屋さんは、なくなったのですか…。
    中央自動車道には、いつもあのルートから乗り降りするので、かなり気になっていたのですが…。
    ちょっと残念な気がします。

  19. あおい より:

    ★ゆ~ちゃん♪さん
    充分よく知っていらっしゃいますよー。セメント町というところもあるくらいです。ちなみに硫酸街という町名もあります。昔は炭坑で栄えた町だったそうです。豚骨の中でもいろんな種類があるんですよねー。宇部・小野田系は白濁こってり系ラーメンというイメージだったのですが、六助は見た目よりこってりはしていないようです。
    大○水のラーメン屋さん、建物がボロボロで、営業はしていないと思います。前に駐めて確認したわけではないのですが。インパクトがあって、店のキャラ(?)的には嫌いではなかったのですが、行く機会がなく、ちょっと残念でした。いえ、1回機会はあったのですが、その時どうしようと迷ってお隣のお店へ入ってしまいました。
    今の私なら迷わず「日本一まずいラーメン」やさんを選んで入ると思います。