何も解決していないけれど。

ハートいっぱい

(日本中の子どもたちが安心できる未来がありますように。レオ作)

しばらく、ブログサーバーを停止していました。

でも私がサーバーを止めたことをご存じない方もいらっしゃいますし・・・、
このままじゃどうかなぁ。
心配掛けているんじゃないだろうか・・・。

いろいろ考えてまた、電源を入れました。

私は超小心者なので、今回の地震には相当参ってしまい・・・。
余震の度に生きた心地がしなかったです。
でもそんな小心者の母を持つ子どもたちはもっと切なかったかも・・・。
子どもたちも揺れる度に怖がってしまい・・・、トラウマにならないといいなぁ。

高層階に住んでいますので、どうも階下に比べると揺れが激しいらしいです。
近頃の高層マンションというのは免震構造で揺れることによって、ぽきっ、っと建物が折れる可能性は少ないのですが、中身は揺れるんですよ~~。

棚からものを下ろして床にものがあれこれあったり、停電の影響もあって家が片付いていません。
そして非常用に出したライトやら充電器やらラジオ、すぐに食べられる食べ物・・・。
なんだか、普通の状態ではなくなってなんだか息苦しいです。
これは我が家だけの状態ではなくて、似たような状況方、たくさんいらっしゃるかと思います。

東日本全体が被災地化しています。
街全体がライトを落として、それは悪くないと思いますが、首都圏でも会社や店舗の通常業務が機能しなくなっています。日本の復興に時間がかかりそうです。

ただ、東北の方々で直接津波や地震の被害に遭われた方のことを思います。毎日、少しでも状況が好転しますように。暖かくなって寒さを凌ぐことができますように。食べ物が行き届きますように。子どもたちが元気に育ちますように。
希望を持つことができますように。

急に景気が悪くなってしまって、我が家もかなりの減収になることは確実で生活不安がありますが、やはりそれ以上に大変な思いをされている東北地方の方達にエールを送る意味でも寄付をしたいと思います。寄付金詐欺に遭わないように、しかるべき団体を通して少しでも応援できたらと願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 沖縄のアラカキです
    Kahy.info最後の記事が恐怖におびえていたので心配していました
    ある日突然時が止まり、あおいさんのサイトは消えました
    メールを送ってもエラーがありましたが意図的にメールを停止していると思われましたので無事であると確信していました
    あおいさんへ
    サイトは止めないでください。
    日常的な平和の日々をできるだけアップしてください
    のど元すぎたら・・・にならないようにキーワードを入れたりして、そしていろんなアイテムやグッズを紹介して資金を貯めましょう
    お金があれば被災地救援はしやすくなります
    これから究極の物資不足になります
    I131ヨード放射性物質が食の流通を阻害します
    吸収しない方法は乾燥昆布、わかめなどの海藻類を微量を毎日摂取しましょう。わかめ入りの10バック80円のインスタントみそ汁を調味料変わりに1日1パックほど利用してヨードを十分に供給しましょう。
    とくにアンちゃん!レオ君もできるだけ予防として!
    ヨードは重要な栄養素です
    摂取しないとホルモンバランスが悪くなり、健康を損ねます
    現在東京がパニックです
    近いうちに神奈川も騒ぎます
    騒ぎが起きても冷静に対処することで問題はないです
    言葉を濁した国の専門家の意見は・・・・
    一番安心できる事は出来るだけ遠くに逃げることです
    これから季節風は南になりますが2カ月先のことです
    太平洋が非常に冷えているのでさらにその先かもしれないです
    心配事あればお電話ください
    電話番号はメールでお送りします

  2. pixiehat より:

    ああよかった。アップありがとうございます。
    ブログは見られない、ツイッターのアカウントもわからず
    どうしていらっしゃるかと思ってました。
    札幌は、スーパーの棚に空きがあるところもありますが、
    概ね平常と変わらない感じです。
    私も寄付をしようと思っています。

  3. あおい より:

    ★アラカキさん
    ご心配を掛けました。ブログのサーバーは自宅においていないので、停電の度に落ちると壊れる可能性があり、今回電源を落としていました・・・。その後、いろんな状況で再度立ち上げるのが遅れてご心配を掛けたと思います。本当にごめんなさい。
    地震、そしてその後は首都圏内のいい大人の私でもものすごく怖かったです。それはテレビで津波の様子やら被害をみていること、それから自分も地震を震度5程度とはいえ体験し、その後余震が続いたこと。停電で信号が止まってしまったこと。ガソリン、食料品が無くなってしまったこと。今までの私には経験がなく、本当にショックでした。本当に被害の大きいところの方達のことを思うと、弱いなぁと自分でも思うのですが、早く日本に元気になって貰いたいので、寄付したり節電したり、出来ることを頑張ります。
    放射線物質、目に見えないだけに怖いです。今はフィルターを付けたり、外出を控えてマスクを着用したり、そういったことでしか対応できていません。今後飲み水や食べ物の安全確保ができるのか不安です。そのことも記事に書くかもしれません。
    でも日本でも被害のないところがあって良かった。無事で元気な人たちに頑張って貰いたい。それで被災地の人たちを応援して欲しいです。首都圏は自分たちでなんとか頑張らなきゃならいないでしょうが、先のことは本当にわかりません。
    コメントありがとうございます。私も自分より子どものことが心配です。

  4. あおい より:

    ★pixiehatさん
    申し訳ないです。ご心配掛けました。首都圏は大きな直接的被害は少なかったのですが、余震は未だに続き、東京23区を除き、計画停電で通常とは違う生活を余儀なくされています。この停電は一般家庭だけでなく、商業施設、公的施設区別無く起こるので、かなりの混乱を起こします。先日停電のさなかに信号機も消えていて、暗闇をガソリンの量の不安も抱えながら、車に乗ったのは(夫の運転ですが)非常に怖かったです。
    停電は必要なことだと思っていますが、これから長いこと生活の不安はつきないと思います。原発の問題が早く解決しますように。

  5. cage より:

    こんにちは。
    やはりサーヴァーを停めてらっしゃったんですね。
    予測のつかない、計画停電では仕方ないと思いま
    す。こちら京都でも震災の影響でスーパーMの棚
    の物が不足し始めています。阪神淡路大震災の時
    私は睡眠中でしたが、直前に目覚めて『寒い!』
    って云ったとたんにそれは来ました。恐怖の中、
    ぼんやりと『このまま死んじゃうのだろうな』と
    思っていました。私に出来ることは募金だけです。
    街角の募金箱に僅かなお金を入れることしかでき
    ません。日本人がこの苦難を乗り越えて見事に
    復興することを世界中の人々が見守ってくれてい
    るんだと云うその想いを聞き今感動しています。

  6. あおい より:

    ★cageさん
    念の為、サーバーの電源を落としていたのですが、実際停電していたかどうか・・・。でも震災直後はとてもブログを書く気持ちになれませんでした。関西でも影響が出始めているのですね。こちらはスーパー、レストラン、皆照明を暗くしてエスカレーターなども使えるところを限定していますが、不足だったものもだいぶ無くなってきて(でもミネラルウォーターはないですね。)ガソリンも問題なく給油できるようになりました。
    阪神大震災の時も非常にショックでしたが、今回は子どものことがあるので一層ナーバスになっています。募金一番良いんじゃないかと思います。訓練されていない人がボランティアに入っても手伝いにならないし、本当に必要なものじゃない物を送っても仕分けや保管に人手がかかってしまうことを考えると、やはりお金かなぁ・・。私は普通の寄付と併せて震災孤児のお子さんに寄付していけたらと思います。海外からの支援もすごく嬉しいですよね。復興にはすごく時間もエネルギーも必要ですが、大きなダメージを受けた方達が少しでも早く希望が湧いてくるような手助けをしていけたら良いですよね。
    ご心配掛けました。でも今はすこし冷静になって自分を取り戻してきましたよー。