ロボット製作キット マインドストーム

この記事は公開後1年以上経過しています。
現在は状況が異なる可能性がありますのでご注意ください。

レオがロボット製作をしたいということで、夫が秋葉原の専門ショップを訪れたその後・・の話です。
夫が選んだのはLEGOを使ったロボット製作キット、マインドストーム。


レオとマインドストーム
 

届きました!!
国内でも入手可能なのですが・・、
・・・高い。
めちゃくちゃ高い。

 

 

なので、海外から輸入しました。
輸入っていうと、私も今まで2度ほど取り寄せしたことがあるのですが・・・、
面倒です。

今回は夫が全て手配を・・・、
と思ったら、海外慣れしている私の弟に頼んでいました。

注文から1週間くらいで届きました!


マインドストームの箱

マインドストーム。
レゴの丈夫さが活かされていて、
6歳児が作ったも壊れない。(でも部品は紛失するかも・・・。)
それでいて、いろんなロボットが作れたり、
工夫する余地がたくさんある・・・

大きくなったらプログラミングの勉強にも使える。

そんなところが魅力です。

マインドストーム付属品
 

写真が暗くてすみません。
マインドストームの付属品です。


説明書


作り方の説明書をみて、とりあえず1つめのロボットの製作開始。
日常的にレゴでいろんな乗り物やロボットなどを作っているだけあって、殆ど自力でここまで作ってしまいました。


1号機


ロボット1作目。
基本になる形です。これを元にいろんなロボットを作ることができます。

とりあえず名前はベーシックロボとでも呼びましょう。
ベーシックロボはリモコンを使って走らせることができます。

・・・が、全てのロボットはプログラミングをする必要があるので、基本的なプログラミングの知識が必要です。
しばらくの間は組み立ては主にレオ。
プログラミングは夫。

いろんなロボットを作ることができるのですが、最終的にはオリジナルのロボットでオリジナルの動作ができるようなプログラミングを組めるようにしたい・・・

と夫が言っておりますが、そこまで行くには長い年月がかかりそうです。

展開力のすごさに驚きました。
LEGO、恐るべし。

次の作品も近々upしたいと思います。