お籠もり



息子レオ、インフルエンザB型発覚。
タミフル服用故、おこもり確定。

たまりにたまった、ハンドメイドのキットを端からチャレンジしようと思います。
国の一大事に何を・・・、
と思われるかもしれませんが、震災のことが頭から離れず、
なかなか他のことが手に着かず、寝ても覚めても悪夢のような状態から一歩抜け出そうと思えるようになったのは良いことなのかもしれません。
神奈川住まいが何を、と思われるかもしれません。でも外ではポーカーフェイスをしながらも心の内は未来に対する大きな不安と、震災のショックでいっぱいです。

子どもたちのマスク率が増えました。
私は花粉症やインフルエンザ対策だと思っていたのですが、アンの話によると子どもたち同士の会話で放射性物質対策だといっているというのです。かくいう我が家も外に出るときにマスクをするようになりました。
大人同士の会話では計画停電や、余震の話にはなりますが、表向きは原発のことをさほど気にしていないような会話です。
なんの見通しも見えない、進展があるとは思えない原発の状況。一生懸命現地で作業に当たられている方達には申し訳ないのですが本当に不安です。調べれば調べるほど(←調べなきゃ良いんだけど、性分です。)不安になるので、現状を忘れる時間が精神衛生上必要に思えてきました。子どものためにも、です。

本当はみんな、どう思っているのかしら。

地震があって、大きく変わった価値観。

レオのインフルエンザが治るまで家にいる時間をしっかり楽しもうと思います。どうぞ皆様、それぞれの場所で良い時間をお過ごし下さい。


iPhoneから送信

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. pixiehat より:

    津波の映像を見て、5歳の娘が慌てて窓の外を見に行ったのを見て震災ニュースばかり
    追いかけるのをやめました。地図で震災のあった場所、札幌の場所を教え心配が
    ないことも教えました。
    こちらでも震度3ほど揺れ、津波が陸を襲う画像をリアルタイムでテレビで見てしまい、
    私もしばらくショックで 無心になれる編み物しかできない日々でした。
    ニュースを追いかけるのをやめ、活字好きな私は、ライトノベルを没頭して読み、ようやく
    立ち直りました。
    こういう時に無心に手を動かすのは良いとおもいます。
    余震、停電、原発の心配のない所にいる私がこう言っていいのかわかりませんが、
    自分のため、子どもたちのためにも、まずはどうぞ心を落ち着けてくださいね。

  2. あおい より:

    ★pixiehatさん
    同じような感じです。こちらはかなり揺れました。同じマンションでも下の方の階は被害は少ないしガスも止まらなかったそうですが、上階は余震でもかなり揺れました。とりあえず逃げたくなるくらいの揺れでした。普段テレビを観ない私ですがあまりに余震が多いのでテレビをつけて過ごしていましたが、私も子どももストレスになっていて、特に5歳の息子は家にいたくないといって土日を母の家で過ごしました。
    帰ってきても停電、電車や信号機が止まり、ガソリンは給油できず、お店も食べ物がないような状況、もし戦争が起きたらこんな感じなのだろうかと衝撃を受けました。
    ちょっと出遅れたのですが、ハンドメイドに没頭しようかと。家を出ると少し前までよりははるかにマシとはいえ現実を感じてしまいます。
    日本でも地震や停電、原発の不安がないところが必要だったと私は思います。そこの人たちの助けが必要だし、被災した人たちは精神的なダメージを持っています。どうか国民が総パニックを起こさないためにも元気な人たちが冷静に導いていってくれたらと思っています。
    私は冷静じゃいられないんですけどね~。原発以外のことについてはだいぶ気持ちの上で落ち着いてきています。
    励ましありがとうございます!