北海道直送・廻転寿司 とっぴ~(神奈川県大和市)

とっぴ~お店の前

北海道ブランド廻転寿司「とっぴ~」が神奈川県にオープンしたとの情報をゆ~ちゃん♪さんの記事で知ったのは2ヶ月近く前のこと・・。
行ってみたい、と思いつつ願いつつようやく出掛けてきました。
なんせ、こちらの廻転寿司、チェーンのお店は北海道東北ばかり。関東進出は初めてなんですよ。

札幌・近郊で16店舗。福島3店舗。新潟1店舗。海外契約店(香港)4店舗。
そして・・・、神奈川県大和市のオークシティ内のイトーヨーカドー内に・・・。

オークシティというのはイオンとイトーヨーカドーの複合施設で各2階でふたつの施設をつなぐ連絡通路がある商業施設で、行ってみて思うことは冬だからかも しれませんが、連絡通路が長いし、屋根こそ付いているものの、内廊下タイプではなくて、外なんです。冬は寒いし、横殴りの雨や風だったら寒い、あんまり便 利じゃないなぁなんて思いました。
お店はたくさんあって面白いんですが、食品売り場はイオンと、イトーヨーカドーがそれぞれ持っているんです。周辺の方はどう使い分けされているんでしょう?なんてつまらないことが頭に浮かぶのでした。

というわけで、その大きな商業施設の中のフードコートに隣接する場所にできたとっぴ~のご紹介です。

北海道系のネタ、ほたて?イクラ?サーモン?って感じをイメージして行って参りました。

とっぴ~ お品書き

  お品書き。

138円の皿

お皿はわかりやすく2プライス。
138円の皿
268円の皿

ちなみにこちらは138円のお皿の方です。268円のお皿の方は同じカラーのお皿に白い輪のラインが引かれています。

でもできれば、カラーも変えて貰った方がわかりやすいんですけどね。

ネタはサーモンやまぐろなど切り身系のネタは大きい!廻転寿司系では大きい方ではないでしょうか。

この軍艦ではよく分からないかもしれませんが、ネタは量も多め、味もしゃきっとしていて美味しいです。この値段でこのネタはレベル高いです。安さの秘密はなに??

子連れで食べに来ていますと、子ども達に食べさせるのに必死で写真を撮っている余裕が無く、寿司のお皿の写真がこれだけですみません。

廻転寿司とっぴ~、店内の様子


店内では職人さんが何人もいて、その場で握ってくれています。
今は機械で握る店が増えたので、なんだか嬉しいです。
なぜ、職人さんが握ったお寿司の方が私は好きなんですけど、なんででしょう?
前に好きだった、厚木の廻転びっくり寿司(過去記事>>こちら)は新店舗になってから職人さんが遠くになってしまい、おまけに妙にシステマティックになって行かなくなっていたのですが、お店が無くなっていることに気 付きました。もしや潰れちゃったのでしょうか?旧店舗時代、度々食べに行って職人さんたちにも顔を覚えて貰っていたので、なんだかとても寂しい。

そんなかつて賑わっていた頃の旧店舗の廻転びっくり寿司を思い出しました。

テーブル席もあるし、お店も木目カラー系で明るくきれいな感じ。
ただ、こじんまりしたお店なので、休日は混雑して入れないんではないかなぁ、と。
このお店、この調子で勝負してくれるなら関東でも流行ると思います。
流行って是非店舗を増やして下さい。

最近、読んだ本はこちら。
パパ、お寿司たべたい!
うちの子達もよく言いますけども、うちでは寿司というのは「廻転」するものだと思っていると思います。
でも、本の中身は廻転というよりは本格的な江戸前のお寿司屋さんのお話なんですね。美味しそうなほぼ実物大のお寿司の写真にそれぞれのネタについての蘊蓄が書かれているのですが、美味しい時期や食べ方、寿司好きがもっとお寿司を理解して・・、楽しんで、食べられるようにという本なのです。
実際すごく勉強になります。

帆立もどういう裁き方をするとおいしくなるのか、とか。
サヨリなどネタの繊細な味をどうひきだしているのか、とか。
イカならアオリイカ(ミズイカ)が最高のネタと言われて、「どくとくの甘さ、舌触り、歯切れもよく」なんて味わいについてもしっかり書かれているんです。味のイメージが湧きやすい表現なんですよ。
ヤリイカは著者の言葉ではすがすがしい甘み。タマゴを持ったヤリイカもおすすめ。
スミイカは歯切れがよく、適度な粘りがある。
スミイカの子どもは6~7月が旬でねっとりした甘さで人気が高い、といった感じに表現されてよく説明されているんです。

タイトルは親子で~なんてついていますけど、あまり関係ない。
この本を片手にお寿司屋さんでお寿司を頼んでもいいんじゃないでしょうか。
独身でも子どもが大きくても全然オッケーな内容です。
前半少し、お寿司の歴史についてや、お寿司の道具などについては子どもに分かるように書き砕いた内容なので、「親子」でってなるンではないかしら。

この本のお寿司の写真(取材協力店)は新宿四ッ谷「すし匠」
おお~、ぜひ食べに行きたいわっ。とおもったんですが、1人前2万円ですって。
これは私が食べに行かれるようなお店ではないかも。機会があったら勿論行きたいですけど。
この表紙の絵、素敵なんですけど、このお店の常連さんのお嬢さんが4年生の時描いた絵なんですって。ショック~。幼稚園の頃から通っているって、すごいですよね。1人前2万円のお店の常連の小学生?
絵も何で描かれているんだろう?すごく素敵で大人顔負け。なんだか二重のショックですね~。

ハナシは脱線しましたが、とっぴ~、土日などお休みの日は混む可能性がありますが間違いなくおすすめです。そして遅くまで廻転している・・・いえ、開店しているのが魅力。

私は安くて美味しい物を追求したい専業主婦です。
ちなみに4人で廻転寿司すると、ファミレスより安く済んだりします。
4人で今回¥3000程度くらいでした。(大人、子ども2歳、4歳)

北海道直送・廻転寿司 とっぴ~
http://www.toppii.jp/index.php

大和鶴間店
住所 神奈川県大和市鶴間1-31-1イトーヨーカドー大和鶴間店内1階
電話番号 046-200-6111
営業時間 10:00~23:00

オークシティ大和
http://www.yamato-oakcity.com/index.asp

コメント

  1. ”とっぴ~”行かれたんですね~♪
    僕も、今日、行ってきたのですが、やはり日曜の午後早い時間だったのからか、長い行列で断念しました…残念…。
    美味しいようですね~♪
    機械じゃなくて、職人さんが握るっていうのも、期待が♪
    早く、とっぴ~のお寿司にありつきたいです♪
    オークシティは、近所なので、しょっちゅう行くのですが、あの造りは、わざわざらしいです。
    相模原の実験(?)の結果、あの一見、不便な形態がお互いの利益追求に、最善なんだそうです。
    いわゆる複合商業施設じゃないってことなんですね…。
    確かに、コンセプト、顧客層が同一の総合スーパーを複合した商業施設って相模原と、ここくらいしかないですもんね。
    集客と、双方の固定客囲い込みと、相反することを、最大限にコントロールしているということらしいのですが、見事にヒットしているとこが、憎いです…♪
    それでいて、イオンの顧客と、ヨーカドーの顧客って、はっきり分かれているんだそうです。
    顧客の居住エリアによって、どちらの駐車場に入りやすいとか、元々、どちらかのスーパーに親近感をもっているかとか、色々あるのでしょうね…。

  2. ★ゆ~ちゃん♪さん より:

    長蛇の列でしたか・・・。
    営業時間が長いようなので、朝一番とか22時頃とか、食事の時間を思いっきり外して出掛けたら並ばなくても食べられるんでしょうか・・。
    オークシティ、色々考えて作られているんですね。行き来がちょっと面倒なぁ、と感じたのですが。
    どちらのファン、とかあるんですね。
    お寿司、廻転寿司にしてはレベル高いです。
    かなり美味しい。空いているならしょっちゅう食べに行きたい感じです。
    是非、食べてみて下さい!