食べにくいお弁当

幼稚園から頂いたお知らせにはお弁当開始前の注意事項が書かれていましたので、参考までにご紹介します。

食べにくいお弁当ということで、
・ぎっしり詰まったお弁当
・そぼろ弁当
・ぽろぽろに炒めたご飯
・ぎっしり入った焼きそばやスパゲティ
・中身の多いサンドイッチ
食べやすいのは
・ひとくちふたくちで食べられるサイズのもの
お弁当は開始して間もない頃は量を少なめに持たせ、段々と量を増やしていくと良いと思います。
幼稚園では年少さんは少し早めの11時半くらいからお昼で、最初のうちは昼食に1時間くらいみています。食べるスピードには個人差があるので、食べ終わった子どもから自由遊びや次の活動に入ることになります。早く遊びたいし、活動量が増えてくるので、食べる量もスピードもどんどんアップしていきます。お弁当箱、すぐ大きいサイズに買い替えかなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする