健康住宅の家を訪問(1日目)

連休中に従姉の家に遊びに行きました。
こちらは100%、山梨県産の木材を使った贅沢な作りの家。健康住宅で注文建築した、オーダーメイドの家です。

健康住宅1

(親戚の子どもたちが集まりました。)

普段から安全で快適な生活を目指している従姉がコープ山梨ちらしでこちらを知って家を建てて半年。
できたてほやほやの頃にも遊びに行っています(前回の記事>>こちら)が、今回はお泊まりに行きました。
新建材など使わず、できる限り自然なものを使っているそうで、木をふんだんに使っている印象です。
ホルムアルデヒドなども1パーセント以下とか聞いたような。
照明も和紙製。
カーテンはオーガニックコットンだったかな。八王子のお店でオーダーしたとか。
プラグカバーも木製・・・。

私も木目に惹かれる人なので、それはそれは魅力的でした。
実際にはマンション住まい。たぶん、新建材だらけの中で暮らしています。鈍感なので私は何も感じることは無いけれど、それでもこの家の中の空気は澄んでいる気がしました。
私はリアリストなので、あんまりそういった感覚を覚えることは無いはずなのに・・・。

台所

白いタイルと白いシンクの台所。
私たちからのお土産はやっぱり・・・・。ドーナツプラントのドーナツでした。 

ドーナツ1

(左側2つの小さなドーナツが海老名SA限定ドーナツ。右側の奥がラズベリー。)

ドーナツ2

(奥がカシス。)

ドーナツプランのドーナツってことで。(ドーナツプラントについての過去記事>>こちら
今回のお土産ドーナツは単品をチョイス。
大きいサイズのドーナツはもっちりとした感じのパンに近い感じのドーナツ。小さいサイズが普通のドーナツ生地という感じです。

和気藹々


みんなで食べるおやつ!
親戚のひとりがスイートポテトを作ってきてくれました。こちらは優しい甘さでとても美味しかったです。

私の親戚の家は薪ストーブの利用者が多く、この家でも薪ストーブを使っています。
この家の暖房はこの薪ストーブだけなのですが、これで家中が温まってしまうんです。

薪ストーブ 薪ストーブの火

薪を手に入れたり、鉈で割ったり、薪小屋も必要だったりと手がかかりますが、薪ストーブの上で2次利用もできるし、気分もぽかぽか。
ちょっと羨ましいスローな生活。

こちらでダシを取っていました。
夕食はみんなで海鮮鍋!!
(私が肉が苦手なので、海鮮類でまとめてくれたんだと思います。ありがとう。)
白菜や葱など、家庭菜園から調達されたものがたくさんありました。

食後、子どもたちは張り切って遊びます。

大演奏会

以前の記事でもご紹介した、pearlのキッズ用ドラムセットはリビングの一角にあり、去年のクリスマスプレゼントだそうです。
こちらのパパさんはアマチュアバンドをしていてドラムが上手なんです。
子どもたちの大演奏会です。

ロフト

2階、子ども部屋のロフト。

2階 2階の様子

開放感あふれる2階は子ども部屋がメイン。
上から吊しているのはハンモックです。
こちらは北杜市のハンモック専門店で買ったものだと聞いています。

雪が降ってきた

この日、東京では初雪が降ったとか。
この家にも2階から初雪が降りました

コメント

  1. つるかわ住人 より:

    これは、すごいですね。
    見た感じ、日本家屋ではないようですね。スウェーデンハウス?2×4って感じですかね。
    まさに、山小屋の生活のようです。

  2. ★つるかわ住人さん より:

    もしや、その方面の方ですか?窓はスウェーデンハウスのものです。でも2×4ではないみたいです。螺旋階段も最初はアイアンを考えていたそうですが、木で造ることになり、職人さんがその場で計算しながら作っていったそうで、1日に1段ずつしか作れなかったそうです。
    主人や子どもがアレルギー持ちなので、健康的な住まいに憧れます。
    ワックスなどもドイツのAURO社の無害なものを使っているそうです。
    子どもたちはロフトがお気に入りのようです。
    娘もロフトが欲しいと言われていますが、我が家はマンション住まいでとてもかなえてやれそうにありません。