川中島合戦戦国絵巻 山梨県笛吹市石和町

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

4月15日、16日で山梨に行ってきました。
15日は笛吹市のおみゆきさんというお祭りでした。

こちらは化粧をして、女物の着物(浴衣といった方が相応しい)を着た男の人たちが浅間神社の御神輿を担いで練り歩く・・といった物なんですが、小さな子どもがいたのと事前の情報入手が十分で無かった為、練り歩く様子をみることが出来ませんでした。
これは毎年4月15日と日にちが決まっているものなので、今年来年は土日と見物のチャンスなのでした。来年こそは詳しく調べて練り歩くところを見学したいです。

16日は石和温泉で有名な笛吹市の河川敷「川中島合戦戦国絵巻」を観てきました。こちらは見ごたえ十分。こんなに迫力のあるものをタダで観ていいんでしょうか??

川中島合戦戦国絵巻は武田信玄と上杉謙信の間で行われた数回の合戦のミニ版で再現したものです。

ここは山梨・甲斐の国なのでもちろん信玄贔屓。
武田軍は赤、上杉軍は青の衣装に身を包み、いざ出陣。

まずは武田軍が入場。

image
image
image
 
 
image

 
image
 
 

数々の名場面・・・「きつつき戦法」「信玄と謙信の一騎打ち」等も再現されます。

ナレーションがしっかりしているので、詳しく知らない方でも楽しめます。
私は3,4回観ていますが面白かったです。
子ども達は「赤て〜〜!!(武田軍)」と叫んでいましたね。