新型新幹線N700系のぞみに乗りました!!

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

 

N700系のぞみ

 

(N700系のぞみ)


2007年7月1日にデビューしたばかりのN700系のぞみに乗りました!!

どんな乗り心地?車内?と期待感いっぱいでチケットを取ったのは、乗車予定の1ヶ月前でした。

主人の実家の最寄りの「新山口駅」から、関西空港まで向かいます。

現在の営業車両では日本最速の列車で、最高速度285km/hです。

車内の様子

 

(指定席車両)

私は今回海外旅行(ドバイ)の為、関西空港に向かいました。(N700系のぞみは新大阪で降ります。)
4泊5日の為、私にはキャリーがありました。そこで前もって指定席最後尾を予約しました。
最後尾なら座席の後ろに余裕があり、そこに充分キャリーを置くことが出来ます。
車内も見学したいので、通路側をお願いしていました。

と・こ・ろ・が~。

夏休み、ということもあって、自由席は乗車率130%という混み具合。
自由席の座れないお客さんが私の席の後ろに立つので背もたれは倒せないわ、肘掛けにお尻を乗せちゃうお嬢さんもいるわ、とても乗り心地を楽しんだり、出来る状態ではありませんでした。

写真は空いているようにみえるでしょ?
これは新山口ではまだ自由席からのお客さんは車両の前後で止まっていたのですが、次の駅からは通路にぎっしり立つことになります。

精神的に窮屈・・・。
こういうのがイヤな方はやっぱりグリーン車に乗るしかないですね。

パパがN700系のぞみに大層興味があるところを私だけが乗せて貰ったわけで、ここは精神を集中して、観察せねば・・・。

ただ新幹線自体滅多に乗ることがないので、正直なところそのすごさはいまいちよくわからない。素人の感想ですが、まず音や震動は車外で聞こえる感じで、それはよそ様の音状態。滑らかな滑りでとても静か。

座席は旅客機のエコノミークラスのような作り。
その後に乗った「はるか」と比べても、足元がかなり広いのです。
従って、私の4~5泊向けキャリーを座席の間に置いてもさほど窮屈さを感じませんでした。キャリーがなければふんぞり返って足を組む余裕があるはずです。

座席

 

(座席)

ブルーの座席です。
窓もこれまた旅客機のように小さいでしょ。

座席裏側

 

(座席裏側)

狭かったので、お隣の方の前の座席の裏側を撮らせて貰いました。
大きめのテーブルにはA4サイズのノートパソコンが乗せられます。

量産車ではグリーン車の全座席と普通車の窓側(A、E席)・最前部・最後部の座席にはモバイル用コンセントが設けられる。1編成の定員1,323人の約6割に当たる個数が用意されることになる。

つまり私の座席はコンセントが使えたワケなんですね。利用しなかったけど。

地上設備が完成する2009年春から無線LANによるインターネットサービスを開始する予定である(地上から車内へは2Mbps、車内から地上へは1Mbpsの予定)。ただし、山陽区間についてはトンネルの数が多いため改良費用が高額になることやJR福知山線脱線事故を受けて安全対策を優先する方針から、当面改良計画が策定できないなどの事情から、当面は東海道区間のみの実施となる。

トイレはすべて洋式に統一されるとともに、新幹線車両では初めてオストメイト対応トイレが設置された(11号車)。また、一部のトイレにはおむつ交換台が、11号車の多目的室にはベビーチェアも設置されている。

 

車内は、700系以前の車両と違い全席禁煙とし、強制排煙装置・JR東海小牧研究施設が開発した光触媒脱臭装置を備えた2~4人が入れる喫煙ルームを3・7・10・15号車のデッキ部分に6ヶ所設ける。喫煙コーナーに近い座席は喫煙を希望する人を優先して指定席券を発行する。駅の自動放送でも、当系で運転される列車は全席禁煙であることと、喫煙ルームが何号車に設置されているかがアナウンスされる。

というわけで取材できなかった分をWikipediaで補わせていただきました。

車両の開発のこと、性能のことなどの解説は私が読んでもよく分からなかったので、ご興味のあるかたはWikipediaをご覧下さい。

新幹線N700系電車
http://ja.wikipedia.org/wiki/N700%E7%B3%BB

車両外観

 

  車両はこんな感じです。


切符

これはN700系のぞみを降りた後に、新大阪から関西空港に向かう在来線特急の「はるか」の車内で撮影した切符です。

新大阪で降り、乗り換え。
これが東京駅や横浜駅なら土地勘があるのですが、新大阪は???
日本語が通じる場所で良かった~。
なかなか乗り換えも大変です。
滑り込みセーフに近い移動です。

と、思ったら「はるか」ははるかでも「京都駅」行きに乗り込みそうになりました。
危ない、危ない。
土地勘がないってこういうことなんですよ。
「関西空港駅」行きに乗らないと!!

はるか
(はるか)

 

はるか、車両外観
(はるか、車両外観)

こちらも指定席を取ったけど、ガラガラでした。

 

はるかの座席
(はるかの座席)

こんな感じです。
さすが、空港駅行きだけあって、スーツケースを置く専用スペースがあります。
足元はN700系のぞみに比べてはるかに狭いです。

が、空いているだけあって充分リラックスできました。

 

ひかり
(JR西日本の新幹線・・・)

これは新山口で撮影したおまけ写真です。