横浜八景島シーパラダイス 後編

最近、あおいのセレクトアイテムの商品リンクもたくさん、貼り替えていますので良かったらご覧下さいませ。 私の欲しいものがたくさんピックアップされており、煩悩の塊のような状態です。


少し間が開いてしまいましたが・・・前編に引き続き、八景島シーパラダイスの後編です。

ふれあいラグーン

(ふれあいラグーンのホエールオーシャン)

アクアミュージアムから、ゆっくり海を眺めながら歩いて5分くらいのところでしょうか。
こちらはふれあいラグーンです。

海の仲間と仲良くなれるふれあいの広場です。

イルカとふれあい


このふれあいラグーンのプールには、バンドウイルカ、白イルカ、小型のクジラなどがいます。

ふれあいラグーンのイルカちゃん

ふれあいにはルールがあります。
無理矢理触るのはバツ。
イルカたちが2枚目の画像のようにプールの際までゆっくり寄ってきた場合は、オッケーなんです。イルカたちもコミュニケーションを楽しむ生き物らしく、こうやってゆっくりやってきて、触らせてくれるんですよ~。

子どもたちも私も撫で撫でさせて貰いました。
何とも形容しがたい感触です。
品質のよいラバーブーツの足先部分にベタベタしないハンドクリームを塗ったような皮膚です。厚みも堅さもそれなりに感じますが、ほ乳類らしい柔らかさをもっています。


イルカちゃん


前編でショーにイルカがでてきましたが、明らかにイルカとジンベイザメでは賢さが違っていました。その大きな差がコミュニケーション能力です。
水槽でただ泳いでいるのを観ているだけでは、大きな魚との違いを感じにくいかもしれませんが、イルカは人間達の様子をみて、「空気を読む」動物だと感じました。

なんだか、表情があるでしょう??
とっても可愛い♪ この笑顔(?)を観ただけでも来た甲斐があるというものです。

ふれあいラグーンのプール


白イルカちゃんも来て欲しいなぁ・・・、
って思っていたんですが、寄ってきてくれませんでした。子どもたちは猫撫で声を出して頑張ったけれどちょっと残念です。

さかなリーフ

こちらはサカナリーフ。

リアルに再現された東京湾の砂地、岩礁、藻場・・ということで、そこに棲む生き物にもふれあえるということなのですが・・・、これだけ子どもが多いと生き物たちの生存が心配・・・。
というか、生き物たちが見あたりません。

でも子どもたち楽しそう。
自由に入れるより、観察などの目的で制限した方がいいのかもしれませんが・・・。
せっかくの施設なのでいろんな使い方ができたらいいですね。

セイウチくん

ヒレアシビーチです。
ここではアザラシ、セイウチ、などの3つのプールがあり、またこの広場では日替わり?でいろいろな動物たちと写真を撮ったり(要整理券)、ふれあうことが出来ます。

整理券を取るような余裕がなくても、動物の登場時間にいけば、このようにタッチすることが可能です。濡れたセイウチの背中は馬の皮膚を濡らしたような感触でした。

関東周辺で海辺に行っても、生きた貝すらたくさん見つけることができません。
大きな海は遊べる砂浜の近くだけではなくて、ずっとずっと深い海もあって、それから寒い海も暑い海もあって、いろんな生き物たちが海の中、または海の周辺で暮らしています。

世界中の海がつながっているので、日本に面している海であっても海は世界中の人や生き物のもの。大切にしていかなくてはならないな、ってことを意識させられた1日でした。

アザラシ


八景島のすぐ傍にコストコ金沢シーサイド店があります。
今、町田の多摩境店が利用できないので、寄って帰るために出口に向かいました。
そこでアザラシちゃんがお見送りしてくれました。

これは本当は水槽と陸地をつなぐチュープ型の通路です。
ここを通るアザラシちゃんの姿がとても可愛いので、皆さん、目が釘付けでした。

アザラシちゃん


上に上がるとこんな感じ。
同じアザラシちゃんではないのかもしれませんけどね。

横浜八景島シーパラダイス
http://www.seaparadise.co.jp/