ポリネシアンカルチャーセンター①カヌーショー

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

ポリネシアンカルチャーセンターのカヌーショー

(ポリネシアンカルチャーセンターのカヌーショーより)

ハワイ4日目、送迎バスに乗ってポリネシアンカルチャーセンター(ポリネシアン文化センター)にやってきた私たち。日本からツアー予約をした話は前回お話ししましたよね。

ここはポリネシアン文化が体験できる大型のテーマパークなのです。個人で回るのもよし、パッケージツアーに入るのもよし。でも初めて来園する場合はガイドのあるパッケージが良いということですので、私たちはその中でも子どもが楽しむことが中心のファミリパッケージを選びました。

バス内でガイドしてくれた、ジェームス・森さんとお別れして、今度センター内で私たちをお迎えしてくれたのは、福島県出身のまもるさん。

ポリネシアンカルチャーセンターのエントランスで

(ファミリパッケージの日本のお客様)

ポリネシアンカルチャーセンター内で働く多くの人たちは隣接するブリガム・ヤング大学ハワイ校の学生さんだそうで、学業とこちらでのアルバイトが上手く両立できるようになっているそうです。センターのガイドの方達は男性も女性もきれいなブルー系のアロハなどの洋服を着ているので、目立ちます。
この写真の中央で手を挙げている方がまもるさんです。まもるさんもブリガム・ヤング大学の学生さんだそうです。

日本人ツアー客にはこうやって日本語でツアーに入れるようになっているのですね。さすがハワイ♪

記念撮影①

入口を進んでいくと、ウェルカムサービスとして、ひとりひとり貝でできたレイをかけて頂きました。それから1組ずつ記念写真を撮影。(夕食の前に写真を確認して購入できます。$15くらいだったかな。)

記念写真
 

これも学生さん達の生活を支えるのだと思えば・・、と心で言い訳して購入~♪
撮影後、まもるさんの案内で進んでいくと・・・、
 

カヌーショーの観客

皆さん、陣取りをしていらっしゃいます。
日曜以外の毎日14:30から、昼間のメインイベントのカヌーショーが始まります。
 

カヌーショー
 

っていうか、私たちが着いたときには既に始まっていました。ポリネシアン各島に分かれたカヌーに乗って、現れて踊ります。

バンド

賑やかな演奏と共に・・・、ポリネシアンの確か7島(ハワイ、アオテアロア、マーケサス、トンガ、サモア、フィジー、タヒチ)くらいのカヌーがショーに出ていたと思います。なんせ途中から見ているので、前半は見逃していまして、詳細は分からないのですが・・・。

カヌーショー

 

アオテアロア

アオテアロア(ニュージーランド)

カヌーショー

サモア

サモア

続いて後ろにフィジー。

フィジー

フィジー

ハワイ

?カヌーショー
 

ハワイ

私たち

カヌーから(ワザと)落ちるダンサーもいたり、写真では伝わらないけど踊りもとても素晴らしいんです。衣装も色とりどりで本当に素敵でした♪私、ショーが大好きなので大満足でした!!
今度行くことが出来たら、もう少し早く出掛けてもっと間近でみたいなー。

この後、私たちもカヌーにのって、ポリネシアンの島々(村々)に出発することになりました。

ゲスト用のカヌー

それでは次回はポリネシアンの島々へ。
Let's go!!

ポリネシアンカルチャーセンター
http://japan.polynesia.com/index.html

2255 Kuhio Avenue, Suite 1601
Honolulu, Hawaii 96815
日本語での連絡先(ハワイから)808-924-1861

営業時間 12:30~ショーが終わるまで(駐車場は11:00~)窓口は20:00
定休日 日曜日、感謝祭、クリスマス


大きな地図で見る