初めてのお小遣い

パパが自分の部屋を掃除していたら、世界の国々の小銭が出てきたそうなんです。
世界地図や世界のことに興味が広がっているアンに、「これはアメリカのお金、これはギリシアのお金・・・。」といろんな貨幣があることを伝えたかったと、アンにたくさん渡した中に・・・、
日本のお金が混ざっていました。(まだ、子どもにお小遣いを渡すことについて私は考えがなかったのに・・・。こ、心の準備が・・・っ。)

アンは日本のお金を分けて自分のお財布に入れていました。

実はアンは自分のお金を持つというのは全く初めて。
一緒に数えてみると¥840くらいありました。バレエ公演のあった日もポシェットにこのお財布をいれて、デパートの中やいろんなお店に立ち寄る度に財布を握りしめていました。

サンリオショップに寄って、シュガーバニーズやキティちゃんなどのグッズを眺め、「○○ちゃんは○○を集めているの。これもかわいいな~。」などと物欲しそうに見つめています。
けれど、必要なものは買い与えていますし、いつでも欲しいものを買い与えるわけにもいきません。
口だけは「これは¥○○○だから、アンの持っているお金で買うと大きなアメ2個分のお金が残るね・・・。」とか「これを買うとペットボトルのお茶、1本と同じくらいのお金が必要ね。」なんてうるさい母なのでした。

アンは結局お財布を握って時々、財布の中身を眺めることがあっても買おうとしませんでした。

そんなアンが・・・。


Clara (クララ) 2008年 08月号 [雑誌]


ワガノワバレエ公演の会場で子どものバレエ情報誌・クララを目にして、「ママ、わたしのおかねで買えるかしら?」と財布からお金を出したんです。
サンリオグッズや、髪飾り、アフターヌーンティーのかわいい雑貨など、たくさんかわいいものを目にしてきたのに、そこでは買う意志を見せなかったアンが、必死な様子でお金を勘定し、「これ、ください!」と買ったのはちょっとびっくり。

初めて自分の意志で購入したのはこのClaraの8月号になりました。

突然のことながら、お小遣いを手にすることになったアン。
彼女は貰ったその日にお小遣いの殆どを使ってしましました。彼女はこれからお金の扱い方を覚えていかなくてはならないスタートに立ったんです。
私も同時に、子どものお小遣いについて考えなければならなくなりました。

小学校に上がったら、お小遣いを定期的に与えることにするか、それとも報酬制という形をとるか。
少し間違えると努力しないでお金を手に入れることは、お金のありがたみを感じることができないかもしれないし、かといって報酬制にしてお金を貰わないと動かない、手伝わない、ということでも困る。
私の心の準備がまだ出来ていないのです。

まだ、アンはお金のことをまた充分に理解できていません。
これから私はお金の与え方も使わせ方も考えなければいけません。

今の子どもはお金を持った時点からサービスを受けるのが当然という生活に慣れてしまっています。
どんなに小さくてもお金を払うとお客様という世の中になっています。
奉仕されることになれてしまう子どもに育ててしまわないように・・・、どうやったら育てることができるのでしょう。

私は幼稚園の教諭として仕事をしてきた期間に考えてこなかったことが、だんだん、身近な問題として湧いてくるのを感じます。アンが小学校にあがれば、新たに教育方針に加えなければならないことが増えてくるでしょう。
私の対応が間に合うかどうか。

アンが今回、少し考えてお金を使ったのは親として嬉しかったです。
大事に使うことを教えねば・・・。

コメント

  1. cage より:

    あおいさん、こんにちは。
    【あなたたちの中で、これまで一度も罪を犯したことがない人が、まず、この女に石をなげなさい。】を思い出しました。
    子供の頃、私、欲しいものがあって、親の目を盗んで小銭を財布から抜き取った【罪】の意識は今も心の片隅から離れません。
    お金の魔力に負けちゃいます。お金の価値と使い方は大人になっても難しいです。アンさんの初めての買い物での選択はとても賢
    明だったと思います。って、云う資格がない私ですが、あおいさんの生き方を学ばれて立派に育たれると思います。海外旅行で余
    った小銭の、ペセタ・Fフラン・Bフラン・セントとか私も小銭(コイン貨)が好きで、残しています。

  2. うちにも、フランスに新婚旅行に行った時の小銭がありますよ!
    海外はフランスしか行ったことがないんですけどね(^-^;
    私が子供の頃は、お小遣いなんて貰ってませんでした。
    友達はみんな貰ってたけど、私は必要な時にだけ・・・。
    今思うと、それで良かったかなぁ…って思います。
    うちの子供たちにも、お小遣いは必要な時にしか与えてないです。
    (ほとんど、お祭りの時くらいですが…)
    金額も私や妻がその都度、妥当な金額を考えて・・・。
    長男は4年生なので、「これだけぇ~!?」ってよく言われます(笑)
    でも、自分なりに考えて使ってますよ。
    小学生になると周りの友達との兼ね合いもあるので、難しい面もありますが。
    娘さん、キャラクターグッズよりもバレーの本を選ぶなんて・・・
    本当にバレーが好きなんですね!
    そういう ”好き!” っていう気持ちは大事にしてあげたいですね(^-^)

  3. ★cageさん より:

    そうですね~、このブログもよく物欲日記になっています。欲しい物があるのは当たり前のことですよね。
    でも、それを得る手段を安易に覚えて欲しくないんですよね。
    泥臭い言い方をするなら、汗水をかかないお金は得て欲しくないという感じになるでしょうか。
    それから拝金主義にもなって欲しくない。
    お金が全てのような人にもなって欲しくないんです。
    私は小学校からお小遣いを貰いました。
    それは4月からではなくて、働いていた母からある日、昼ご飯が用意できないからと、自分で何か買って食べなさい、といわれて渡された¥200を食べずに残して、これをお小遣いにしていいか、と頼んだことがきっかけで毎月の小遣いが貰えるようになりました。
    いろんな方のご意見を聞いたり、自分でもよく考えてお小遣いのことを考えてみようと思います。

  4. ★はじめないっぽ...。さん より:

    必要な時に与えるというのもひとつの考えですよね。
    私も必要な時に与えられたのをへそくったのがきっかけでお小遣いを貰えるようになったんです。
    その代わり、お小遣い帳を付けるように義務づけられ、小学校のうちは食べ物は購入禁止でした。
    自分なりに考えて使う、貯めて使う。
    いろんなことをどう考えるか難しいですよね。
    主人などは、大きくなったらある一定額を渡し、自分で運用させることを学習させるということも考えのひとつにあるようです。
    お金は難しいです。私も未だに手に負えていませんから。
    しばらくは定期的に与える必要もないと思うので、よく考えてみようと思います。ありがとうございます。参考になりました!