おばけライト

先日山梨県立科学館でのご報告です。

おばけライト作り


とにかく、甲府で時間を潰さなくてはならなかった私達にとって、この科学館はとても素敵な場所でした。わざわざ来る価値があったわ・・・・。

その日、土曜日だったため、通常子どもの入館料が¥200のところを無料。大人の入館料のみ¥500×2人分かかりました。
館内では、いろいろな体験ができます。大きなシャボン玉の中に入ったり、施設内のもので充分楽しめますが、有料のプログラムを申し込みました。

こちらはクラフト体験です。材料費として¥200(ライト代と考えて良いかと。クラフトの内容により、材料費が異なります。)

対象が幼児~小学校低学年であるため、難しい工作ではありません。

おばけライト作り クラフト体験

工作自体は簡単です。
小さな懐中電灯に紙コップがぴたっとはまるようになっているのですが、この紙コップの口の部分に透明なフィルターを付けます。
そのフィルターに予め、カラー油性ペンで絵を描いておけば、ライトを付けたとき、絵が浮かび上がる仕組みです。

絵はサンプルがあるので、写し絵しているお子さん達もいらっしゃいました。
ひとつひとつスタッフの方が丁寧に説明して下さいますので、簡単に出来上がりました。

レオのおばけライト


出来上がった作品は、暗くした別室で実際にライトを点けてお試しです。
こちらはレオの作品。

アンのおばけライト


こちらはアンの作品。

単純な仕組みですけど、ライトを近づけて絵をくっきりはっきり。遠ざけて、絵を大きく・・なんて無意識に体験するんですよね。

山梨県立科学館
http://www.kagakukan.pref.yamanashi.jp/

暑い時期は公共の施設で涼みながら、体験学習しましょう~~♪


おばけってどうしてこうも人を惹き付けるんでしょう。
本物のおばけはご免ですけど、偽物のおばけは楽しいです。
最近は夏だけでなく、ハロウィンにもおばけグッズは使えますから、怖い演出とやらを考えていきたいものです。