自由学園生活団の通信についてー4treesさまへ

すいせん

(アンが植えた水仙・・もうすぐ咲くかな?)

自由学園。幼児生活団の通信について、先日コメント欄よりご質問がありました。
長文になってしまったので、こちらで再度アップさせて頂きます。

おかげさまでアンは卒園しました!!
この3連休で片付けなくてはならないことがあり、吟味して書いている内容ではありませんので、以下、不十分の点があるかと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。

★4treesさん
遅くなりました。生活団の通信の教材をみながらコメレスさせて頂きます。
これは少し前の教材になりますが、私が在園中と内容が殆ど変わらないので、大きなねらいは変わっていないと思いますが、昨年度より、生活団が週5日制に変わったことで、通信の教材の内容にも見直しがあったかもしれません。この部分についての確認はしておりませんので、ご承知下さいませ。

教材は隔週毎に発送され、1週毎に整理されています。
つまり1回に届く教材で2週分、1週分ずつ教材を開いていく形になります。
参考までに1回目の教材は
(1週目分)
・名札(はげみ表でいろいろなことが出来るようになるとマクドナルドの店員さんのように、達成できた証のシールが付けられるようになっています。「ぶくぶくうがい」など。)
・地図(通信グループのお友だちがどこに、何人いるか地図にしめしています。)
・こいのぼり材料(和紙やツヤ紙)
・こいのぼりの歌の譜
・うたの表紙
・おさなごを発見せよ(小冊子)
・おうちの方へ(プリント)
・二十日大根の畑の用意について(次回までに畑になる場所やプランター、土を用意します。)
・おててでなにができるでしょうの本(プリントされた紙を親が折ってホッチキスし、本にします。)
 
(2週目分)
・おてがみ(プリント。2週目の教材について書かれています。)
・てあらい励み表
・手のシール(はげみ表に使います。)
・てあらいの歌の譜
・てあらいのじゅんじょ(絵のプリント)

2回目の回では
二十日大根の種や立て札が入っていて、家庭で種まきし、育てていきます。
また、てあらいの励み表あります。
また「動物のパンツ履き」のお話のプリントで作る小冊子があります。
毎回、毎回、おうちの方へのプリントでは、同じ通信グループを受講する家庭から学園に届いたお手紙や、その時々の子どもの様子や配慮することなどが書かれています。

3回目の回では
・パンツ履きのはげみ表
・たべものは身体にはいってからどうなるのでしょう(プリント)
・おてあらいひとりはいりのはげみ表など

4回目の回では
つるむらさき、を育てます。粉絵の具をちょっとだけ使ってみます。
・ぶくぶくうがいのはげみ表など

5回目の回では
おうちの方が記入する健康調査票があります。たのしいごはんのお話(プリントを本にするタイプのもの)、幼児の4回食について、たいかくけんさの表、「どうぶつむらのたいかくけんさ」の絵本(別送)など。

という感じで、各回2週分ずつの構成で1年で24回届きます。
てぬぐいしぼり、顔拭き、冷水摩擦、お昼寝、靴履き、がらがらうがい、おもちゃかたづけ、ひとりね、クロッカスを育てる、ひとりで着替える、下着の着方、 ブラウスの着方、スカートやズボンの履き方、ことりの飼い方、食事のはげみ表、靴下の履き方、手袋の羽目方、帽子のかぶり方、あたたかくなる体操、天使の おはなし、クリスマスの話、クリスマスカレンダー、生活団双六、やぶれバケツ(私の記事でちょこっとでてきます。詳しくはそちらを)、こま作り、歯磨き、 ぱっと起き、洋服のたたみ方、夜と朝のお支度、(ひなまつり)お人形を作る、はなをかむ・・・など。
とてもご紹介しきれませんが、基本的な生活習慣を身につけさせることを徹底させています。
その為のプリントで作るミニ冊子、歌、はげみ表などが中心で、その他、製作、植物のお世話があり、この4歳コース(一般でいう、年少クラス)を終えないと、5歳コース(年中)には進めません。

はげみ表は、子どもが本当に出来ているかを確認しなくてはなりませんから、子どもを丁寧に観ていく必要がありますよね。下のお子さんがいる方はなかなか難しいのですが、上のお子さんは随分大きいので、後はおうちの方の頑張りでやり遂げることは可能だとは思います。
それぞれの回では、どこまで達成しているか学園に返信するようになっています。夏には学園で集まりもありますよ~。

また、自由学園におうちの方が通っていなくても、大丈夫です。
毎回毎回「おうちのかたへ」というプリントがありますし、丁寧に教材の使い方は説明されています。分からなくて着手できない・・ということはないと思います。
私も通える範囲だったら、絶対に通わせたかったと思い続けているんです。こんなにミーハーな記事を書いている私でも、ですよ。そして叶うなら自分がもう一度通いたいくらい。
生活団では子どもだからという内容の妥協はありませんでした。製作でも遠足でもいろんな場面でその道のスペシャリストが出てきました。
そして、いろんな教材や素材を使うことができました。
実際に学園に通うのとは出来ること、出来ないことの差はありますが、出来ることは教材の中でも惜しみなく、生活団のスタイルを伝えていると思います。
後は情熱かな・・・・。

大人の通信教育でも続けるのはなかなか大変なのと同じで、日々それなりに忙しい中で時間をとって続けるにはやはりそれ相当の情熱が必要かと思います。
素晴らしいと思っているので、理解して下さる方が増えるのはとても嬉しいです。私は今年、去年できなかった部分から先を頑張ろうと思っています。

コメント

  1. 4trees より:

    あおいさん、お忙しい中とても詳しくご説明頂き、本当にありがとうございます。子供達には何よりも生活が大切だと思っておりますので、やはり基本的な生活習慣を身に付けさせるという考えは素晴らしいと思います。これが出来そうで出来ないものなんですよね~。教材も親が手をかけて作るというのも素敵です。通信教材には子供達が喜びそうなキャラクター物もありますが、幼児生活団のものは、あたたかさが感じられます。是非子供と通信グループに参加させて頂きたいと思いました。大変かとは思いますが、幼児生活団を知ったのも何か意味があるのでしょう。頑張って励んでいけたらなぁ~と思います。また何かありましたらご相談させて頂くかもしれませんが、どうぞよろしくお願い致します。この度は本当にご丁寧にありがとうございました。

  2. あおい より:

    ★4treesさん
    最近の子ども向け家庭教育教材に比べたら、華やかさには欠けると思いますが、手作りの温かな教材ですよー。丁寧にお子さんをみる良いきっかけになると思います。
    幼児生活団では通園バッグやピアノのレッスンリュック、水筒用バッグ、帽子なども指定の元に全て手作りでした。給食も親の当番制の手作り。ですから親の負担は大きかったと思います。
    当時はそれが当たり前だったのですが、いかに自分が手を掛けて貰って、大事に育てられたか分かる気がします。人間形成の根っこの時期に、良いものにたくさん、触れさせて貰ったこと。私はいわゆる世でいう成功者ではないのですが、それでも幸福感をもって過ごせることを誇りに思います。
    それから、次年度のコースですが、たぶん、ひまわりを育て、観察日記をすることになると思いますが、これは非常に記憶に残っています。
    紙テープでひまわりの高さを測ったり、一番大きなひまわりの種を数えて、100コずつ袋詰めしたり、観察日記でも絵を子どもが描き、親が子どもの言葉をききとり書くのです。
    手はかかりますよね。だけど、今の私の多方面での興味に繋がっていると思うのです。
    生活団は例え通信でもやはり親の手が掛かります。普通の幼稚園に在園させるのとはちょっと違うと思います。だから、上のお子さんがヤキモチを妬いてしまうことがあるんですって。でも4treesさんの上のお子さん達はいろんなことが分かる年齢なので、親の立場のような保護者的な感じで、一緒に参加できたらそれも良いかと思います。
    私は生活団の記憶がずっと心に残っていて幼児教育の現場を目指しました。今は引退しちゃっていますけど、ブログを通して子育てを楽しもう~、と広めている「つもり」です。
    生活団の通信を初めて、何か感想を持たれたらまた是非、訪問して頂いてコメントを残して頂けたら、すごく嬉しいです。

  3. みるく より:

    お久しぶりです、みるくです
    いつもあおいさんのブログを楽しみに拝見しています
    今回、自由学園幼児生活団通信グループについての日記があり、興味深く読ませていただきました。
    わたしは(以前もお伝えしましたが)自由学園卒業生です。初等部(小学校)からの入学でしたが、生活団と接することもあるので、学校の方針や校風とかはよくわかっているつもりです。
    そして、長女は今春から初等部へ、次女は今年度1年間通信グループに参加していました。
    4月からは5歳組コースにも参加します。
    内容はあおいさんのおっしゃるとおり、親子で手作りのもが多くあります。
    我が家も幼稚園に通いながらの受講なので、2週間に1回のペースでも追いつかなくなってしましました。
    しかも娘はマイペースな子なので、どんどん励む事がたまってしまいましたが、遅れてでも頑張って励むうちに色んなことが身についてきたと思います。
    なかなか親子で一緒に何かを造り上げるって難しいですが、教材を通して大人も一緒に学ぶことが多くありました。
    通信グループは大変ですが、大変なことを子供が励むとき、どうやったら頑張って励めるか。一番身近な母親が真剣に考えて・接して・一緒に励んでいく。。。
    とっても充実していたとおもいます。
    3月も後半になった今、実はまだ手付かずのものが何個かあります。。。。ちょっと焦ってますが、焦らず少しずつ、最後まで頑張っていきたいなーって思ってます。
    自由学園は「生活が教育」という考えをもっています。日常の生活を大切にし、生活から学んでいくことを本当に大切にしています。
    簡単そうで、それがいちばん難しいのかもしれませんね。
    4treesさん、4月からスタートですね!
    一緒にがんばりましょうね☆

  4. あおい より:

    ★みるくさん
    訪問して下さっていたのですね!嬉しいです!!
    ミーハー記事が多くてすみません。みるくさんのお嬢さん、初等部と通信にそれぞれいらっしゃるのですね!生活団は親も、一緒に成長できるところですよね。ただ、やはり幼稚園に通いながらは大変・・・。今年下の子が近隣の幼稚園の年少あがります。そこで去年やり損ねた通信を再スタートさせようと思っているのですが、どこまで頑張れるか・・・・。
    幼稚園の方で、私が役についてしまったり、また娘の習い事の送り迎えなどで充分に時間が取れないかも・・・と思いつつも、生活団のものに触れさせたいという思いは変わりません。
    生活が教育か・・・、そうですね。身の回りのことがきちんとしていないと、例えば家も身なりもぐちゃぐちゃだと頭の中も整理されないですよね。私は生活の基本がしっかり身についているとはとてもいえませんが、自分の形振りも見直すチャンスかもしれません。
    4treesさんへのメッセージ、ありがとうございました!こうして情報交換等できたら嬉しいですよね。
    初等部の様子、良かったらまた教えて下さい。憧れの自由学園です!

  5. みるく より:

    あおいさん!
    ミーハーな記事が多いだなんて言わないでくださーい。
    わたしも充分ミーハーです。。。
    自由学園はとっても素敵な学園だと思いますが、やはり自分の好きなことは好き。
    あおいさんの日記は、驚くほど私の興味のあることばかりなんですよ☆
    日記を参考にさせてもらったこと、実はいっぱいあるんです!
    なので、これからも、雑貨やグルメやオシャレのこととっても楽しみにしていますね!
    アンちゃんももうすぐ入学式ですね。お互い準備に忙しい日々ですが、楽しんで春を迎えましょーね!

  6. 4trees より:

    あおいさん、みるくさん、本当に素敵なアドバイスをありがとうございました。早速入団の申し込みをして参りました。4月からが楽しみです。
    あおいさんが、「長女には保護者的な立場で一緒に参加できれば・・・」とおしゃっていて、なるほど~って思いました。実は、この長女こそ生活団に入れてあげたかった。当時は生活団の存在すら知らず、長女&長い間一人っ子という事で手をかけすぎてしまい生活力に欠ける部分があるようです。もちろん年齢も年齢ですから一人で自分のことは出来ますが、やはり私達大人に頼る部分が多いような気がします。例えば物が見当たらない時でも一応はざっと自分でも探すのですが、私に「〇〇知らない?」と探してと言わんばかりに言ってきますし、お手伝いも言わないとやらない等など、生活の中で自分で考えて行動するという事が欠けているような気がします。ですので、次女と共に出来ればとは思っていたものの中学生では嫌がるでしょうからどうしようかと考えておりました。あおいさんのおっしゃるように、私達大人と同じような立場に立って参加させてあげれば彼女も嫌な顔はしないでしょう。幸いな事に彼女の今の夢は「保育園・幼稚園の先生or小学校の先生」ですので、楽しくやってくれるような気がします。本当にありがとうございました。ホッとしました。
    みるくさん、はじめまして4treesです。自由学園の卒業生でいらっしゃるんですね。お子さんも通われているという事で、羨ましい限りです。「生活が教育」、これって素敵ですよね。本当にその通りだと思います。簡単そうでこれがおっしゃるように難しいんですよね~。でも心から私もそう思うので、4月から頑張っていきたいと思います。あおいさんもおっしゃっていたように、また初等部の様子等、教えて頂けると嬉しいです。HPとかお持ちでしたら、お邪魔させて頂きたいので、教えていただけたらと思います。
    では、また色々と教えて下さいね。遊びにきます。

  7. あおい より:

    ★みるくさん
    お返事、遅くなりすみません!!
    ミーハー記事でも喜んで頂けるなら嬉しいです~。学園の素晴らしさは根っこに多少残っていると思っていたい私です。
    こういうコメント頂けるとほんと、書く気持ちがUp!します。実際はかなり忙しくて書きたいことが山になって崩れていきそうなくらいなのですが、今後もよろしくお願いします。
    今年はアンの入学、レオの入園が控えています。アンの小学校とレオの幼稚園の時間は思いっきりスライドでずれているので、親が大変な4月を迎えそうです。
    でも、ふたりとも新しい生活をとても楽しみにしているようなので、そんな子どもの嬉しそうな顔からまた元気を貰っています。
    みるくさんも良い春休みを!!

  8. あおい より:

    ★4treesさん
    申込みされたんですね!教材が届くの、本当に楽しみですね。
    上のお嬢さん、「保育園・幼稚園の先生or小学校の先生」ですか!!小学校の先生のことはよく分からないけれど、幼稚園の先生というのはとても大変。でもとてもやりがいのある仕事です。担任レベルでできる仕事は園の方針によって変わりますけどね。
    きっと良いお手伝いをしてくれますよ~!楽しみですね~。
    私も本当に通い続けたかった。働いていた幼稚園も素晴らしかったし、今アンが通っている園も素敵です。ですが、やはり一番といったら、自由学園なんです。
    私は通った期間が短いので、自由学園のネタはさほどお届けできません。だけれど、元幼稚園教諭としての視点でのお話はまた出来るかと思います。
    最初はまじめ~なブログだったのですが、段々、レジャーとかグルメ、買い物なんてネタが多くなってしまいこちらがメインになってしまいました。
    それでもまた是非遊びに来て下さったらとても嬉しいです。
    ぜひ、機会がありましたら、通信の教材の感想を頂けたら・・と思います。
    みるくさんともぜひ、お話ししてみて下さいね!!

  9. Mako より:

    幼児生活団通信グループ4歳組に在籍しているMakoと申します。内容はとてもよかったのですが、1歳の下の子の世話でバタバタして、取り組めなかった励み表、植物は毎回うまく育てられず、などで、5歳組を続けるか検討して、具体的にはどんな内容なのだろう?と調べているうちにたどり着きました。
    読んでいるうちに、紹介されている本が私も愛読書だったり、とても共感できる参考になる!!と、感動しています。
    お忙しいとは思いますが、もしよかったら5歳組通信の内容を教えていただけたらうれしいです。取り組んだり励んだりするキーワード、例えば「冷水摩擦」「ぶくぶくうがい」など、知りたいです。よろしくお願いします。

  10. あおい より:

    ★Makoさま
    返信が大変おそくなり失礼しました。通信グループの教材、私も手元にあるのですが自宅でこれを取り組むのはなかなか大変ですよね。私も自分が通っていただけに内容は掴めるものの、結局やりきることが出来ませんでした。手持ちの通信グループの教材はやはりやり切ることが出来なかった友人からの頂き物でした。5歳の教材の方は持っていないので、申し訳ありません。詳しい内容はわからないのですが、たぶん・・・、ひまわりを育てて観察日記をつけたり、種を100ずつ小分けしながら数えたり、ひまわりの高さを紙テープで測ったり・・などするんじゃないでしょうか?
    在籍していた頃と内容は殆ど変わっていないと思いますが、ブログテーマで取り上げるほどの中身を書けるかどうか微妙でして・・・。
    冷水摩擦は音楽に合わせて動作が決まっています。「れいすいまさ~つ♪1,2,3,4、1,2,3~。じょ~ぶ~なこども~~」といまだに歌えるくらい頭に染み付いています。無理やりやらせるようなことはありませんでした。冬場は寒いので体調が悪いなどと言って、さぼったりしていました。当然励み表はシールが貼れませんけど。
    冷水摩擦はタオル?に水を浸らせて絞る必要がありますから、5歳で雑巾絞りの励み表もありました。
    雑巾の絞り方、それのチェックもして、大雨、小雨、お天気(晴れ)シールなどを貼っていたと記憶しています。
    引っ越しして資料が少し分散しています。十分な情報をお伝えできず申し訳ありません。
    うがいはぶくぶくうがいとがらがらうがい2種。一般的なうがいはぶくぶく。がらがらは扁桃腺を洗うようなうがい方法です。これも親や保育者がチェックを行っていたと思います。励み表のないときでも毎日お世話になっていたことですので、これといってお伝えできるものはないのですが、子どもにわかりやすいネーミングで基本的な生活習慣を身につけさせていたと思います。励み表にはぶくぶくうがいが出来たときには消しゴムにコップマークを彫って作った(親の自作)スタンプを押していたと思います。手の形のスタンプも持っていたと思いますので、こちらは手洗いの励み表に使われていたと思います。
    5歳の教材でたぶん、他にでてくるものは、「にこにこばけつ、とやぶればけつ」。これについてはオールマイティーで、出来ていることに対してはにこにこバケツが置かれます。やりっぱなし、片付けていないなどは、やぶればけつが置かれます。
    子ども達が見ていないときにやぶればけつもにこにこばけつも置かれます。たとえば、5歳ではお昼寝のあとに布団をたたみしまいますがこれが出来ていないとやぶればけつが出ます。家でも同じ取り組みがあります。パジャマを脱いでたたんでいないと・・・、おもちゃを片付けていないのとやぶれバケツがでました。
    生活団は子どもにとってはとても楽しい場所でした。ですが、お母さまは大変です。それは間違いないと思いますが、基本的なことを丁寧に取り組む姿勢は今とても必要とされていることではないかと思います。
    私は中途半端な時期に退団してしまったので、たくさん身につけずに終わってしまいました。でも生活団で体験した数々の感覚が今の自分を創っていることに誇りを持っています。
    下のお子さんが1歳では本当に大変だと思います。すべてをひとりでやろうとしないで、やれる部分だけでも取り組まれたら・・と思います。

  11. Mako より:

    お忙しい中、アドバイスをありがとうございます。子どもにとって楽しくて良い場所、お母さんにとっては大変な場所、というのは、今幼稚園に通っている子どもと私の状態にもあてはまるので、なるほどと納得できます。
    あおいさんの子育てや教育に関する記事、とても温かくて元気が出ます。ありがとうございました。

  12. あおい より:

    ★Makoさん
    返信ありがとうございます。私も子ども達、出来ることなら生活団に入れたかったのですが遠方なので難しく・・・、それなりに考えてそれぞれの幼稚園を選びました。やはり母親は大変な幼稚園でしたが、それだけに学べるところも多くて、自分も成長できたと・・・思っています。濃いママ同士の関係は面倒なときもあるかもしれませんが、一生の友も出来るチャンスだったと思っています。
    色々ブログで書いていても、私も体力的に精神的に足りないことも多くて不十分を感じることたびたびです。それでも少しでも楽しんで頂けたら本当に嬉しいです。
    4月・・またそれぞれ学年が上がりますが、新学年、お互いよい展開ができることを期待しましょう!!