シンガポール航空の行きの機内食

夏休み前半、シンガポールに行ってきました。

羽田からの夜遅くのフライトは、take offがなんと23時。
そこからスナックやら食事やら~なんて食べていると寝ている時間もなく、シンガポールについてしまうとのことでしたが、折角なのでしっかり食べてきました。

IMG_5138


直前まで忙しくて荷造りを始めたのが前日。そして当日の出発数時間前にようやく荷造りを終えて出かけて行きました。

シンガポール航空『エコノミー』利用です。
画像は、夜食
離陸後、1時間から1時間半くらいで食事になります。

メニューはポークorフィッシュ2つの中からのチョイスで、
こちらはフィッシュ。

グリーンランドオヒョウの塩焼き。
季節のお蕎麦、パン、ご飯、季節の野菜など。
でした。

味といい、内容といい、殆どANAと同じです。
デザートのハーゲンダッツのバニラアイスクリームまで。

機内で食べるリッチなバニラアイス、すごく嬉しいです。

IMG_5140


こちらは朝食メニューです。
着陸前、1時間から1時間半で軽食の朝食になります。

パンやマフィン、フルーツなどです。
日本時間でいうところの、真夜中の2時くらいでしょうか。

アイマスクがっちりで寝ていらっしゃる方もいるんですが、私は寝ていたのにワゴンが動き出すと起きてしまうので、しっかり頂きました。

飛行時間はおよそ7時間。
シンガポールの現地時間は日本-1時間。
時差を感じることはまずありません。私も6日間の旅行中、時計を現地時間に合わせることもなく過ごしました。

機内では離陸前にiPhoneのモバイルデータ通信とデータローミングをオフにしました。
シンガポールでもホテルなどでWi-Fiが使えるところではネットを利用したいと思っていましたので。
でも使い方を間違えるとトンでもない金額が請求されるんですよね?自信がな過ぎて怖い。
ツアーでしたが、海外でも日本と同じ感覚でネットや電話を利用しようとされる方が結構いらして思わず口を出してしまいました。
後で何十万も請求されたら悲しいですもんね。

普段機内で寝るとき、特になんの用意もせずに歯磨きだけしたら眠くなくても目をつむるのですが、今回は首枕とアイマスクを使ってみました。
すっごく快適。眠りの質が違いますね。

バービー シンガポール航空 スチュワーデス

バービー シンガポール航空 スチュワーデス
価格:10,584円(税込、送料別)


シンガポール航空のCAの制服がスリムに見えてそれでいて女性らしいデザインで素敵でした。
同じようなシルエットの民族衣装があったら買っていたかも。

お土産物屋さんでみたものはCAの制服と生地の感じが違っていたので、布の素材自体が違うのかしら。それとも着ている人の違い??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする