これから毎日・・・

アドベントブックです。
12月1日から読み始めて、毎日少しずつ読んでいく本です。
クリスマスが来ることを楽しみに待っている自分を再確認できます。

ちょっとネタバレすると、
1日目は、アドベントカレンダーに因んだ話
2日目は、アドベントクランツに因んだ話
です。

私も子どもと一緒に初めて読み進めているので、今後がとても楽しみです。
いろんな識者の方のお薦めでよく紹介されている本なのですが、絵本ではなく児童書なので・・・、挿絵はありますけど、文がメインです。

父の家からクリスマスの飾りを持ってきていないのですが、家にあるもので少しずつクリスマスらしい装飾をしています。

1日から早速アドベントカレンダーを開いたり、クリスマス献金を始めました。
献金は恵まれない世界中のお友だちが楽しいクリスマスを迎えられるように祈ろうね、という形で捧げています。少しずつへそくって、神さまのご用に使って頂くお金です。

iPhoneから送信

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. Pixiehat より:

    こんにちは(^^)
    うちの娘の園も教会付属のため、今年も
    クリスマス献金のための箱を作ってきました。
    トナカイさんでした(去年はサンタさん)。
    おやつを少し我慢した、弟の世話を良くしたetc.で
    少しずつためています。
    毎週の礼拝の献金は少しなのに比べて、この時だけは
    ずっと額が増えてしまいます。
    下の子がいたずらするのでアドベントカレンダーは
    パスと思ってましたが、アドベントの本なら良いですね。
    (ターシャ・テューダーのは知ってましたが。。)
    クリスマスまで、本を毎日少しずつ読むなんて
    若草物語のようですね〜。
    ツリーは、壁に緑の画用紙を貼って、折り紙などを
    使って飾り付けしようと思ってますが、
    クリスマスまでにぼろぼろでしょうねえ(涙)
    話はそれますが、
    来年うちの夫も「ほぼ日手帳」ユーザーになる
    ことになりました。

  2. あおい より:

    ★Pixiehatさん
    レスが遅くなってごめんなさい。献金箱、持ち帰られたんですね。ちょっとずつ頑張ってその心からの献金を捧げるなんて、本当に子どもってみんな素直で優しい心を持っていますよね。子ども達には世界中のお友だちも、自分たちのように楽しいクリスマスが迎えられるように、祈ろう。そして神さまのお役に立つように献金しようと話をしています。
    本についてですが、本自体の形態はごく普通なのです。でも今日まで読み進めてみてクリスマスのいろんなイベントやら、意味を教えてくれます。ポインセチアの話も出てきました。
    ターシャのはアドベントカレンダー、実は私も持っています。ターシャの「人形たちのクリスマス」も2日くらい前に読んだかな。素敵な話でワクワクするクリスマスですよね。
    若草物語!!私が小学生の頃、一番大好きな本でした!!
    立派な若草物語の本を買って貰って、それこそ背表紙がバラバラになるまで夢中で読みました!!
    確かにPixiehatさんがおっしゃるような感じ!少しずつ読む良さって最近気付いたのですが、心に少しずつ染みこんでいく感じが良いんですよね。
    ご主人様も来年はほぼ日ユーザーですか!!ぜひ、情報交換お願いします。
    今年のほぼ日は使い込んでクタクタですが、私の1年の思い出がいっぱい!来年はもっと使いこなしたいと思っています。