正月の浅草へ

お正月気分を味わいに浅草へ行くことにしました。

渋谷駅までは車。(従姉の駐車場を借りた為)渋谷から銀座線で始発〜終点です。

乗り降りが楽なメトロ1日乗り放題チケットを大人¥710で購入。券売機で購入できます。

渋谷といえば、西口のハチ公前。元旦の朝はさすがに人も少なく、思わず家族で記念写真などを撮ってしまいました。普段は人ごみに紛れて、存在感が薄いハチ公ちゃんです。

ハチ公前

雷門

浅草と言えば、雷門

ここから仲見世どおりに入りたかったのですが、三社祭りとお正月。と言われるくらいの賑わいで、全く進まない参拝客の列に並ぶ気力がなくふらふらと移動します。いいや、初詣、空いた頃にどこかに行こう。神様も小さな子連れなら許してくれるだろう・・と勝手な解釈です。

この分では昼食を食べるのにも時間が掛かりそうだと、食べる場所を探します。子連れ不可のお好み焼きやさんが多い上、こちらはベビーカー2台。計8名と来ているので、入れるところに入るという感じでした。

入店を許可してくれてありがとう○○さん。

もんじゃ 材料

私は東京生まれ、東京育ちですが、下町の出身ではないので全くもんじゃの文化がないのです。
社会人になってから1,2度食べたことがあるだけです。なので詳しくはわかりませんが、お店の案内にでていた方法でもんじゃをご紹介します。

材料はお好み焼きの生地の薄い版といった感じで、キャベツの千切り、天かすなどが入っています。

もんじゃ 土手を作る

ソースを生地に入れてよく混ぜた後、具だけをよく炒めてその後直径20?㎝くらいの土手を作ります。

もんじゃ 土手に生地を流し込む

土手に生地を流し込みます。

お好み焼き

小さなもんじゃスプーンというへらで触って、しっかり火が通ったところで頂きます。おこげが一番美味しいです。下町の人たちはこのへらから直接頂くようなんですが、私達は取り分けました。
お好み焼きも頼まないとお腹が持たない!

しかし、自分達で焼くわけですからお店のもうけってすごいのでは。これでお好み焼き1枚¥1450くらいです。それが約一人前。はっきり言って子どももいるし足りません。
つまり一人当たりの予算¥1800くらい。きっと安いお店もあると思うので、次回空いている時期に再訪問したいと思います。   

そこで足りない分は食べ歩きで満たします。 

きびだんご

こちらはきびだんご
「ももたろう」を読んだ時に「ママ〜、きびだんご食べたい〜。」とねだられたのですが、どう作っていいか分からなかったので、食べてみようと言うことに。1本¥50でした。きな粉がまぶしてあって、甘い。クセもなく万人受けする美味しさです。

人形焼

人形焼。2個¥100。10個¥300
雷門の形やら、いろんな形があります。食べやすいしつまみやすいです。
以前、海外在住の友達へのお土産に買っていったこともありますが、温かいうちがより美味しいですね。ミニ版のどら焼きだと思って頂くと近いと思います。

揚げまんじゅう

今回の目玉は揚げまんじゅう1こ¥100
さくっと外側が揚げてあり、なんともいえない美味しさです。思わずもう1個!

煎餅

煎餅もその場で焼いてくれます。

東京タワー

お参りは出来なかったけど、お正月気分を味わうには充分な東京情緒なのでした。
帰り渋谷からは車で帰路に向かいます。
せっかくなので車窓から東京案内をしました。東京タワーも2007年を祝っていました。(ぶれぶれですみません。車内から撮影なので)