ニッコウキスゲを探しに

蓼科1泊のネタ、(たぶん)ラストです。
続いていてすみません。

蓼科で一番観たかったもの、それはニッコウキスゲでした。
花を見るというのは、お出掛けの一つのテーマです。
でも、ニッコウキスゲは既に見頃は過ぎ、しかも今年は鹿の被害に遭って散々だと言うのです。

ニッコウキスゲを探しに
(ニッコウキスゲを探しに・・)

ニッコウキスゲの本来観られるという霧ヶ峰の富士見台ではニッコウキスゲは僅かな上、見頃を過ぎちゃっています。

見頃を過ぎた感のニッコウキスゲ

美しいニッコウキスゲを観ることはできないんでしょうか。

霧ヶ峰 富士見台

私たちが最初に訪れたのは、こちらのお店のある霧ヶ峰の富士見台
こちらも本来ニッコウキスゲの美しい場所の筈ですが、鹿の被害もあって1枚目の画像のような状態。

このお店の奥はお食事どころになっていて、手頃なお値段でお食事ができます。ご主人がお水をすすめて下さったので、食事はしなかったのですがお食事処から外の眺めを撮影させて頂きました。

こちらガラス部分が大きく、眺めがとてもいいんです。

お店からの眺め

(お店のお食事処からの眺め)

こ~んな青々としたきれいな山々をみることができるのです。
お食事するのもいいかも。食べた直後だったので、さすがに注文しませんでしたが。
でも申し訳ないので、お店の入り口で五平餅¥300を買って食べました。

ニッコウキスゲの山を散策

(散策路)


お店のすぐ上の散策路を歩きます。
ニッコウキスゲはちらちらとしか見あたりません。

でも高原の草花が美しい。

高原の花1

高原の花4

ごつめのレースフラワーのようなお花。ちょっと見頃を過ぎています。

高原の花2

薄紫のベル状の花。
高原の花3

アザミは平地にもありますが、たくさん見かけました。背が高く大きめのアザミなので高原に咲く種類かも知れません。

アスチルベ?

花が開ききっていますが、白のアスチルベかと思います。
切り花でも花屋さんでピンクなどをよく見かけます。また、北杜市の父の家の裏にもあり、比較的育てやすいかと思われます。

お土産物屋さんのご主人に聞いたところ、この先500mほどのところにもニッコウキスゲが咲いているとのこと、そちらも行ってみることにしました。

ニッコウキスゲいっぱい!!

わぉ~。
こちらはたくさん、咲いているじゃないの~!!!

一面のニッコウキスゲ
風が吹く~

この日、風がかなりありまして、撮影はしにくかったですが、ニッコウキスゲをたくさん観られて満足です。求めれば得られる?

1本だけでみると花の大きさの割に地味なのですが、一面に咲いていると輝いているお日様色の植物なんです。

最初の場所(霧ヶ峰の富士見台)



次の場所ニッコウキスゲ見どころ)



コメント

  1. ★yo7678200さん より:

    幻想的なラベンダー畑ですね!!
    美しい~!人を避けてとか、まだ十分に見頃とはいえないなんて、信じられません。高原って感じの背景は森の中で見つけたような雰囲気が漂っていて、神秘的ですらありました。行きたいです!!
    これからが見頃なんて興味をとてもそそりますが、なんと今主人の実家に帰省中(寄生中ともいいます。)山口県にいるんです。今年は観られないかも・・・。
    でも玉原高原・・名前チェック、メモメモ・・です。
    ところでバラクラ行かれたんですね。
    私も蓼科で行きたかったんですが、パンフを見ると7月~8月は、ガーデンニング講座か何かがメインになっていて、花の見どころが書かれていなかったんです。これは花は内のかな、と思いボツになりました。
    バラがいっぱいの景色、みたいですよね。
    過去記事では日本一長いバラの回廊として山梨県北杜市の「ハイジ村」を紹介しています。今年は東京都三鷹市の神代植物園も記事にしましたが、こちらはバラの花が低い位置にあるので、今ひとつ撮影しにくかったです。
    ラベンダーは昨年の記事で河口湖フラワーフェスティバルについて書いているんですが、去年の花の付きはいまひとつだったようです。でも湖をバックにラベンダー畑は撮りようによっては非常にステキだと思います。私には技術がないのが残念!です。その近くのUKAIオルゴールの森にも特別多くはないのですが、オールドローズ中心のバラ園があり、なかなかステキでした。
    コメント、ありがとうございます!!
    私も花が大好きです。
    花の見頃チェックはあちこちで調べますし、手帳にもメモしています。実際に回れるのは僅かなんですが、花のきれいな場所にいくと幸せな気分に浸れます。