ママの顔

2007年 ママの顔
(2007年度版 ママの顔byアン)


母の日のプレゼント、幼稚園から持ち帰ったのは「ママの顔」の描画。
アン(年中)は絵はよく描くのですが、カラーボールペンばかり使って描くのでここまで力強く描くことができるなんて驚きでした。(えっと、画像の処理が汚くてごめんなさい。膝の上で暴れる息子がいたので、集中できなかったの。時間があったら貼り直します・・。)
かわいく描いてもらって満足。

というかここまで描けるようになったのか!と驚きました。
だって去年(年少)はコレは顔なんだろうか・・という作品だったのです。ご覧になります??

2006年度版 ママの顔
(2006年度 ママの顔byアン)


小さかったのをアップしたので、画像が荒いんですけど・・・。
すごいでしょ??
丸くカットされているので、顔らしいな・・とようやく判断できるという感じ。

いえ、この時はこんなだけど、普段の方がもう少しマシな感じで描けていたんですが・・・。う~ん。本人、ママを描いたってわかっているのかな?

この画像をみて、「ママ、このときはおかおをあかくぬっちゃって、ごめんなさいね~。」ですって。「このとき、はだいろがみつからなかったのよ。ま、いいね。」この話し方、私のマネでしょうか・・・。はだいろが見つからないってそれは嘘でしょう~~。

アンは3月生まれ。
何でもちゃきちゃきやってしまうどちらかといえばしっかりさんタイプですが、絵については幼いなぁ、というのが私の感想でした。
親ばかにもなれるんですが、職業柄客観的な見方をしようと思えばできるんです。特に離れてみることが出来る描画、製作などはしみじみと母と云うより、教師の目で見ている私がいます。

この幼かった描画力が1年でこんなに育ったか、と。

本来は小さいうちは線で絵を描かせるというより、面で絵を描かせるようにした方が、本人も満足感が高いはずなんです。
そして作品の完成度も高くなります。
筆圧のコントロールもまだ充分ではありませんし。
が、アンはペン類ばかり使いたがりますし、絵より文字ばかり描いています。
私は絵が好きなのでクレヨンを使って絵を描かせたいのですが、滅多に描いてくれません~~。

今回はこうして「描画」で1年の成長を確認したわけですが、こういうわけで1年の成長は全ての面において確認できるわけです。
こんなわけですから、頭でっかちの子どもを育てると云うことではなくて、子どもの興味につながるような直接体験の場や機会を与えたいと思っています。

在職中、よく園長や主任にが実習生に向かっていっていたこと。
「子どもで実験するな。」と。

そうなんです。
子どもにとっては大人の1日とは違うんです。
だから真剣に大切に保育をしなければならない、充分に用意をしてと毎日必死でした。1年目は帰ってくるとお風呂に入るのもだるいくらい疲れきっていましたし、父母会や会議の前は殆ど徹夜でした。
その頃は辛かったけれど、保育者として育ててもらったことを感謝しています。

自分の子どもを育てるにあたっても意識していますし。
が、なかなか思うようにならない部分もあります。仕事ではできていたのに、なんでだろう?って。

それは「怒る」ってこと。
私は先生時代は怒らなかったですよ。
しかってはいましたが。
怒るは自分の感情の垂れ流しなんです。これは子どもには届いていない。伝わっていない。
しかるはその子どもにとっての成長のために必要なことを伝える行為なんです。
「しかると怒ることは違います。」とえらそ~に父母会で話をしていた私。
が、今はしょっちゅう怒っています。
そして日々反省。

この反省が大事なんですよね。
優しいママだけではいられないけど、もうちょっと心を汲んでやれるママにならなきゃね。アンがひとりだちできるまで、ママ業頑張ります。
でも親って、いつまでも子どもは子どもにうつるんでしょうか?
今の私には分からないけど、人を育てていくって何よりかやりがいのあることだと思っています。
子育てを楽しもう。(このブログのコンセプト)
と思って、それを分かち合える仲間を探しています。
でもどっぷり家庭の中で収まっていると、主人の目を通してしか社会が見えなくなりそうだったから、自分でも気をつけて勉強しようと思います。

というわけで、ママの顔を描いてもらって思うところ多々なのでした・・・。

幼稚園&子育てネタを楽しみにしてくださっている方、なかなかネタがなくてごめんなさい。いちおう、ブログを書いていることは周囲の友達には内緒なんです。で、作品もアップしたりすると出処から正体がばれちゃいますので、数年後までお預けかも。

いろいろはっきり書けないのはそういういきさつです。
やはり、周囲にブログを書いていることを伝えてしまって、家の中のことや予定や野望?がわかってしまい、お誘いを断ったり、いろいろ関係が難しくなってブログを閉鎖した、なんて話も聞くことがあるので、私もその辺りを気をつけています。

どうしても個人的に・・と云う方は今後も「問い合わせ」からメールをして頂ければと思います。オッケーです。お問い合わせはハンドルネームで結構ですよ。

いつもご訪問、ありがとうございます。
おかげさまで読んでくださる方も増えているようです。
ちょこっとした感想でもコメント頂けたら素直に喜んじゃいます&励みになります。これってブロガーみんなそうなんでしょうけど。
ではまたよろしく!です。

PICK UP! 

STUDIO'Mの食器とfogのリネンのセット。
共同購入です。
私の今一番欲しい、シンプルなホワイトのスクエアプレート。
和食にも、洋食にも使える気軽さ。
お料理が垢抜けちゃいます。

スクエアプレート、カフェボール、ジャムなどをいれるのに最適なミニスクエア、250ccのガラスジャグ、ブレッドバスケット、それにfogのリネン(柄はアソートです。)がセットです。これってすごくお買い得。1セットで2人分。うちなら2セットです。
数に限りがあるので、気に入ったらお早めにね!


CAFE STYLE SET 共同購入♪ 【GB限定070517】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. アリエルママ より:

    アンちゃんのママの似顔絵お上手ね♪
    まつげがとっても長いわ~
    あおいさんはまつげが長いのかしら?
    怒ると叱るの違い、私もいつも気をつけようとしながら、
    なかなかできません。
    あおいさんもそうなのですか~
    私もそうです。
    感情が先走ってしまいます。
    1人でもこんなになってしまうのに、
    2人だと私はどんななってたのだろう、
    と想像すると恐ろしいです。
    なるべく気をつけるようにしていて、
    シュタイナー教育を知ってから随分マシにはなったと
    思うのですが、それでもなかなか。。。
    周りのママもみんな同じこと言ってますね。
    本当に育児って育自だなと、ひしひし思う毎日。
    子供によって親が育てられるのですね。
    でも、「ゴメン」は必ず言うようにしています。
    感情が先走って、言い過ぎたなと思うときは、
    素直にゴメン。
    でも雛ちゃんはこういうところが悪かったんやで、
    という具合に。
    お互いゴメンで仲直り。
    素直に謝ることが大事かなと思い心がけてますが、
    毎度この調子だといけませんよね~~
    ちょっと改めて気持ちが引き締まり、
    考えさせられる記事でしたよ。

  2. ★アリエルママさん より:

    それが私のまつげは全然長くないのです。むしろ短い方ではないかと思います。主人もレオも長くはないのですが、アンだけはまつげが長いのです。本人もよく指摘されるから意識しているので、まつげを描いちゃうんでしょうね。
    ママをかわいいく描いてくれて嬉しかったです。実物はもっと怖いかおをしているので~(笑)。
    いえいえ、もっといい顔をしていなきゃダメですね。
    レオが生まれてからどうしてもアンに口で指示することが多くて、怒る(しかる?)ことが増えました。やはり余裕がないと、イライラするので時間的な余裕くらいはできるだけ作ろうと、早起きをしていますが、なかなか・・・。
    レオが少し物が分かってきたのでイライラも減ってきてお小言も減ってきました。
    でも「ママの顔」を見て反省はさせられましたねぇ。もっと温かいママにならなきゃって。