ヒルトン アーデンウェスト サクラメント

※今回の記事もまた、ラスベガス旅行の中で立ち寄った場所ですので、カテゴリーはひとまずラスベガス旅行になっています。

サクラメント市内

(サクラメント中心市街付近)

カリフォルニア州のサクラメント市に用事があり立ち寄りました。
市の中心部というより、若干外れ。
いわゆる観光地にしか立ち寄ったことのない私には、ゆったりとした喉かな空気を感じるサクラメントに良い印象を持ちました。

喉か・・・とは言いましたが、これでもサクラメントはカリフォルニア州の州都。
1850年のゴールドラッシュの頃から栄えている、160年の歴史(アメリカの歴史の中では長いのではないでしょうか。)のある土地です。
その後農作物、野菜などの取引が盛んになりました。
半導体や電子機器でも知られた土地です。

サクラメントでの宿泊先は、中心部まで少し距離があるヒルトン アーデンウェストホテル
かなりこぢんまりしていたため、特に外観などは撮影していなかったのですが、木々に囲まれて落ち着いた雰囲気。
イメージ的にはゴルフ場的な感じ。

室内は、

ヒルトンホテル 客室


無難な感じですね。
窓側の見えないところには、ライティングデスクがあります。
清潔感はあり、ベッドの寝心地は申し分ありませんでした。

母とホテルに泊まるときは、毎度私が窓側です。

洗面所

洗面所も小さめですね。
感覚的にヨーロッパのホテルな感じ。

タオルの畳み方が、凝っていてかわいいです。

マッサージバー


アメニティの中に、マッサージバーというものがあったので、お風呂で試してみようと箱から出しましたところ、ちょっとびっくり!!

これ、実は石けんなんですよ~。
よく見たら、箱に内容量・・とか書いてありますね。

コーヒーメーカー


周辺に歩いていかれる範囲では、楽しめるところはなかったので、用事を済ませる以外は、室内でゆっくりしていました。
売店もちょっとしたスナックと、絵はがき、飲み物くらいしか売っていませんし。
ただ、ラウンジなどはきちんとしたものがあります。

珈琲を入れた後に、ハーブティーのティーバッグも用意があることに気付きました。
このコーヒーメーカーの使い方は簡単です。

まず、コンセントを差し込みます。
そして上部の蓋をとると、1人分か2人分かで入れる水のラインが決まっていますから、規定量まで水を入れます。
コーヒーを入れる場合は、コーヒーのパックを開くと丸いティーバッグの様なものがあるので、これをコーヒーメーカーの上部シルバーのラインの下の部分を引き出し、そこにコーヒーパックを差し込み、元に戻します。下にマグなどを置きます。
そして、右にあるスイッチを入れます。
上からお湯が落ちてきますので、自然にコーヒーが入ります。
ティーバッグの場合は引き出し部分は何もいれずに、カップにティーバッグを入れてスイッチです。
使用後は電源を落として終了~。

今回、水着を直前で入れ忘れました・・・・。
ヒルトンホテルにもプールがあったので、時間的に余裕があるなら、プールに行けば良かったです~~。

もっと時間があれば、市内のショッピングモールまで無料のシャトルバスが出ているので買い物にでることが出来ます。

ホテルのロビーや外観等は↓に紹介があります。

ヒルトン サクラメント アーデンウェスト ★★★
http://www.venere.com/ja/hilton-garden-inn/sacramento/hotel-hilton-sacramento/