蓼科へ1泊/体験宿泊

サンダンスリゾート蓼科

(サンダンスリゾート蓼科)

母の友人の紹介で蓼科に1泊することになりました。

宿泊先は
サンダンスリゾート・蓼科

会員制のリゾートホテルです。
こちらの体験宿泊をしました。

サンダンス・リゾート
http://www.sundance-resort.co.jp/

会員の紹介者がいる場合とネットなどでの申し込みでは体験宿泊にかかる料金が異なるのですが、それでもオトク度満点。
ちなみに私たちはファミリー(4人)で夕食と朝食付きで計¥4000でした。
ネットではちょっと金額があがるようですが、ご興味のある方、サイトをのぞいてみて下さいね。蓼科以外にも房総、箱根、伊豆などの体験宿泊を受け付けていますよ。

ただ、到着後、約40分ほど、サンダンスリゾートについての説明(セールス)を聞くというのが条件になります。会員になるように強制させられることはないそうです。

私も知っている方の勧めだったので、安心して出掛けちゃいました~。

私たちは北杜市から蓼科に向かいました。
北杜市も涼しいけれど、更に標高があがるので5度近く涼しくなります。半袖だとちょっと肌寒い感じさえあります。

ホテルに行く前に、
○白樺リゾート内の黄金アカシアの森(夏季・・ユリとキスゲの丘)に寄ることにしました。こちらについては後程記事をアップしますね。>>記事はこちら!

15時チェックイン。
ロビーにウェルカムドリンクがサービスされています。
17時半までフリーで頂くことが出来ます。コーヒー、ウーロン茶、リンゴジュース、オレンジジュースの用意がありました。

さてサンダンスリゾート蓼ですけれど、アットホームな感じの小さなプチホテルといった感じです。スタッフも少ないし、宿泊客も部屋数自体が9部屋くらい+コテージが2棟。
うち3部屋がペット可のフローリングの部屋です。

コテージ

(コテージ・・キッチン、バスなどがついているそうです。)

我が家にはペットはいませんが、直前の申し込みになったため、ペット可のお部屋しか空いていなかったんです。↓

ペット可の部屋

(ペット可の私たちのお部屋)

こちらのお写真のお部屋はペット可のお部屋。
ペットオッケーとはいえ、共用部分は廊下など決まった場所以外での動物の立ち入りは不可、寝具などを使わせるなど不可、とあれこれ決まりはあるようです。
主人は猫アレルギー持ちなので、ちょっと部屋については心配だったのですが彼の鼻にも特に問題なく過ごせました。

部屋の写真2

(部屋の写真その2・・荷物はクローゼットにしまいましょう・・・)

掃除はかなり行き届いている印象です。
ぴかぴか!!

テレビ、ポット、電子レンジ、小さい冷蔵庫などの装備があります。
タオル、バスタオル、アメニティもありますが、子どもの分は用意されていなかった~。
まぁ、そんなこともあり得るなぁ、と思っていたので用意してきて良かった~。
ご注意です。

部屋にはお風呂はなくて、大浴場にいきました。
こちらは無色透明の温泉。サンダンスリゾートの殆どの施設にそれぞれの場所の天然温泉が引かれているようです。
蓼科のお湯はさらっとした柔らかい感じのお湯でした。

大浴場は女性の方が広め、だそうです。
露天では無いけれど、大理石?人工大理石?で囲まれた石のすっきりした湯船です。

敷地内にテニスコートが2面あり、ラケットやボールは無料貸し出ししています。テニスなんてロクにルールも覚えていませんが、真似事をしました。

テニスコートにて。

(テニスコートにて)

レオは左利きなのでラケットを左で持っています。
アンは虫取り網を持っています。

夕食

(夕食)

陶板焼き+ビッフェ。(本来は¥2000/大人1名)
もちろん、外食してくることも可能です。出前もオッケーです。
ビールは自己負担です。(¥450)

ビッフェは白いご飯と、エビピラフ、そばが主食。
他にはスープ。サラダ類が数種類、春巻き、クリームコロッケ、イカリング、などでした。
陶板焼きが美味しかったです。
食べ放題なので、自分のお腹に合わせてしっかり頂くことが出来ます。
飲み物はお茶やコーヒー、ジュース類が自由に頂けます。

気合いを入れて食べた後は・・・

キッズルーム

(キッズルーム)

アンくらいの子だとちょっと物足りない感じがありますが、レオくらいの小さい子には遊ぶモノがいっぱいのキッズルーム、隣との間に壁が空いていてそちらではビリヤードと卓球が楽しめます。

卓球

(卓球)

  アンの初チャレンジ。

ゲド戦記を見る

(DVDを部屋で観る)

DVDの無料貸し出しサービスをしていました。
「ゲド戦記」を早速借りてみました。

感想は・・・ストーリーの概略はいいのですが、オチがそうくる?といった感じ。
原作を読んだらいろいろわかるんでしょうね~。
読んでみたいです。

DVDはいろんな種類があ
って、時間さえあればもっと観たかったです。
ゲド戦記、後半、4歳児のアンには怖い映像がありました。

-翌朝ー

朝食

(朝食)

朝食は滞在中、無料です。

これはサンダンスリゾートの全てのサービスではなくて、場所によってのようですが、蓼科ではサービスになっているそうです。
ロールパンと食パン、マーガリン、ジャム。
ヨーグルトと缶詰フルーツ、ヨーグルト用ソース、それに飲み物は牛乳、ジュース類、お茶類です。

サラダ類はありませんが、こちらも食べ放題です。

さて、全体の感想。
サンダンスリゾート蓼科は実は有名なエクシブ蓼科のすぐ隣に位置するんです。
エクシブ蓼科には何度か利用していて、こちらはゴージャスな会員制リゾート。正直なところ比べてしまいます。

エクシブは多くは法人会員で、私の利用するときも法人会員で利用しています。
一方でサンダンスリゾートは個人会員が多いんじゃないでしょうか。
会員権は私が思っていたよりずっとお手軽な金額です。

サンダンスリゾートは初期投資がちょっと掛かって軽自動車1台分から。
その後の毎年にかかる費用は本当に少ないのです。
初期投資の金額により、持ちポイントが決まっていて、そのポイントにより利用できる回数などが変わっていきます。

ホテルの場所や宿泊時期によって、消費ポイントが異なります。

海外にも利用できる施設があるのが魅力で、また毎年利用できる施設が増えていっています。

会員になると会員本人以外の人の宿泊もオッケー。小さな事業所の福利厚生にもいいかな。

朝食の時、スタッフが「ニッコウキスゲの見どころ」をチェックしてきました、お時間があったら~へ、とひとテーブルずつ説明に回っていました。こういうサービスはなかなかでした。

なかなか魅力のあるリゾートクラブ会員でしたが、蓼科というのはあまり周辺のレジャーが充実していないんですね。内容の割に入場料などが高い。(と書いたら、蓼科の観光関係の人に怒られちゃうかな。)
だから別荘などで長期滞在する人たちは周辺を散策したり、トレッキングしたり、テニスやの~んびり過ごす系でレジャー施設に行っているとは考えにくいんです。

すると滞在先の施設でどう過ごせるかが結構重要になります。
今回時間的に体験できなかったけれど、サンダンスリゾート蓼科には最近岩盤浴ができて、こういった過ごし方が出来るのも魅力。エクシブ蓼科だとエステやプール、散策、中でもいろいろ楽しめるんですよね。

蓼科の場合、施設の敷地内の充実度が重要になってくるな、と。

サンダンスリゾートの他のところもみてみたかったです。
どうも、いろんな会社の福利厚生施設を買い上げて経営されているようです。ですから事業としてはなかなか面白いというか、よく考えられていると思いますね。
蓼科はプチホテル系だけど、他はまた全然違う雰囲気で高級リゾート系の高層ホテルなどもあります。

会員制リゾートっていうのも面白そうですね。