スペシャル万華鏡(カレイドスコープ)

万華鏡を覗く

童具館(→過去の記事・憧れの童具館の積木)からの帰り、横浜ベイブリッジ・スカイウォーク(→過去の記事)へ立ち寄りました。そこにはスカイラウンジがあったのですが、そこに置いてあった万華鏡に見せられました。 

こ〜んな立派な万華鏡です。

万華鏡

これが仕掛け、ね!
私が子どもの頃、買って貰った万華鏡とは違い、中にはオイルが入っていますので、ゆっくり仕掛けが動きます。

万華鏡の中身

日本万華鏡博物館にも興味があるのですが、予約制だしごそごそクン(1歳)がいるので、なかなか観に行けないです。でもスーパーエッシャー展(→過去の記事・冬休み2つの美術展へ)も同じ渋谷区だし、こちらの最寄は鶯谷になるかと思いますが、興味のある方如何ですか。世界各地の万華鏡を見ることが出来ます。
私は万華鏡作りもしたいです。こちらの博物館では万華鏡作りも出来るらしいです。¥1000〜で子どもも可能。
私も子どもの頃、万華鏡を作ったことがあります。
細長〜いガラスを3枚、その周りに黒い紙を張って、中にビーズや刻んだモール、カラーセロファンなど好きな物を入れて、紙でフタを閉めます。のぞき穴の部分は透明なセロファンか透明なプラバンを貼ったような気がしますが、それで簡単な万華鏡は出来上がり。
これ、ガラスの扱い(鏡を使えば予算は跳ね上がるけど豪華?)に気をつければ、幼児でも出来るんですよね。
童具館でも「わくわくミラー」
image
というのがありましたが、あれは鏡台の合わせ鏡のような構造で、万華鏡の原理と似ています。
この幾何学的な模様、模様と鏡の関係の不思議さ理解させるには年長さん以上向きかもしれませんが、美しさを楽しむだけならばそれ以下のお子さんでも楽しめるかもしれません。
私はオイル入りの豪華な大人向け?万華鏡を作ってみたいです。
ゴージャスな万華鏡は津川雅彦さんのおもちゃのお店、グランパパでも購入できます。
クリスマスプレゼントにも良さそう・・・。
万華鏡のお薦めのお店万華鏡専門店 マイヤーズ 六本木やうらしま堂にもいろいろあります。
おサルのジョージとトーマスの万華鏡は子ども向けかな。値段も手ごろです。


image

中身の美しさが一番だけど、形の美しさも捨てがたい。大人向けにはオイルタイプがお薦めです。
image

image

日本万華鏡博物館
http://www.mangekyou-club.com/club/bears/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする