高森湧水トンネル公園(阿蘇)

先日の記事で南阿蘇鉄道トロッコ列車の記事(>>~の記事はこちら!)をご紹介しましたが、今回は関連のあるスポットの記事になります。

高森湧水トンネル

(高森湧水トンネル)


南阿蘇鉄道高森線高千穂線とつながる予定でした。
実は高森駅近くにはトンネル工事中の異常出水で工事を断念せざるをえなかった高森トンネルが高森湧水トンネル公園として保存されているんです。 

高森湧水トンネル公園
(上から見た高森湧水トンネル公園)

公園はまるで川を堰き止めているかのような水遊びの場所になっています。
出水がなければ、電車が通るはずだった場所です。
水はとても冷たく、数分入っていると足が痛くなります。

湧水トンネルに近付く

トンネルに近付くとひんやりしてきます。
天然クーラーの中へ、Let's go!

トンネル内

(トンネル内の様子)

トンネル内の中央を水が流れ、両サイドが通路。右側通行になります。
通路脇はごらんの通り、手すりのようなものがほとんど無いので、うちの息子、レオのような危険な歩き方をするお子さんについてはベビーカーに固定してしまうなり、安全対策が必要です。

毎年7月7日前後で七夕飾りのコンテストがあるそうです。
その七夕飾りは中央に飾られ、電飾があるもの、水力で動くもの、様々な工夫にあふれ目を楽しませてくれています。
電飾がいっぱいで、トンネル内を明るくしています。

コンテストは幼稚園、学校、民間企業など、いろんな団体や有志が参加、それぞれの主張をアピールです。
七夕飾りといっても笹を使うというものは少なく、飾りがメインでした。

あれ、これってどのくらいの期間、飾っているのでしょうか?
とりあえず、8月のお盆に行った私たちには見ることができました。

ゴール地点
(間もなくゴール)


片道550m。トンネル内は車椅子でも移動可能です。
トンネルに入ると涼しい~~。トンネル内は通年17℃水温は13℃でした。

ゴール地点では水神様が祀られており、ひしゃくで水を頂くことができます

このトンネルはゴールまで行くとご褒美が見られるのです。
ネタバレになってしまうとこれから行く方に申し訳ないので、画像を小さく貼ります。

ネタバレo.kのご興味のある方は画像をクリックして頂くと大きな画像で見ることができます。また、ご褒美関連の記事についてはローマ字で表記させて頂きました。


ご褒美1
  kore ga


ご褒美2
kounari,odoroita!!


ご褒美の解説
kaisetu ha kotira!

konna no,

hajimete mita!! utukusi~desu.
honmono no mizu??

utagau hito no
ooikoto.(watasi mo desu.) 

te wo nobasite sawaru hito mo imasita.

water pearl wo nicklace ni sitaina~.

またトンネルをでると間違えなく真夏に戻りました。

水遊び

すっごく冷たい~~、って言っていた筈なのに、これをご覧下さいませ・・・。
裸族がぁ~~~。
裸の子、レオ以外にもうひとり見かけましたが・・・・。
自分で脱いじゃったんですよ。困るなぁ~。

ちなみにメダカなど、生き物もいました。

高森湧水トンネル公園(高森町観光協会のサイトより)
http://www7.ocn.ne.jp/~takamori/00202yuu.htm

熊本県阿蘇郡高森町大字高森1034-2
電話番号 0967-62-3331

開園時間4~9月 9:00~19:00、10~3月 9:00~18:00
入園料(トンネル内の観覧)中学生以上¥300、小学生¥100

無料駐車場あり



コメント

  1. 七夕飾りお目見え

    高森湧水トンネル公園内に、今年も約40基の七夕飾りがお目見えした。色とりどりの明かりが、涼を求めて訪れる家族連れや団体客の目を楽しませている。入園料は中学生以上300円、小学生100円。