私のバレエの衣装

・・・いきなりセンセーショナルなタイトル・・。
と私のブログのリピーターさんなら思って下さったことでしょう。

あおいさんったら、いつの間にバレエを始めたんだろ・・・。

いえいえ・・・。

それは子どもの頃の話であります・・・。

しかも極僅か・・・3~5歳までの短い期間のこと・・。
今日は当時のバレエの衣装を披露・・・。笑わないように!!

レオタード姿

(北杜市の父の隠居先にて・・)

とりあえず、昨夏私の習っていた頃と同じ年頃になったアンに、私が子どもの頃に着ていたレッスン着のレオタードを着てもらいました。

続きにて発表会の衣装も披露!!

バレエの発表会の衣装

(宇宙をイメージ?)

バレエの発表会の衣装のひとつです。
どんな踊りを踊ったかはご想像にお任せします。・・ブーツが片方見つからない!!

バレエの発表会の衣装 2

(うさぎの衣装)


こちらも発表会の衣装です。うさぎに変身しています。

これらはバレエ教室の指示の元、プリントや生地が渡されて、それぞれの親が作ったそうです。つまり・・これらは私の母のハンドメイドなのでした。
私にはそう歳の離れていない弟がいますから、よく作ったなぁと感心します。
行方不明だけどまだ発表会の衣装は数点取ってある筈。

今時もバレエを子どもに習わせたら、衣装は親が作るんでしょうか?
mihoさん、もし読んで下さったらその辺り教えて下さい。

もう気付かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、私が習っていたと云うバレエはモダンバレエというジャンル。一般的になじみがあるのはクラシックですよね。
今の私はクラシックバレエに興味アリです。

1年目のバレエの発表会ではあまりに濃いと思われる舞台メイクが怖くて、大泣きでメイクを拒否!!

した覚えがあります。「おばけ」に変身するように見えたんだもん・・・。

今なら濃いメイクも余裕です。(うそ)

メイク下手です。(と、指摘されています。母や主人に・・・。)
もう、自分の顔の限界が分かっているので、研究しようと云う意欲に欠けるんですよね。ただ、紫外線が怖くてシミになるのは嫌なので毎朝必ずメイクです。
それにすっぴんではとても外に出る勇気がない・・・・。

以前幼稚園に勤めていましたから、今までに必要以上に日差しを浴びちゃっていますもん。今の老化はあの頃に出来たものかしら?? ふぅ~。

以上、美しさ・・というより笑える衣装の披露になってしまったかなぁ・・。 

PICK UP!
昔は日光浴が奨励されていましたが、母子手帳でも今は外気浴と云う言葉に改められ、子どもといえど、紫外線は敵!といわれる時代になりました。
これからの時期、帽子は必需品。

こちらのfogのキッズ用のリネンの帽子はシンプルで気になった帽子のひとつ。サン・アルシデのラフィアのキッズの帽子は素敵だけれど、子ども用に買うにはお高いっ!!それに1日で売り切れちゃったし。

こちらは手ごろです。
それにこの色&デザインなら男女どちらでもオッケーですよね。

この帽子、何軒かお取り扱いショップもありますが、こちらの写真からリンクされているショップはメール便に対応していて、しかも一番安いんです。
買うならこちらのショップから♪って感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. ドラ衛門 より:

    レオタードがピンクレディーのUFOの時の衣装かと思いました。我が家の娘も好きそうな衣装ですね。
    ところで「TB」がトラックバックというものは理解出来ましたが、その「トラックバック」って何ですか?
    以前からあるのは知ってましたが、何だか良く判りません。教えて下さい。
    本当にあおいさんには質問や要望ばかりでスイマセン。
    今度ブドウをプレゼントします。

  2. ★ドラ衛門さん より:

    TBについては説明に伺いますね~。
    ピンクレディーのUFOかぁ。
    懐かしい~ですね~。こんな感じだったんですか?曲はなんとなく覚えているんですが、衣装まではしらないんですよね。
    たぶん、うちの主人辺りだと歌えるのかもしれないけど・・・(未確認)。

  3. miho より:

    かわいいですね~~☆
    いまだにきちんととってあるなんて物持ちがいいですね~~素晴らしい!!
    衣装ですが、お教室によりますが私が通っていた教室ではクラシックの作品に関しては殆どが貸し衣装でしたね~。でも、たとえばこういったクラシックではないものに関してはママたちの手作りか、または教室サイドで手作りするという形ですかね~☆
    クラシックチュチュのオーダーメイドは結構なお値段がかかるのですが、ここ最近は私はただで作ってもらっていたのです♪
    自分の雰囲気にあったものだったりでかなり感激でした☆★チュチュやティアラ、本当にいくつになっても可愛いですよね~~
    そのうちブログでも公開しちゃおうかな(笑)
    でも、私はいわゆるがりがりで長身のバレリーナ体型では全然ないんです。私の好みは優しい感じのバレリーナですね。ちょっと頬がふっくらしてるような。バレエの世界にいるとダイエットはつき物ですが私はがりがりのダンサーはあまり好みではないんですよね~。
    ちなみに私は身長も150cmとかなり小柄です★
    そのうちブログで公開なんぞしちゃいますかね。(笑)

  4. ★mihoさん より:

    なるほど~。
    クラッシックの衣装ならレンタルできそうですよね。それを作ってもらっているなんて!!それは衣装だけでときめいちゃいますね☆
    普通の服でもオーダーメイドってなかなか・・、それがバレエの衣装なんだからすご!
    衣装に憧れてバレエを始めるお子さんも多そうですよね。ぜひ、ブログにアップ!!期待します。
    バレエダンサーなら細くても構わないと思いますが、私もガリガリ~は好みじゃないんですよね。まぁ、ガリガリになろうとしても無理なんですが。
    mihoさん、150cm?
    分かりました。そのくらいの若い女性を見かけたら声を掛けますね~。
    モダンバレエの衣装、笑えました?
    物持ちがいいでしょ~。でもどこに保管したか見つけるまでが大変なんです。いま過去の産物を整理し始めましたが・・。

  5. miho より:

    若くもないんですよ~hahahaha
    ただ、いつも身体を動かしてきたせいか、20歳の頃から日焼けに注意してたせいか・・・・(美容の秘密兵器ももっているので)
    いつもー5歳くらいにみられて若いことになってますが・・・実はいまの会社では実年齢公開してません(笑)同期だけに年齢言ったらびっくりされちゃいました。
    そんなこんなでイタリアの若者になんて18とか20歳とか言われてました。本当にずうずうしく実年齢を言うのがいつも痛い。
    そんなこんなで実はaoiさんともそう変わらないのでは・・?と思うこのごろです。友達にもぼちぼち子どもが出来始めましたし。それでも最近は結婚も出産も遅いですよね。
    私は20歳の頃から年齢不詳のお姉さんたちに憧れてました♪
    いくつになってもエネルギーあふれる女性でいたいですね。
    黒木瞳さんとかもバレエのドラマに出てましたが年齢を感じさせないかわいらしさ。あ~ゆうの好きです。
    若作りは見てて痛いですけどね(^^;)可愛いおばちゃんになるのが目標です♪

  6. ★mihoさん より:

    若く見えるなんて羨ましいかぎりです。
    すごく羨ましい。
    私は子どもの頃から、歳より上に見られる方だったんです。大人っぽいといえば聞こえはいいけど、たぶん老け顔。
    自分ではようやく歳相応になってきたと思っていますが、どうだろう?まだ老け顔だったら嫌だなぁ。若く見えるようにしたいけど、若作りが痛いことも分かっているのでこの連休前半で子どもがいない頃の服はだいぶ処分しました~。
    子どもがいるから仕方ないや的な開き直りもありますが、おばチャン化し過ぎないように気をつけたいと思います。
    私は「あなたと同じ歳よ~。」と言ったら「それは違うと思う・・。」と言われたことがあります。生まれた年をいったら「え、嘘・・、ごめん~。」って。
    しゃべらせるとそれなりに年相応なハズなんですけどね・・・。